香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄弟まるごと無罪宣言!

f:id:shusaku1:20181027142111j:plain

 

怒涛の一週間が過ぎ、ようやく週末がやって来た。

 

今週はフィリピン出張の後、香港に社長が来たりして

 

あちこち移動しまくったため、肉体的にクタクタだ。

 

新社長とは、金曜の朝に個人面談をした後、

 

午後から銀行回りをした。

 

前回、中国銀行や東京三菱銀行から断られ続けた

 

香港支社の口座開設を、ようやくあの、

 

みずほ銀行が引き受けてくれることになったのだ。

 

 

というのも、中国の共産党幹部たちが、

 

大量の外貨を、香港の銀行経由で、

 

スイスやイギリスのケーマン諸島の銀行に、

 

マネーロンダリングしていたことが発覚し、

 

中央から香港の銀行に膨大な圧力がかかった。

 

それで、どこの銀行も、

 

新規取引に慎重になっているのだった。

 

 

しかしこちらとしても香港に口座がなければ、

 

香港での取引先や業者への支払いを、

 

全て日本側で処理せねばならなくなる。

 

さて、どうしたものかと思っていたところ、

 

コンババ部長が日本でみずほに口座を開設し、

 

そのコネで香港でも口座が開ける運びとなった。

 

さっすがコンババ部長、やるときはやる。

 

f:id:shusaku1:20181027142117j:plain

 

みずほ銀行香港支店は、有名芸術家が設計した、

 

最高にスタイリッシュなビルに引っ越したばかりで、

 

香港島が一望できる会議室で先方と面会した。

 

担当者の方もとても優しい方で、分かり易く、

 

口座開設について説明してくださった。

 

 

夜は、山梨中銀の駐在代表と会食をした。

 

僕が口座開設ができずに困っていた時、

 

親身になって相談にのっていただき、

 

頼れる兄貴のような存在のひとだった。

 

みずほで口座開設ができると聞いて、

 

本当によかったねえ、と喜んでくださった。

 

中国精進料理の店へ連れて行ってもらい、

 

社長も含め食事を楽しんだ。

 

 

社長も、銀行の人も、フィリピン工場の人達も、

 

本当に優しい。

 

 

そう言えば、

 

たとえ、どんな瞬間でも、どんなことがあっても、

 

絶対に絶対に、僕は兄弟を罪人にしない、

 

兄弟を無罪としてしか観ない、と誓った日から、

 

世界がどんどん優しく変わっていった気がする。

 

 

そういう意味で、自分が与えた意味を見ている、

 

というのは真実だと兄弟たちから学んだ。

 

 

あっ、そうそう。

 

社長との面談では、僕の帰任が来年の3月となった。

 

まだ少し時間的に余裕があるが、

 

まあ、物事はいつも予期せぬ方向へと流れゆくので、

 

どうなるかは全く分からない。 

 

どちらにせよ、僕にできるのは、

 

信を置いた兄弟についてゆくことだけである。

 

f:id:shusaku1:20181027142123j:plain

 

そんな感じで、今週はずっと、

 

〝兄弟に信を置く〟を実践した一週間だった。

 

今この瞬間に顕われる人々の中に観える、

 

キリスト(神の子の本性)に信を置くことに集中した。

 

何があっても、兄弟を、信頼し、解放し、咎めない。

 

 

ここのところ、様々な国へ赴き、

 

そこでは色んな兄弟たちが、僕の眼前で、

 

種々多様なパフォーマンスを見せては去って行く。

 

こんなとき、自分はつくづくスワットだな、と思う。

 

本当は、深い森に囲まれた小さな一軒屋で、

 

志を同じにする同志たちとのみ交流し、 

 

のんびり気ままに暮らしたいのに、

 

そうは問屋が卸してくれない。

 

もしそのような生活になれば、表面上の平安の奥に、

 

分離した罪悪を隠蔽させてしまう可能性があり、

 

あたかも、

 

もう幸せな夢に至ったかのように錯覚してしまう、

 

と、兄貴は踏んでいるようである。

 

 

なので、今の僕にとっては、

 

眼前に顕われる兄弟たちが見張り役であり、

 

導き手となってくれている。

 

だから、そのことだけを取ってみても、

 

兄弟たちには恩義があり〝信を置く〟に十分値する、

 

と思うのだ。

 

 

そんなわけで、今週末はゆっくり惰眠をむさぼり、

 

一週間分のワイドショーを見て、

 

久々にジムで身体を思いっきり動かすつもりである。

経験が邪魔をする

f:id:shusaku1:20181024112949j:plain

 

いま、フィリピンに来ている。

 

今回は、香港からキャセイ便でマニラ入りし、

 

市内にある会計事務所で打ち合わせをした後、

 

工場のあるスービックへ移動した。

 

フィリピンでは、まだハロウィンも終わってないのに、

 

すでにクリスマスシーズン真っ盛りで、

 

街にはジングルベルが流れ、工場へ行くと、

 

エントランスに大きなクリスマスツリーが置かれ、

 

トイレの鏡もソリのカタチに雪化粧されていた。

 

聞けば、SEPTEMBERのように、後ろに-TEMBER

 

が付く月からクリスマスは始まっているのだという。

 

ええっ、

 

一年の三分の一がクリスマスって、どういうこと?

 

 

クリスマスと言えばJ、Jと言えばキリスト、

 

一年の三分の一をキリストで盛り上がる

 

フィリピン国民ってすごいっ!

 

f:id:shusaku1:20181024113142j:plain

 

で、フィリピン工場の事務所で、

 

業務用のノートを広げると、

 

フランシスの言葉をメモしたページが出てきた。

 

昼休みに映像を見ながら書き写した文章だった。

 

 

〝戦争、憎しみ、恨み、そして病気、

 

でもこうしたことは、あなたが悪いわけではなく、

 

あなたに責任はありません。

 

だから私たちはリラックスして、

 

「私たちには間違いについての責任はないが、

 

   その訂正を受け容れる責任はある。」

 

と思い出せばいいのです。

 

 

「聖なる瞬間とは、いま、この瞬間である。」

 

「今、癒しを受け容れよう。

 

   今、聖霊の観方で知覚させてもらおう。」

 

「今、問題や、この世界や自分自身、

 

   他の人についての全ての想いを脇に置こう。」

 

「今、そうしよう。」

 

そうする時にのみ、

 

私たちは物事を本当に変化させることができ、

 

このやり方でのみ、どんな問題も解決できる。

 

 

日々湧き上がってくる想いに対する責任を、僕達は、

 

一切取る必要がないと聞いた時、心底ほっとした。

 

神(神の子)を受け容れようとする気持ちだけでいい、

 

と言われ、肩の荷が下りた気分だった。

 

 

そしてそれは、いまも僕の周囲で、

 

僕に様々なパフォーマンスを見せてくれている

 

兄弟たちに対しても言えることだ。

 

なぜなら、

 

兄弟たちに責任を負うのは僕の仕事ではない。

 

 

だから、いま、目の前にいる兄弟たちが、僕に対し、

 

どんなに強烈なパフォーマンスをしてきたとしても、

 

僕はその兄弟たちに絶対的な〝信〟を置くべきだ、

 

と思うのだ。

 

 

ちゃんと顔を上げ、兄弟を正面に見据えながら、

 

咎めることなく、ただ〝信〟を以って観る。

 

それ以外、何もする必要はない。

 

そうすることで、

 

自分が兄弟に与えていた罪と罰から、

 

兄弟を解放し、自由にすることができる。

 

それはまた、自分の解放となって戻ってくる。

 

きっと、天国へ繋がる鍵は兄弟が持っている、

 

というのはこういう事だったのだ。

 

f:id:shusaku1:20181024113002j:plain

 

で、今回の出張中、次々と眼前に顕われ来る人々、

 

例えば、独立したばかりの会計士さん、工場長、

 

工場のスタッフたち、道行くフィリピンの人々、

 

を前に、ずっと彼らに信を置いて過ごした。

 

 

こうして、咎めず構えず、

 

ひたすら〝信〟を置いて相手を観ていると、

 

相手の背後に聖性(キリスト?J?)の気配を

 

ちらちらと見て取れるようになった。

 

それからは〝兄弟に信を置く〟の延長線で、

 

背後に見えるJと重ねながら、

 

同一の聖性を眺めた。

 

 

表面の人間が、何を言おうが、何をしようが、

 

背後には同じひとつのJ(キリスト)がいて、

 

ただそこに信を置く。

 

 

明後日金曜日は、日本から社長が香港へやってくる。

 

外部の会議室を予約し、個人面談をするのだ。

 

多分、帰任について話し合うことになるのだろう。

 

そのとき僕は、真に〝信〟を置いて、

 

兄弟社長(笑)と対峙することができるのか。

 

 

読者兄弟たちよ。

 

どうか、祈っていてくれ!

光速人生

f:id:shusaku1:20181020233323j:plain

↑ これ全部で400円くらい

 

ここのところ時間の流れが異常なくらい速い、

 

と感じているのは僕だけだろうか。

 

1ヵ月が20日程で過ぎて行っていると思えるくらい、

 

あっという間に時間が経つ。

 

 

当初は、ネットやスマホの普及で、

 

あらゆる事がスピーディーになったために、

 

時間が短縮されたように感じるだけなのかな、

 

と思っていたが、そうでもないらしい。

 

もうそんな域は超えていて、

 

どう見ても、実感として時間が速くなっている。

 

 

アセンション系の人たちの間では、2020年までは、

 

まだ宇宙の、なんちゃらゲートが開いているらしく、

 

別のパラレルへの乗り換えが可能な状態だが、

 

2020年を過ぎると、周波数が完全に固定され、

 

別のパラレルへの移行が難しくなると言われている。

 

 

真偽の程はともかく、ここのところ、僕の中で、

 

ソワソワと落ち着かないような、浮き足立ったような、

 

何かに急かされるような感覚があるのも、

 

今のうちに、もっとも望むパラレルへ移行しろ、と、

 

ハイヤーセルフから急かされている感じがする。

 

 

素の自分に戻れ、とバシャールはよく言っているが、

 

とにかく、仕事も、今の生活も、人間関係も、

 

一度、すっぱり、リセットし、まっさらに戻れ、

 

というメッセージが、最近、僕にもやたら入ってくる。

 

 

僕の場合、今の生活をリセットすることに対し、

 

まったく恐怖も抵抗もなくなっている。

 

が、名残惜しさはある。

 

しかし、ここで現実の全てを手放してしまったら、

 

この幻想の世界に対する興味や欲望が急激に薄れ、

 

〝情〟や〝概念〟で社会と関われなくなるのは、

 

目に見えているし、そうなったら、自分はおそらく、

 

聖霊の訂正を受け容れた後の世界へ移行するだろう

 

ことも理解している。

 

 

そういう、時間が怖いほどの速度で過ぎていく中、

 

時間を超越した領域(訂正を受け容れた後の世界)

 

へと進む決断を迫られているような気もしている。

 

 

あ、あ、兄貴ぃ。

 

タイムリミットがあるのも分ってるけど、

 

もうちょっと、普通の人間でいさせてくれ!

 

ちゃんと決断の意欲は持ってるから、そやから、

 

全てを崩壊させて一発どっかーん強制終了~!

 

みたいなことだけは勘弁してくれ!

 

もう、この年になったら、正直スワットはキツイ。

 

ホンマ、お願いしますわぁー!

 

f:id:shusaku1:20181020233334j:plain

↑ ふぁちゃんを甘く見てはいけない。

   彼女は、エッグタルトの本とゲイリー三部作を

      読破している数少ない中国人なのだ!

      

 というわけで、今日は深圳日帰り出張へ行って来た。

 

この日は陳弁護士とふぁちゃんとミーティングだった。

 

久々に会ったふぁちゃんは、

 

髪を短く切り、ブルーのワンピース姿で若返っていた。

 

一緒に麺の食事をとったあと、

 

間借りしている事務所の会議室で、

 

陳弁護士も交え、2時間ほど打ち合わせを行なった。

 

 

打ち合わせの内容は、佛山工場の清算を、

 

今後どのように進めてゆくか、についてだった。

 

佛山工場を閉めてからかれこれ一年以上経つが、

 

未だに国税の抹消手続きが終わっていない。

 

原因は雇ってる会計士にやる気がないことにある。

 

陳弁護士は会計士を変えることを提案しているが、

 

清算の途中で会計士を変えるのにもリスクが伴い、

 

さて、どうしたものか、とも思う。

 

 

こういう状況判断的な思考は起こるのだが、

 

ここまで、心の訓練が進んでくると、さすがにもう、

 

〝あの会計士、けしからん!〟

 

〝ふぁちゃん、もっとしっかりしてくれよ!〟

 

〝陳弁護士、高い顧問料を払ってるんだからさあ。〟

 

とはならず、解釈さえ浮かんでこない。

 

 

このときはもう、今この瞬間の平安に留まり、

 

ただ、聖霊兄貴の訂正を受け容れるスタンスでいた。

 

すると、全身が聖霊に覆われたような感覚になり、

 

もう、ここで、自分は何も解決しようとしなくていいんだ

 

と、真に理解して放っておける自分(=聖霊)がいた。

 

 

深圳からの帰りの車中で思った。

 

もう、何もする必要がなく、全ては幻想で夢なのだ、と

 

解かっていながら、こうやってさも何かを解決しようと

 

動き回っていることに何の意味があるのか、と…。

 

たとえ別の会社へ行こうが、自分で何かを始めようが

 

この幻想の世界で何かを〝やる〟以上、

 

必ず同じループの繰り返しとなる。

 

 

だったら、もういいや。

 

24時間、聖霊兄貴だけでいよう、と…。

 

別に肉体が死んだっていいのだ。

 

肉体の死に何の意味があるのだ。

 

そもそも、人生を生きている自分はいない。

 

 

もう、本当の意味での閉店ガラガラが近いのだな、

 

と、腹をくくる時が来ているのをひしひしと感じる。

 

でも、でも、でも…。

 

もうちょっとだけ…。