香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ハートひゅんひゅん

f:id:shusaku1:20190803030034j:plain

 

僕は日本本社採用の香港駐在員なのだが、

 

所得税は香港で払っている。

 

香港の所得税は給与からの自動天引きではなく、

 

一年に一度、自分で所得申告書を税務署へ送付する。

 

企業が社員の所得を先に申告しているのと、税務署は、

 

個人の銀行口座の自由に閲覧する権限があるため、

 

ウソの申告をしてもすぐにバレてしまう。

 

それで、今年は、税金納付書がなかなか来ないなあ、

 

と思っていたら、今日税務署から小切手が送られてきた。

 

なんと、去年分と今年分の所得税を相殺したところ、

 

僕が税金を払い過ぎていたことがわかったのだ。

 

還付額は、日本円にしてだいたい5千円くらい。

 

このお金で、

 

いつもより少し高級なワインでも買うことにする。

 

f:id:shusaku1:20190803025937j:plain

 

本当は神だけだった、自分も神と同じ存在であり、

 

よって、

 

夢見ている自分も含め、世界は本当に無だった、と、

 

〝神〟が反映された世界だけが見えてくるようになると、

 

仕事中、エクセルで経理の表計算をしているときでさえ、

 

訳もなく愛おしくてたまらない、歓びの感覚に包まれる。

 

それは不変で、眼前で何が起こっているように見えても、

 

常に、そこには〝解かっている〟が流れ続けている。

 

 

椅子と思っていたものが、

 

同僚だと認識していたものが、

 

恐怖だと解釈していたものが、

 

ハートへ下りた瞬間、

 

全ては神そのものだったという理解に変換される。

 

 

僕の場合、楽しそうにはしゃぐ子供を見かけた時や、

 

熟した桃の甘い果肉を味わっている時や、

 

好きな歌を聴きながら心の中で一緒に歌っている時や、

 

家でゆったりとくつろいでいる時に湧き上がってくる、

 

小さな愛と歓びの感覚が呼び水となり、そこから、

 

大きなハートのエクスタシーが、わわわっと上がってくる。

 

そして、そこからは何を見ても〝神だ!〟となる。

 

 

僕は男なので、女性に比べて感受性が鈍いからか、

 

神の〝巨大な愛されている感〟が爆上して来ても、

 

どこかに、深い平安と安心感があり、

 

比較的、冷静さを保っていられる。

 

しかし、同じように神を感じている、

 

幾人かの女性コース兄弟たちに訊いてみると、

 

ずっと涙が止まらなかったり、眠れなかったり、

 

その場にへたり込んでしまったりするそうだ。

 

f:id:shusaku1:20190731221055j:plain

 

まあ、そんなこんなで、8月である。

 

今週後半は、会議出席のため、また大阪へ出張する。

 

今回は土日を実家で過ごすため、少しのんびりできる。

 

あ、そうだ。

 

事前にアマゾンで色々と買い物をしておかなくては…。

 

とりあえず、今欲しいのは、

 

ブルーライト防止の老眼鏡と、ソファ用ダニ取りシートだ。

 

 

それから、

 

会社負担で日本へ帰国できる、一時帰国休暇の権利が、

 

9月末までで、あと一回残っている。

 

何とかスケジュールを調整して、休暇をゲットしたい。

 

代休も三日残っていて、消化するよう総務に言われている。

 

 

と、そういった〝考え事〟さえもが、

 

神の圧倒的な〝愛されてる感〟のなかで、

 

ただ歓んでいるだけ、の想念に変換されてゆく。

 

解釈する自分もいなかった、という安心感。

 

おやすみなさい。

 

⇓ 税金についての赦しの記事はこちら ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

存在の耐えられない世界

f:id:shusaku1:20190731221042j:plain

 

今日は台風の影響で、会社が午後から休みになった。

 

会社を出る頃には、雨と風がかなり強くなっていて、

 

バスの停留所にも、長蛇の列ができていた。

 

風雨の中、20分ほど待って、ようやくバスに乗る。

 

湿った革靴が気持ち悪い。スラックスもびしょびしょだ。

 

バスのエアコンも冷たいし、おまけに道路は大渋滞!

 

 

そんな風に、解釈している途中で、

 

はっ、と、一瞬立ち止まり、

 

無を考え出していたことに気づいた後、

 

そこから、神を思い出してゆく。

 

 

不快感は即座にハートのエクスタシーへと変換され、

 

ああ、神だった、と、神でハートがひゅんひゅんしてくる。

 

まあ、今の僕は、一事が万事、こんな感じである。

 

f:id:shusaku1:20190731221032j:plain

 

片時も離れることなく、常に一緒にいる父に気づくには、

 

〝解釈〟が大きなキーワードとなってくる。

 

 

解釈を認識する、とは、スピでよく言われる、

 

解釈をしている自分に気づく、とか、解釈を止める、

 

また、一つ一つの解釈を、赦して聖霊に明け渡す、

 

というようなことでは、ない。

 

 

無は存在しないが故に、解釈自体も存在せず、よって、

 

何かを考えること自体、何の意味も為さない。

 

存在しないもの、無いもののことは考える必要もない、

 

それが、解釈を取り下げる、の本当の意味だと言える。

 

 

ハートから見れば、無を解釈するなどあり得ないし、

 

逆に言えば、解釈を止める、と言った時点で、すでに、

 

無いものを有ることにしてしまっている。

 

 

解釈とは、

 

ホワイトボードの上に描かれたリンゴのようなものだ、

 

と、ハレ師匠は言っていた。

 

リンゴの絵を指してリンゴ、リンゴと言っているが、

 

実際、僕たちが指していたのはホワイトボードであり、

 

本当は〝神〟全体を指してリンゴリンゴと言っていた、

 

ということである。

 

 

要するに、僕たちは、神の上でしか何も描けないのだ。

 

リンゴではなく、ホワイトボードのほうに気づくこと、

 

ずっと真っ白なまま、そこに存在していた神を観ること、

 

それが、ある意味、思考の逆転となる。

 

f:id:shusaku1:20190728234242j:plain

 

そんなわけで、

 

正午に会社を出て、家に着いたのが、1時半だった。

 

即行、濡れた衣服を脱ぎ捨て、熱いシャワーを浴びた。

 

それから〝直撃グッディ!〟を見ながら、

 

買ってきた〝豚肉と桃の甘酢あんかけ弁当〟を食べた。

 

部屋でいろいろやろうと思っていたが、結局、爆睡した。

 

眠りの中で、奇妙な夢をたくさん見た。

 

寝室のベッドの隣に、洋式の便器があって、

 

大家さんに広東語で文句を言っている夢。

 

でも、夢の中の自分は全部状況を理解していて、

 

辻褄は合っている。

 

夢の中の自分に身体はなく、

 

どこか別の位置から映像を覗きこんでいる感じ。

 

存在しない無を覗き込んでいる感じ…。

 

 

全身が全霊

f:id:shusaku1:20190729230826j:plain

 

大阪からさっき戻ってきた。

 

機内で一泊したので、2泊4日であった。

 

疲れてヘロヘロになるかな、と思っていたが、

 

そうでもなかった。

 

むしろ、ハートがざわつき、あまり眠れなかった。

 

f:id:shusaku1:20190728234512j:plain

 

今回の旅では、

 

〝自分も含めて神だった〟という大きな理解に至った。

 

正確に言えば、自分は神に創造された神の子であり、

 

故に、神と全く同じ考えを共有している、という意味で、

 

神そのものだった、という体験が起こったのだ。

 

神の心、とか、神の歓び、とか、神の想い、とかではなく、

 

〝神〟そのもので存在している。

 

 

ただ、誤解を避けるために述べるならば、それは、

 

自分が神になる、神に取って代わるという意味ではなく、

 

要するに、神以外のものなど、はなから無かった、

 

ということに気づいてしまったのだ。

 

 

見るモノすべてが神で、会う人全てが神なのなら、

 

自分も神そのものの存在のはずである。

 

そうなるともう、全てが同じなのだから、

 

一つ一つを神と観る必要がなく、全一で神となる。

 

 

神は、

 

全肯定、さらけ出して恥じない、ただ歓んで愛している。

 

歓びの中で愛を知り、相手が歓ぶから自分は嬉しい。

 

自分の存在もそれと全く同じ、まさに全身全霊である。

 

 

赦しを実践している僕たちコース兄弟は、

 

神を直視しない代わりに、日々、

 

あると思い込んでいる罪悪感を直視している。

 

しかし,

 

それは神を観ないための言い訳であり、

 

その言い訳自体が無かった、

 

と気づくために行なう〝直視〟であるべきだ。

 

 

そして、僕たちの〝全身〟が〝全霊〟であった、

 

と、心底解かったとき、

 

神の愛が、兄弟たちへ延長されてゆくのだ。

 

教える必要もなければ、言葉で語る必要もない。

 

ただ、そこで歓んでいるだけで、それは起こってゆく。

 

f:id:shusaku1:20190728234255j:plain

 

話は変わって、僕の会社は本社が東京なので、

 

当然、社員さんはみんな標準語で会話をする。

 

僕も、彼らと話す時は自然と標準語になる。

 

でも、今回、大阪にいる間、ずっと大阪弁で会話していて

 

とても自然体で、リラックスして自分を表現できた。

 

 

そうだ、これからは、いつでもどこでも大阪弁で行こう。

 

僕の大阪弁は、どちらかと言えば京都寄りのため、

 

「~してはりますねん。」とか「~してはんねやんかあ。」

 

といった、はんなり言葉が多い。

 

というわけで、今後は香港で、

 

〝はんなり〟と神を延長していきますどすえ。