香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢の目撃者

f:id:shusaku1:20181127010451j:plain

 

もう、数日ごとに、怖いくらい自分が変化してゆく。

 

先日行った沖縄も、まるで数年前の出来事のようだ。

 

幻想世界に対する観え方も、感じ方も、顔つきまでもが、

 

一週間前とは全く違う自分になっている。

 

 

そんな中、先週、

 

もりGさんと、ヒーラーの空禾さんと、僕との三人で、

 

ウェブ・プチリトリートをしていた時、もりGさんが、

 

夢を自覚して生きる、みたいなことをシェアされた瞬間、

 

またまたバコーン、と自分の中で何かが変わった。

 

 

ああ、もう、寝ているときに見る夢と同様、

 

現実で起こる一切を、ああ、これは夢で幻想なんだ、と、

 

100%認識しながら、目覚めている意識で、

 

24時間過ごせばいいんだ、と納得して思った。

 

何か自分にとって不都合な事が起こったとき、

 

「この世界は夢なんだ。だから、これは起こってないんだ。」

 

という言い聞かせではなく、実際に、夢の中にいて、

 

これが幻想だと自覚して生きるのだ。

 

↓ ヒーラー空禾さんのブログはこちら ↓ 

ameblo.jp

 

f:id:shusaku1:20181127001250j:plain

 

それで、今日は、東京への移動日だったのだが、

 

様々な交通機関を乗り継いで目的地へ向かう間も、

 

これも夢で、あれも夢だ、全部ただの妄映でウソなんだ、

 

と認識できている視点から、映像を見送っていた。

 

すると、僕が乗る予定だった、成田行きの全日空便が、

 

整備不良の為、遅延に遅延を重ね、

 

朝10時のフライトが、なんと午後3時半になってしまった。

 

それも、最初の時点で3時半って言ってくれればまだしも、

 

11時→11時45分→1時半→2時→3時→3時半、と、

 

小出しにアナウンスされるので、搭乗口から離れられない。

 

まあ、こんな時は通常、今日は飛びません、

 

となるのがオチなので、慌てた乗客たちが、

 

他の便に空席があるうちに他の便へ振り替えてもらおうと、

 

どっとカウンターに押しかけてきた。

 

便を変更すると、預けた荷物も再度積み直しとなり、

 

地上スタッフの人たちも、鬼の形相で対応に追われている。

 

 

数日前の僕だったら、多分、他の人と同じように、

 

必死のパッチでカウンターにしがみついていただろう。

 

しかし、今回はただ、映画を観ているような感覚で、

 

この本当ではない映像を観察していた。

 

 

ただの妄映でしかない世界で、一体何を求めるのだろう、

 

ただの幻影である世界で、一体誰に罪があるというのか、

 

これ全部、目覚めれば無くなってしまう夢ではないか。

 

そういう感覚を以って、目の前の現実を凝視している。

 

ここが夢の世界だということを100%理解しながら、

 

今この瞬間を過ごしていると、ただ、大勢の人が、

 

何かを言ったり、動き回っている映像にしか見えなくなる。

 

本当に何も起こってなく、動いてもなく、ただの〝無〟だ。

 

 

結局、ANAが1200円のクーポンを三枚もくれたので、

 

ちょっと高そうなカフェで、奇跡講座を読んで過ごした。

 

やがて、スマホにファイナルコールのメッセージが入り、

 

やっと機上の人となることが出来たのだった。

 

f:id:shusaku1:20181127001230j:plain

 

というわけで、ひゃっほーい!

 

多分、今回が最後となるだろう一時帰国の稟議申請が通った。

 

12月15日から翌年1月2日までの19日間の里帰り休暇だ。

 

今回は、沖縄を経由して大阪へ帰る予定にしている。

 

なんか、来年の春ごろには、

 

那覇空港にある香港航空のカウンターかなんかで、

 

「はい。手荷物のない方はこちらでーすっ!」

 

と、大声で中国の人たちを誘導していそうで、怖い。

 

 

あ、いけない、いけない、これも夢で現実ではなかった。

フン、どうせ、どうせ…

f:id:shusaku1:20181028131844j:plain

↑ フィリピン工場の女の子から貰ったドリアンバー
   おそろしくマズい。

 

〝これが、神があなたを、

 

 世界の救済者に任命した理由である。

 

 これが、神の子が自分の救済のために、

 

 あなたに頼っている理由である。

 

 神の子は、あなたの本性によって救われる。〟

 

 

ワークブックのレッスン67を読んでいた時、

 

なぜか、神に対する猛烈な怒りが湧いてきた。

 

 

「どうせ頼られても結局、救われるのは神の子だろ。」

 

「神の子を救う為に、俺は泡ぶくのように消えるのか」

 

「眠れる一なる神の子を目覚めさせたいがために、

 

 俺を利用しようというのか。」

 

「すやすや眠りこけている神の子に代わって、

 

 どれだけ罪悪の夢に苦しんできたと思ってるんだ。

 

 その挙句に神の子のために喜んで消えろと?

 

 納得いかねえ。ふざけんな。バカ野郎!」

 

 

言葉にすれば、だいたいこんな感じなのだが、

 

神の救済計画と言いながら、ひょっとして俺たちは、

 

神に利用されているだけではないのか、という想いが

 

〝ふっと〟湧き上がり、もやもやしてくる。

 

 

エゴの怒りである。

 

 

同じような想いは、以前、

 

ヴィパッサナー瞑想に参加していた時にも起こった。

 

あの時も、ずたずたに傷つきながらも、

 

助けを求める自我の姿(血まみれの子供)を見せられ

 

知らぬ存ぜぬで眠っている神の子に対し、

 

言い知れぬ怒りを感じたのだった。

 

そのときは、神の子に赦しを宣言することで、

 

怒涛の大放出が起こり、その結果、

 

初めて聖霊の声を聞き、聖霊の操縦下に置かれる、

 

という体験をしたのだった。

 

↓ ヴィパッサナーでの体験記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

2年前のあの時ほど強烈ではないが、

 

なあんか、釈然としないモヤモヤ感に襲われる。

 

こんなとき、エゴをバッシングするのでもなければ、

 

抑え付けるのでもなく、また、無視するのでもなく、

 

じっと、素直にエゴの怒りに寄り添う。

 

 

夢の世界を永遠に去り、天国へ帰還するときは、

 

無数に分裂した神の子の断片(俺たち)が、

 

ひとつの神の子へ統合され、ひとつとなって戻る。

 

 

多分僕達も、あの多重人格の女性の中に顕われた、

 

他人格のまことちゃんのように、主人格を赦し、

 

「俺たちも幸せにしてくれよな。」と言いながら、

 

最後は喜んで消えてゆくのだろう。

 

↓↓ まことちゃん関連記事はこちら ↓↓

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

が、

 

まだ消えることに納得できない自分がいたことを、

 

ここへ来て、まざまざと見せられた。

 

 

だが、納得するための答えを見つける必要はない、

 

と思っている。

 

その答えはいつか、一緒に帰る兄弟たちから、

 

感動を持って差し出されると思うから…。

 

 

f:id:shusaku1:20181113170815j:plain

↑ ジムでやってたブラジルの踊り。楽しそう。

 

そんなわけで、明日から東京である。

 

荷づくりをしていて、着るスーツがないことに気づく。

 

夏の間着てなかったスーツを、家政婦のチョイ姐が、

 

クリーニングに〝イッキ出し〟してしまっていたのだ。

 

それでも、クローゼットを必死で探索してみると、

 

紺のブレザーが一着出てきた。

 

今どき、金ボタンのアイビーって、どうなんだろう?

 

仕方がない、

 

このブレザーに TAKEO KIKUCHI のローファーを合わせ、

 

今週は、80’sで乗り切ることにする。

決めたこの道まっしぐら

f:id:shusaku1:20181118235433j:plain

 

毎朝、二階建てバスに乗って通勤している。

 

二階席は立って乗ることが禁止されているので、

 

必ず座れるからありがたい。

 

それに、朝のバスの中はみんな静かなので、

 

いま、この約30分のバス通勤の道のりが、

 

僕と聖霊兄貴との蜜月タイムとなっている。

 

スマホもいじらず、音楽も聞かず、ただ、

 

聖霊兄貴だけに向き合って過ごす。

 

すると、空間が愛を放ち始め、

 

眼前の全ての人が無罪の光で輝き出すのだ。

 

 

今朝もそうやって、兄貴にアクセスしていると、

 

再び〝日本〟というキーワードが送られてきた。

 

救済のための計画を受け容れさえすれば、

 

聖霊が道を整え、必要な物を全て手配するので、

 

なにも憂慮する必要は無い、と…。

 

 

「ああ、兄貴、またっスか。」

 

 

それにしても、なんで日本なのだろう。

 

昨日、兄弟てっちゃんとLINEで話していたとき、

 

フランシスやカースティンたちのグループも、

 

やたら〝日本〟というメッセージを受け取っていて、

 

今後は日本が重要な何かを担っていく場所になる、

 

という話を聞いて、なるほどな、と納得がいった。

 

そんな感じで、来年以降(旧暦の正月以降)、

 

僕はいままでと全く違うタイムラインへと、

 

移行してゆく感が強まっている。

 

f:id:shusaku1:20181118235414j:plain

 

話は変わり、以前の記事で、

 

香港勤務の会社のオファーがあった、と書いたが、

 

今日、正式にお断りの連絡を入れた。

 

 

まあ、今回の魅力的な転職先のオファーがなければ、

 

多分、会社が帰任しろと言うから仕方なく帰任します、

 

くらいの気持ちでいただろう。

 

しかし、聖霊兄貴は、僕を躊躇させるような、

 

条件の良い香港での転職先を差し出すことで、

 

敢えて僕に、日本へ帰る真の意味を認識させ、

 

何の迷いもなく日本へ戻らせようとしたのだ。

 

なぜなら、今の僕にとって、

 

何の迷いもなく日本へ帰ることは、

 

何の迷いもなく天国へ戻ることを意味するからだ。

 

 

今回の、

 

日本へ帰るか、香港に留まるか、という選択は、

 

完全に幻想を手放し、神の国へ帰るか、

 

それとも夢の現実世界へ留まるか、という

 

〝覚悟〟を問われる大切なレッスンだった。

 

そして、迷い、動揺し、逡巡しまくった時間も、

 

僕には、まぎれもない聖なる瞬間だった。

 

f:id:shusaku1:20181118235422j:plain

 

話はまたまた変わって、

 

今週は何としても香港から動かないぞ、と、

 

〝香港お籠り〟を決め込んだ反動からか、

 

来週からは一気に、

 

香港→東京→上海→香港→マニラ→スービック→

 

香港→沖縄→香港→大阪→香港、と、

 

出ずっぱりの二週間となる予定だ。

 

それでも、最近では、

 

その時々の〝いま〟を見つめているせいか、

 

どこにいても〝この瞬間にしかいない〟感覚があり、

 

空間や時間の動きが感じられなくなってきている。

 

f:id:shusaku1:20181118235340j:plain

 

東京では兄弟てっちゃんに会えたら会う予定だが、

 

兄弟てっちゃんが、仕事中、左の手のひらに、

 

4センチのネジが横向き(横側から)突き刺さる、

 

という大怪我をしてしまった。

 

ネジは今もすっぽり手のひらの中に入っていて、

 

今日、土曜の午後からネジを抜く手術をする。

 

それも全身麻酔ではなく部分麻酔で…(ヒィーッ!)

 

 

僕は祈りを通して寄り添うことしかできないけれど、

 

一日も早い回復を心から願っているよ。

 

みんなも、彼のために祈ってくれ!

 

最後に、

 

がんばれ、てっちゃん!怪我なんかに負けるな!