香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

スモール地獄経由

f:id:shusaku1:20190306010849j:plain

 

大阪での会議を終え、先週末は実家でゆったりと過ごした。

 

金曜日は歯医者で歯のホワイトニングをしてもらい、

 

土曜日は天気もよかったので、梅田に出ていろいろやった。

 

でも、花粉症なのか、鼻がムズムズする。

 

 

帰国日は、

 

両親とマルビルの『桂』でお昼の懐石を頂いたあと、

 

ヒルトンの『つる家』で1400円もするぜんざいを食べた。

 

その後、梅田ハービスからバスに乗って関空へと向かった。

 

f:id:shusaku1:20190306010739j:plain

 

実家にいる間は、両親を聖霊と同じものとして接した。

 

そうすることで、両親の言葉はみな、聖霊の言葉となる。

 

 

「向かいの佐藤さんの息子、大学に通ったらしいで。」と父。

 

「あそこの息子は60歳、今年定年やで。」と母。

 

「やっぱり、キリンのラガーが一番美味いな。」と父。

 

「いま飲んでるのはプレミアムモルツです。」と母。

 

 

これを聖霊の解釈を通して聴くと、

 

全ては幻覚で狂っている、となる。(笑)

 

f:id:shusaku1:20190306010339j:plain

 

とまあ、こんな感じで、

 

聖霊と共に、一日のほとんどを過ごしている僕であるが、

 

僕の場合は、聖霊をこの世界へ招き入れるのではなく、

 

僕が決断の主体の位置(ひとつの心)まで戻ることで、

 

聖霊と繋がることができる。

 

 

最近では、

 

パソコンで資金繰管理表を作成する、といった、

 

現実的な作業をしている時でも、

 

決断の主体と聖霊を保持できるようになってきた。

 

 

またこの位置まで戻ると、

 

神から分離できると考えたことが唯一の原因であり、

 

本当はそんなものは起きてさえいなかった、

 

ということが、ありありと思い出されてくる。

 

 

その一方で、これまで自分が、

 

いかに、この狂った世界を信じてきたか、

 

いかに、この世界の幸せを最重要視してきたか、

 

いかに、神(父)を咎め、裁きたいと思っているか、

 

を直視させられる。

 

 

このように、

 

天国の想念が感じられるようになってくると、

 

この世界の幸せがいかに〝インチキ〟であるかを知る。

 

というか、この世界こそが紛れもない〝地獄〟であり、

 

すでに自分は地獄にいるのだ、と自覚されてくる。

 

 

日本に暮らす、だいたいの人たちは、

 

〝色々あるけどまあまあ満足〟

 

〝あのことがなければ幸せ〟

 

〝基本平安、時々、びゅんびゅん〟など、

 

自分の人生は、おおむね悪くない、

 

と思っているのではないだろうか。

 

 

だが、これはある意味、自我が生き延びるための、

 

巧妙な仕掛けである、と断言できる。

 

ずっと僕達を、檻の中も、まあ悪くない、

 

状態にしておくことで、

 

自我の世界(ここ)を存続させることができる。

 

 

なので、

 

この自我の世界から〝本気〟で抜けたいのであれば、

 

満足、幸せ、平安、の方ではなく、

 

〝色々〟〝あのこと〟〝びゅんびゅん〟の方を、

 

直視していく必要がある。

 

なぜなら、そこから起こる苦しみや葛藤は、いわば、

 

この世界(自我)への拒否反応、と言えるからだ。

 

f:id:shusaku1:20190306010400j:plain

 

永遠に父が待つ故郷へ帰ってゆくには、赦しが必要であり、

 

真の赦しは、幻想の外側(忘却のベールの向こう側)

 

でのみ達成される。

 

そして、幻想の外側へ出るには、

 

この幻想こそが地獄だと気づかせてくれるもの、

 

すなわち、苦しみや葛藤が不可欠なのだ。

 

 

まあ、だからと言って、大きな苦しみや葛藤に、

 

自ら進んで身を投じるのも、ちょっとナンなので、

 

僕なんかは、スモール地獄経由、でやっている。

 

 

テレビに出てくる人や事件、メールに書かれてある一言、

 

聖霊部長(元コンババ)とのやり取りや、

 

腕に〝乾燥〟という漢字の刺青を入れ、

 

汗だくになって歩いている外人さんを見て、

 

全然乾燥ちゃうやん、とツッコみながら、

 

一発ドッカーンではなく、チマチマと数をこなしてゆく。

 

 

それらをまず、ひとつの原因まで戻し、

 

自分で神との分離を望んだ、ということを認めたあと、

 

分離など起きてなかった、という聖霊の声とともに、

 

ハートの中へと入ってゆく。

 

 

そうやって、大阪から香港のアパートに戻ったときには、

 

夜の11時を過ぎていた。

 

↓ なぜか急に奈良へ行きたくなった ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

断固四兄弟

f:id:shusaku1:20190301003834j:plain

 

定例財務報告会に参加するため、いま、大阪に来ている。

 

今世での僕の設定では、大阪が生まれ故郷となっているため

 

やはり、大阪の街を歩いていると、どこかほっとする。

 

ここなら、道端でどんな困ったことが起こっても、

 

必ず、周囲のおっちゃん、おばちゃんが助けてくれるという

 

意味不明な確信があるからだ。 知らんけど…。(笑)

 

f:id:shusaku1:20190301003827j:plain

↑ 紀伊国屋書店に来るのは何年振りだろう ↑ 

 

〝あなたと私は異なってはいない〟

 

〝与えることと受け取ることは同じ〟

 

 

個の自分(自己概念B)で実践していたときは、

 

意味不明だったこれらの言葉が、

 

決断の主体へと戻った位置から見てみると、

 

本当にそうだ、と当たり前のように理解できる。

 

 

どういうことかというと、この幻想世界では、

 

私とあなた、という分離した肉体が個別に存在し、

 

与えることは損失であり、獲得するには奪わねばならない

 

と信じられている。

 

しかし、決断の主体にまで戻ってみれば、

 

自己と他者にすら分離していないひとつの心こそが、

 

全ての投影(分離)の発生源だったことに気づく。

 

 

私が成功して、あなたが失敗しても、

 

あなたが100万円必要としていて、私が与えたとしても

 

あなたが騙して、私が騙されたとしても、

 

おおもとの問題は〝この一点〟にあるわけで、

 

見えている私とあなたにある訳ではない。

 

 

決断の主体の中では、

 

私とあなたはいつでも入れ替え可能であり、

 

与えると同時に受け取っていて、

 

もとはひとつであり、そこでしかやっていないのだから、

 

別にどちらが正しくても差し支えが無い、

 

結局、全て〝ここ〟がやっていること、

 

として捉えられてくる。

 

 

これを、幻想世界へと投影されたレベルで見てみると、

 

前世で成功したあなたが、今世では私となって失敗し、

 

今世で騙された私が、来世ではあなたとなって騙される

 

前世で韓国人だった私が、来世では日本人となり、

 

というふうに、私とあなたの物語が時間の中で展開される。

 

 

そして、この〝被害者と加害者とっかえひっかえ劇場〟

 

のループから完全に抜け出すには、

 

自我の思考体系から聖霊の思考体系へと、

 

方向転換し直す必要がでてくる。

 

 

それは聖霊の思考体系を選ぶということであり、

 

攻撃しない、咎めない、裁かない、怒らない、を、

 

この幻想世界に反映(実践)させることで達成される。

 

 ↓ 新・断固三兄弟の記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

で、今回、大阪での会議中、聖霊と共に、ずっと、

 

上記の〝断固四兄弟〟を実践していた。

 

 

そのとき、面白いことに気づいた。

 

自分が傍観者となり人の話を聞いている時は、

 

聖霊を内側に実感できているのに、

 

自分が主客となり、何かを発表しているときは、

 

聖霊も決断の主体も忘れ去られ、心は無意識状態となる。

 

 

試してみていただくとすぐに解かるが、

 

聖霊を内に保ちながら喋るって、意外に難しい。

 

相手に何かを伝えよう(分かってもらおう)とした時点で、

 

意識を相手側(外側)へと強烈にフォーカスさせてしまい、

 

そのため、思考との同一化が起こる。

 

 

やはり、心へ向かうには、沈黙が不可欠なのだ。

 

そういう意味で、思考の逆転が進めば進むほど、

 

人は無口になってゆくのかもしれない。(俺はどうかな?)

 

f:id:shusaku1:20190301003813j:plain

 

会議の後、

 

フィリピンで一緒だった顧問(60歳/元外資系役員)と、

 

毎度おなじみ、梅田のKOHAKUで飲んだ。

 

隣に腰掛けている顧問を、

 

聖霊の反映として、聖霊と会話をするように話をする。

 

その瞬間、彼が話す言葉全てが聖霊の言葉となる。

 

 

「今日発表している時、緊張で意識が飛んじゃって。」

 

と僕が言うと、

 

「大丈夫だよ。君に何か問題が起こったら、

 

 すかさずフォローするのが顧問の仕事なんだから。

 

 分かったような顔をしてるけど、みんなおんなじ、

 

 大したことないんだから、びびることはないよ。」

 

と顧問が答えた。

 

 

「自分が決めたことに後悔することはないよ。

 

 だって、それは過去だし、今はもうないんだしさ。」

 

「一文無しだって、大金持ちだって、

 

 最後はみんな死んで終わるんだから。

 

 やるべきことをやって終わればいいんだよ。」

 

 

結局、相手を個の誰々さんと観るか、聖霊に変えるかは、

 

自分が決めているんだ、とわかる。

 

 

こうして、目の前の兄弟を聖霊として扱うことで、

 

咎めない、裁かない、攻撃しない、怒らない、

 

の実践がより容易となる。

 

だって、聖霊を攻撃しようというコース兄弟なんて、

 

絶対いないと思うから。(多分…)

巨大な大丈夫

f:id:shusaku1:20190223010504j:plain

 

仕事に集中していたり、人と話していたり、

 

何かに焦っているような時でも、

 

長時間、聖霊兄貴を保っていられるようになった。

 

まあ、自分で言うのもナンなのだが、

 

これはもう、実践のタマモノとしか言いようがない。

 

 

そうやって、どこへ行くのも兄貴と行動を共にし、

 

24時間、Jと一緒に過ごすようになってくると、

 

 世界をとても優しい眼差しで観るようになり、

 

外の出来事に大しても、あまり動揺しなくなる。

 

 

なんていうか、ずっと聖霊兄貴と一緒にいるので、

 

常に〝巨大な大丈夫〟の中にいるような感じなのである。

 

 

ただ、誤解を避けるために説明しておくと、

 

星谷周作という個の自分(自己概念B)が、

 

聖霊と会話をしながら何かを決めたり、

 

聖霊の導きに従って、何かをしている訳ではない。

 

そうではなく、

 

個としての星谷周作の中に湧き起こる感情を、

 

決断の主体の中から、聖霊と一緒に眺めているような感覚で

 

そのときの個の星谷周作は〝見られるもの〟となっている。

 

f:id:shusaku1:20190223010517j:plain

 

また、聖霊兄貴と過ごす時間がこうまで長くなってくると、

 

自分がどんなに父(神)のことを想っていたか、

 

どんなに父(神)に恋い焦がれていたか、

 

また、どんなに父に再会したくて仕方がなかったか、

 

ということを思い知らされる。

 

 

すると、そうした愛の叫びに呼応するかのように、

 

 父(神)(天国)のほうからも、

 

どんなに僕たち(神の子)のことを愛しているか、

 

どんなに僕たちのことが好きで好きでたまらないかを、

 

かぶせ気味で返してくる。

 

 

こちらが〝好き〟と叫べば、向こうも〝大好き〟と返す。

 

今時の中学生でもしないような愛の交感が、

 

こだまのように繰り返される。

 

 

また、自分は無条件に父から愛されている、という、

 

 とても深く、穏やかな、ハートのエクスタシーは、

 

そここそが、

 

僕たちが戻るべき、真実の場所だったことを教えてくれる。

 

 

「ああ、自分には戻る場所があったんだ。

 

 自分は神に愛されている存在だったんだ。

 

 だから、いつでも故郷へ戻っていいんだ。

 

 そうしたら、もう、分離の夢を見続ける理由もない。

 

 この幻想世界の一切を手放しても大丈夫なんだ。」

 

 

自分が、神(父)を心から愛していたことを認めた瞬間、

 

大手を振って真実の愛が戻ってきた。

 

f:id:shusaku1:20190223010436j:plain

 

と、ここまで来ても、ふとした瞬間、

 

突然、自我の方へ、バーンッ、と針が振れるときがある。

 

それは、飛行機が、エアポケットに堕ちる瞬間にも似て、

 

いきなり天国から地獄へ落とされるような強い衝撃を伴う。

 

 

今日も、

 

在庫の廃棄処理について、社長に報告書を提出する前に、

 

コンババ部長に推敲してもらった際、彼から、

 

「この個人名を出している部分は書き直した方がいいと思う

 

 まるで星谷さんが個人攻撃しているように思われるから」

 

と言われた。

 

自分では、全く無意識のうちに書いた一文だったが、

 

よく読んでみると、指摘された通り、兄弟を攻撃している。

 

自分は正当で、相手が間違っている、と主張していた。

 

 

まあ、そこは百戦錬磨のスワットな僕であるので、

 

ここは、素直に自分の間違いを認め、

 

きちっと、原因まで戻った赦しを行なってゆく。

 

 

〝隠ぺいしているもの〟を咎めることなく直視し、

 

 そこから、罪への信念を、決断の主体まで戻す。

 

そこでやっていたのは、神を攻撃したと思っているが故に、

 

その報復から逃れるために他者に罪をなすりつける、

 

といった、きゃあーっ、と思わず顔を覆いたくなるような、

 

奇跡講座、王道中の王道パターンだった。

 

なんせ、さっきまで愛の中にいたので、

 

かなり、みぞおちの奥がバクバクする。

 

それでも、自分が決めてやっていたことを素直に認め、

 

神との分離は起こってなかった、と聖霊に選び変える。

 

 

それにしても、最近コンババ部長に助けられることが多い。

 

資料の添削をしてくれるし、社長にフォローもしてくれる。

 

このブログでは、キャラの区別がしやすいように、

 

敢えてコンババ部長と書いてはいるが、

 

今後は、聖霊部長に改名することにする。

 

 

それに、今回の赦しは、

 

彼がコースも何もやっていない普通の人だったからこそ、

 

差し出すことのできたレッスンだったのだな、と思う。

 

これがコース兄弟だと、指摘すれば攻撃になる、と考え、

 

即座に内側へ向かって自分を赦そうとしてしまうので、

 

こうはならない。

 

 

というわけで、今日から大阪出張、日曜まで日本にいるよ!