香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

九月の雨

f:id:shusaku1:20190906030407j:plain

⇑ 真剣な表情で運勢を見てもらっている青年二人 

 

 

九月に入ってからというもの、毎日、篠つく雨が降り、

 

少しだけ秋の気配が漂い始めた香港である。

 

今日は、仕事帰りに、ジムで自主トレをした。

 

100キロのバーベルでダンベルプレスを3セットしたら、

 

あっという間にスタミナが切れ、

 

あとは、パントリーでコーヒーを飲んで過ごした。

 

 

新しい住まいも、大いに気に入っている。

 

家賃の小切手を郵送する際、本当にこの部屋が大好き、

 

とメモを添えたら、この部屋を楽しんでくれてありがとう、

 

と、大家さんからチャットが来た。

 

この時、僕たちは神の交歓をしているのだな、と思った。

 

f:id:shusaku1:20190906030353j:plain

 

というわけで、

 

すべての兄弟や、見えているものすべてから、

 

大好きとありがとうが滲み出てくる今日この頃である。

 

 

いまの僕にとって、

 

同僚や、友人や、通りすがりの人を愛するのは、

 

神を愛するのと、全く同じこととなっている。

 

また、仕事や、筋トレや、創作や、香港の生活など、

 

僕が幻想の設定の中に歓びを感じているとき、

 

それは神が僕に対して感じている歓びだと知覚できる。

 

僕が花瓶に生けた花を「きれいだな。」と思う想念は、

 

神が僕を愛でるのと同じ想念なのだ。

 

そうやって、

 

僕たちは愛を放つことで、神との交歓を可能にする。

 

 

このように、夢の中の登場人物が、

 

全て自分(神)であるように知覚されてくると、

 

同僚と仕事の話をしていても、友人とダベッていても、

 

また、電車で向かいに座っている人に対してさえも、

 

彼らが神の子そのもの、

 

すなわち、神そのものとして感覚化されてくる。

 

 

そうやって、あらゆる場面に神を観た瞬間、

 

 「ああ、神だぁーっ!」と、

 

みぞおちの奥から、ハートの想いが一気に昇ってきて、

 

目に映る全ての人や風景が、神を通して見たものとなり、

 

もう歓びで、みぞおちが〝ひゅんひゅん〟疼くのだ。

 

 

まあ、そんな感じで、自分を愛するように兄弟を愛し、

 

兄弟に感謝するように自分に感謝していると、

 

自分を含めた全ての兄弟全員が神となる。

 

自我を選んでいた時は、皆、敵に見えていたのに…。

 

 

ただ、誤解を避けるために述べるならば、

 

幻想世界が神の世界のように見えるのでは、ない。

 

幻想世界が本当に無だった、と理解したからこそ、

 

神しかない、全ては神だった、と知覚できたのだ。

 

 

具体的に言えば、

 

僕の仕事上での間違いを指摘してくれた同僚には、

 

攻撃された、ではなく、フォローしてくれた、となり、

 

買ってきたお弁当にゴキブリが入っていても、

 

神が入っていた、となってしまい、批判が起こらない。

 

常に〝神を理解している感覚〟しかなくなってしまう。

 

 

というわけで、おやすみなさい。

 

 

オレがオレが詐欺

f:id:shusaku1:20190903232220j:plain

 

今どきのオレオレ詐欺というのは、

 

かなり手口が巧妙になりつつあると聞くが、その理由は、

 

被害者の方も、これまでのように、そうやすやすとは

 

騙されなくなってきている、ということなのだろう。

 

しかし、いまだ、

 

99.99%のよい子たちがひっ掛かっている詐欺がある。

 

〝オレがオレが詐欺〟である。

 

 

「オレが、オレが…。

 

 オレが考え、オレが決めて、オレがやるんだよ!」

 

「オレが、オレが…。

 

 オレが解釈して認めた世界こそ価値があるんだよ!」

 

「オレが、オレが…。

 

 みんなオレが正しくて、間違っているのは、

 

 みんなお前らの方なんだよーッ!」

 

 

と、これは、

 

罪悪を他者に投影する、欧米系に多い詐欺である。

 

 

またこの〝オレがオレが詐欺〟を更に巧妙化させたのが

 

〝オレなんか詐欺〟だ。

 

 

「オレなんか、何をやってもダメだし、金もないし、

 

 どうせ、愛される資格なんかないんだ。」

 

「オレなんか、まあ、こんなもんさ。」

 

 

これは、主にアジアを拠点とする自責型詐欺で、

 

オレなんか、と言いながら、実は、

 

自分を解かってくれない他者を責めているという、

 

なんとも、ややっこしい詐欺である。

 

 

オレがオレが詐欺も、オレなんか詐欺も、基は同じ、

 

〝父を裏切っちゃった感〟から来ている。

 

 

神なんか要らない、という父に対する間違った解釈故に、

 

僕たちは、

 

自我による巧妙な詐欺に引っかかり続けている。

 

だがこれは、

 

他でもない〝オレ〟が下した解釈なのだから、

 

〝オレ〟が取り下げれば済む話でもある。

 

f:id:shusaku1:20190813013114j:plain

 

僕が解釈を取り下げる際に意識していることは、

 

一つ一つの出来事に対する解釈を取り下げるのでは

 

なく〝解釈〟という全体の概念自体を取り下げる。

 

 

あの人はどうのこうの、これに関してはどうしたこうした、

 

という、個々の解釈を指して云々するのではなく、

 

〝解釈をしていること自体〟を取り下げるのだ。

 

 

取り下げるということは、ただ止めるということである。

 

実際には、 

 

解釈自体に気づいて、それをただ見過ごすだけである。

 

 

そうして、みぞおちの奥を意識しながらハートを想い出す。

 

すると、解釈が〝神の想念〟に、さっ、と入れ替わる。

 

神が上がってくる感じ。

 

僕の場合、これを赦しと呼んでいる。

 

f:id:shusaku1:20190831101130j:plain

⇑ 弁護士先生と上海でカンパイ!

 

今月19日からは、14日間の里帰り休暇に入る。

 

今回は、香港 ⇒ 台北 ⇒ 那覇 ⇒ 大阪 ⇒ 香港

 

という旅程で行こう、と思っている。

 

台湾では久々に出版社の人にも会う予定で、

 

そろそろ新作も上梓しなければ、と思っている。

 

また、沖縄では、ちょっと豪華なホテルに泊まろう。

 

そして大阪では、じっくり両親に寄り添おうと考えている。

 

 

いくつものサイトを周遊しながら、

 

旅程に沿った周遊チケットやホテルを予約してゆく。

 

(社長! ス、スンマセン!仕事中にやりました!)

 

出張の手配と違い、

 

プライベートの旅程を立てるのって、すごく楽しい。

 

今回は、ちょっと奮発して、

 

LCCは使わず、ホテルも4万円以上のところを予約した。

 

 

よし、明日から、一生懸命働くぞーぃ!

 

 

夢の外で暮らす

f:id:shusaku1:20190902014923j:plain

 

土曜日から日曜にかけ、12時間くらい眠った。

 

眠っているとき、へんてこりんな夢をいくつも見た。

 

 

なぜか僕は、政府のお金一億円を不正に横領し、

 

白いキャリーバックに詰めて隠し持っている。

 

警察はこの一億円を巡って大捜索を行なっているが、

 

それでも、僕には絶対バレないという自信があった。

 

そんな折、僕の友人がトランクの中身を見てしまい、

 

どうするつもりだ、と騒ぎ出す。

 

「ああ、どうしよう。たとえ、友人に口封じをしたとしても、

 

 恐怖と焦燥の中で、一生を送ることになるだろう。

 

 もう二度と、心底幸せを感じることはないのだ。」

 

と、絶望に苛まれているとき、はっ、と目が覚めた。

 

 

「ああ、夢だったあ。起こってなかった。助かったぁー!」

 

と、ほっと胸をなでおろす。

 

 

この瞬間、思った。

 

夢の中の自分は、本当に自分が横領したと信じており、

 

もう自分は神からも見放された、と心から落胆していた。

 

でも、それが夢だと知った途端、

 

本当の自分のアイデンティティが回復し、

 

すっ、と心の平安が戻ってきた。

 

 

どういうことかというと、

 

この世界は寝ている時に見る夢と同じく、全くの幻想で、

 

本当は何も起こってない、という真の自覚が起こるには、

 

まず、夢の外へ出ている必要がある、ということである。

 

そうすることで、

 

ここが夢だ、本当に無かった、と真に自覚しながら、

 

この夢の世界を生きることができる。

 

 

それには、いま自分が存在しているこの夢の世界よりも、

 

もっとよい世界があると〝はっきり〟自覚していること、

 

つまり、実相世界(神、ハート)に触れていることが、

 

大切となってくる。

 

f:id:shusaku1:20190618002444j:plain

 

僕の場合、

 

この人が本当に大好き!このケーキおいしいーっ!

 

この曲を聞くととっても幸せな気分になる、というような、

 

小さな歓びから、全体のひとつの歓びへと入ってゆく。

 

 

通りすがりの人の小さな親切に対する感謝の気持ち、

 

ありがとう、とお礼を言われた時の小さな感動、

 

そして、友人が放ったちょっとした冗談に、

 

大声で笑った時の愉快な気持ち、

 

そんな小さな歓びの根底に流れる、

 

不変の〝悦〟(エクスタシー)を、

 

何の解釈も挟まず、ただ〝神の感じ〟として味わうのだ。

 

それが、ハートであり、神の国を流れる空気である。

 

そうやって、

 

神の反映である〝歓びの想い〟に触れることで、

 

ここが夢で本当ではないと真の自覚を持つことができる。

 

 

要するに、僕たちがコースの理論を学んでいるのは、

 

神のもとへ到達する手段を学んでいるのではなく、

 

ハートを感じ、神に触れるきっかけを学んでいるのだ。

 

 

なぜなら、神はもうここに在り、僕たちはただ、

 

夢から覚めていることに気づくだけなのだから…。