香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

わたしは愛でできている

f:id:shusaku1:20190921011319j:plain

 

常に神を感じるようになっても、やはり赦しはやってくる。

 

赦しのプロセスは他の学習者の方とほぼ同じだ、と思う。

 

咎めや批判や罪悪の思考が出てきたことを認識したら、

 

即座に立ち止まり、エゴの思考体系を見つめたあと、

 

一つの解釈(神から分離したという思い込み)に気づき、

 

すぐに、それは無かった、と夢を否定する。

 

ただ僕の場合、少し違う点があるとすれば、

 

最後は必ず神を想い出し、神に至って完了する。

 

神に至るとは、愛で心が満たされる、という意味である。

 

f:id:shusaku1:20190921011322j:plain

 

今日、仕事帰りにスーパーで買い物をして、

 

レジで並んでいると、ひとつ前にいたおばさんが、

 

カート三台に商品を山積みにして並んでいた。

 

レジは二つしかなく、このおばさんを回避するためか、

 

もうひとつのレジには長蛇の列が…。

 

1000香港ドル以上の買い物をすると宅配が無料になる

 

らしく、叔母さんは配送の伝票に住所を書き込んでいる。

 

おまけに大量の商品券を使用し、レジの係員が、

 

商品券番号を一枚一枚機械に打ち込んでいる。

 

 

このとき、僕はなぜか心の中で、

 

僕は愛でできている、兄弟も愛で創られている、

 

僕は神でできている、兄弟も神で創られている、

 

と、かなり強い意志を持って宣言した。

 

途端、どわぁーっ、と涙が溢れ出した。

 

 

神の子が見る世界は神の愛に満たされており、

 

自分は架空の自我に愚弄されるような存在ではない、

 

という確たる信念に凌駕される。

 

ヤバい、と思い、僕はとっさにハンドタオルで鼻を押さえ、

 

「ちょっと風邪気味で、鼻ぐちゅぐちゅですねん。」

 

という振りをした。

 

f:id:shusaku1:20190926173041j:plain

 

そんな感じで、神を感じれば感じるほど、

 

それでも、時々、ふっ、と頭の中に湧き上がる、

 

自我の思考(妄想劇場)にとても敏感になる。

 

神の愛が根底に流れている状態が当り前になってくると

 

ほんの少しの咎めも違和感に感じ、即、自我だと気づく。

 

なので、神が入り、ハートのエクスタシーを感じていても、

 

お花畑状態になるわけではない。

 

それどころか、夢の外から眺めるようになるので、

 

幻想の自分が夢の中で何をやっているのかが、

 

より鮮明に見えてくる。

 

 

やはり、愛(神)を自覚せずに平安には至れず、

 

神の平安なくして赦しは完結しない、と、

 

しみじみ感じる今日この頃である。

 



神の国を祝う日

f:id:shusaku1:20191002011612j:plain

⇑ 10月1日撮影

 

昨日は中国の国慶節で香港も祝日だった。

 

中国国家創立70周年と言うことで、

 

北京では大々的な記念式典が挙行されたが、香港では、

 

かつてないほどの大規模なデモが各地で行われた。

 

f:id:shusaku1:20191002011625j:plain

⇑ 加油(ガーヤウ)は〝頑張れ〟という意味 

 

僕が住んでいるコーズウェイベイ界隈も、朝から、

 

黒服を着た中共に反対する人たちで埋め尽くされ、

 

僕が香港へ戻ってきた29日の時点ではまだ、

 

近くのオシャレバーや、ジムも開いていたのだが、

 

今日は、一斉にシャッターを下ろしている。

 

11時には地下鉄も運行を停止してしまった。

 

f:id:shusaku1:20190930221105j:plain

⇑ この日の、りんご日報見出しは、

 『狂った警察の暴力で迎える国慶節』

 

こうして、家から一歩も出られなくなった僕は、

 

今日一日、ゆっくり、家で赦しをして過ごそうと決めた。

 

というのも、普段は出張で移動していることが多く、

 

最近も、一時帰国であちこち飛び回っていたため、

 

一度じっくり腰を落ち着けて、自分の心を観ようと思った。

 

 

赦すとは、兄弟が自分にしたと思っていることは、

 

実際には起こっていない、と認識することであり、

 

自分の想いを行動化している夢の登場人物を見て、

 

全ては自分が造りだした夢で、そこには誰もいない。

 

故に、彼らが、自分の無意識にあるものの象徴なら、

 

彼らに罪がある筈はなく、そして、

 

神からの分離が一度も起こっていないのであれば、

 

やはり、自分にも罪はない、と気づいてゆくことである。

 

f:id:shusaku1:20191002011618j:plain

 

とても些細ですぐに忘れてしまうようなこと、例えば、

 

昨日、突然、僕の家のインターネットが使えなくなり、

 

調べると、ネット使用料を滞納していたことが判明して、

 

ネットの繋がる近くのカフェで、あれこれ動揺しながら、

 

やっとのことで、ネット回線を回復してもらったことや、

 

休暇中、会社から連絡があり、香港の税務署から、

 

申告漏れに対する罰金の督促状が届いています、

 

と言われ、ちょちょ舞いながら対処したこと、など

 

特に、穏かな状態からいきなり問題をつき付けられる

 

〝エゴの不意打ち〟を丁寧に見ていった。

 

そして、最後は、落ち着いた心で、

 

誰も何もしていない夢の世界〝全体〟を赦した。

 

f:id:shusaku1:20191001174339j:plain

 

そんな感じで、ふと湧き上がってくる過去の出来事や、

 

友人から言われた〝きぃーっ〟となるような一言、また、

 

起こってもいないのに想像で腹を立てる妄想劇場などを

 

次々に、自分の心の中のひとつの原因にまで差し戻し、

 

分離は起こっておらず、故に、兄弟も自分も無辜だった

 

ことを認識してゆく。

 

 

そして、最後に、神は在る、という神の理解の中で、

 

兄弟や自分が神と同じ存在だったことを思い出し、

 

ハートの悦(エクスタシー)として歓ぶ。

 

f:id:shusaku1:20190929183604j:plain


とまあ、こんなことを、ソファに寝そべりながら、

 

午後いっぱいかけて、だいたい8時間くらいやっていた。

 

こうして、今年の国慶節は、

 

僕の中にある、神の王国を祝う日となった。

 

⇓ 前日の記事に出てきた呪い屋についての記事 ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

 

本気で神を想う

f:id:shusaku1:20191001174335j:plain

⇑ セントラル地下鉄にて


香港に戻ってきた。

 

今回の休暇は僕に本当の安らぎと平安を与えてくれた。

 

本気で神を思うとは、本気で幻想を否定することであり、

 

そこに神の平安がある、の中を生きている感じ。

 

 

神は在る、だけで夢の世界に存在するようになれば、

 

もう、肉体の死さえも問題ではなくなる。

 

Jが磔刑に処された際、彼は一切苦痛を感じなかった、

 

とあるが、Jは〝ここ〟が夢の世界で真実ではない、

 

と〝本気で〟理解していたのだ。

 

だから、僕も今後はJのように、

 

〝本気〟で神を想い〝本気〟で夢を無として生きる。

 

f:id:shusaku1:20190929183609j:plain

 ⇑ 9月29日撮影

 

香港に戻ると、家の周りがドえらいことになっていた。

 

地下鉄では武装警官がものすごい形相で睨みを利かせ

 

地上に出ると、すごい人数の市民がデモをしていた。

 

催涙弾の影響か、景色が霞がかっている。

 

デモ隊の中でも、今回は西洋人の人達の姿が目立った。

 

イギリスやアメリカの国旗を掲げ、通りを歩いている。

 

僕が消火栓の上に登って写真を撮っていると、

 

香港名物のひとつでもある〝呪い屋〟のおばちゃんが、

 

いつも商売をしている高架下をデモ隊に占拠され、

 

商売上がったりだ、と大声で文句を言い始めた。

 

それでも黒服軍団は次々に押し寄せ、このおばちゃん、

 

最後は、呪ってやるーッ、と地団駄踏んで叫んでいた。

 

 

このような映像も、何ていうか、堅固に感じられない。

 

なんか、映像だけが流れて行っているみたいに見える。

 

いま突然、催涙弾が飛んできて、目がやられたとして、

 

肉体の自分は苦しんでいるように見えても、やっぱり、

 

この映像は夢で、意識は神の中で〝悦んで〟いる。

 

f:id:shusaku1:20191001174346j:plain

f:id:shusaku1:20191001174356j:plain

⇑ 呪い屋(まじないや)のおばちゃん

 

そんな感じで、今日も会社はお休み。

 

この日は、めずらしく朝8時に起きれたので、

 

先ず銀行へ行き、ジムで自主トレをし、それから、

 

家の近くのおしゃれカフェでモーニングを食べた。

 

家に戻ると、インターネットが使えなくなっていた。

 

ルーターを再起動させたり、いろいろやってもダメで、

 

プロバイダーに問い合わせた結果、

 

ネット使用料を3か月滞納していることが判明した。

 

f:id:shusaku1:20190930220918j:plain

 

急いでネットが繋がるカフェへ行き支払処理を済ませる。

 

アカウント番号やパスワードを忘れ、手続きは難航した。

 

動揺していることに気づく。

 

〝本気〟で神を想い、ここが無であることを思い出す。

 

夢は夢でしかないことを本気で確信する。

 

f:id:shusaku1:20190929183616j:plain

 

自我の不意打ちに〝ハッ〟と気づいて立ち止まれたら、

 

その時点で聖霊を選び、聖霊と同じように考えている。

 

 

こうやって、夢の現実や夢の登場人物、

 

天国はずっとここに在ったことに気づくために使ってゆく。