香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

泣きの土曜日

f:id:shusaku1:20191102205702j:plain

⇑ 昨日仕事から戻ってみると、お手伝いのチョイ姐が、

   紫の百合を活けておいてくれた。

   オランダのユリなのだという。

 

なぜか、ここ最近、

 

めっきり聖霊兄貴が登場しなくなったなと思ったら、

 

以前は別人格のように見えていた聖霊が、

 

いつしか、自分が聖霊だったことに気づき、

 

それ以降、聖霊を〝別物〟にしなくなった。

 

なんか、うまく説明できないのだが、

 

聖霊と同じように、裁きを取り下げ、世界を愛で見よう、

 

とするようになってからは特に聖霊との一体感が増した。

 

 

なので近頃は、赦しに於いても、

 

裁きを取り下げた後は、直接神に向かう。

 

また、自分が聖霊と同じ存在だった、

 

という自覚が持てて初めて、

 

直接神に触れてゆくことができるのだ、と気づいた。

 

 

その代わり、と言ってはナンであるが、

 

ここのところJ兄貴に問いかけることが多くなっている。

 

 

「こんなん出てきましたけど、どんなもんですかいな。」

 

「さっきのこの赦しは、もうここまでが精一杯ですねん。」

 

「この件に於いて、自分には何ができますやろ?」

 

 

まあ、ひとり呟き、のような感はあるが、それに対し、

 

Jは決して、それは違いますよ、とは言わない。

 

その時々で、最も適切なアドバイスを与えてくれる。

 

それは、テレビを通じてのこともあれば、

 

何気ない兄弟との会話を通じてのこともある。

 

または、強烈な〝閃き〟として伝えられることも…。

 

f:id:shusaku1:20191102205708j:plain

 

まあ、そんな感じで、今日は土曜日、

 

 階下の通りでは、デモ隊に警察が放水する騒ぎがあり、

 

サイレンの音がけたたましく鳴り響いているが、

 

僕はといえば、昨日のうちに、

 

食料や、ワインや、お菓子などをわんさか買い込み、

 

お籠り三昧の週末を過ごしている。

 

 

不死という… ⇒ ワークブック ⇒ テキスト ⇒ 瞑想

 

と、午後いっぱい奇跡講座三昧の時間を過ごした。

 

テキストの『赦しの夢』の項を読んでいるうち、

 

兄弟達のことが、有り難くて、有り難くてたまらなくなり、

 

二度ほど号泣した。

 

その後、部屋中に神の気配を感じて、ううっ、となる。

 

トドメは、テレ朝のフィギュアスケートの試合を見ていて、

 

ザギトワ選手がくるくる回っているのを眺めているうちに、

 

ああ、神が舞っている、となり、またまた、泣けてきた。

 

 

な、なんじゃ、これはっ。

 

一体、自分はどうなってしまったのか? 壊れたのか?

 

これではまるで、法悦女子ならぬ法悦男子、やんけ!

 

⇓ 2014年、まだ神の理解が入る前の僕がそこにいた! ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

珠海出張から戻って以降、

 

兄弟を通じて、裁いている自分に気づき、

 

それを取り下げ、そこから神にアクセスしたあと、

 

裁きの夢を、赦しの夢(神の理解)に置き換える、

 

という赦しを実践して数週間、マジで世界が変わった。

 

キャー、ヤッター、ステキーッ!とばかりに、

 

神がどわーっと食い気味に押し寄せてくる。

 

 

不変で永遠なる神の世界の方が実存で、

 

この世界は本当に無かったことが理解され始めると、

 

恐怖が癒され、平安が復活する。

 

僕の場合、まだまだ、行きつ戻りつ、波があるけれど、

 

こうして進んでいくのだな、と実感している。

 

 

神に気づく

f:id:shusaku1:20191101022457j:plain

ああ。

 

しゅ、しゅ、首里城が…、も、も、もえてしまった…!

 

 

ニュースを見て、

 

首里城は、本土決戦を経験した沖縄の方たちの、

 

復興のシンボル、心の支えだった、と初めて知った。

 

先月沖縄を旅した際、また今度来た時に見ればいいや、

 

と、首里城には行かなかったことが悔やまれる。

 

 

その一方で、

 

この首里城全焼のニュースからは多くのことを学んだ。

 

 

僕は仕事柄、出張で多くの場所へ赴くが、

 

今後は、ただ行って、仕事して、帰ってくるだけではなく、

 

訪問先の土地の歴史も少しは勉強しよう、と決めた。

 

 

それから、次でいいや、もやめることにした。

 

言おうかな、行こうかな、やっとこうかな、と思ったら、

 

迷わず実行するようにしよう。(できる範囲でだけど…)

 

なぜなら、僕もいい年齢だし、

 

本当に次は無いかもしれないから…。

 

 

また、カタチの世界に永遠はない、ということも学んだ。

 

台風にしろ、地震にしろ、人生のハプニングにしろ、

 

どんなに頑張っても、最後は必ず取り上げられる。

 

なので僕はもう、カタチの世界は信じない。

 

永遠でなければ実在ではなく、よって世界はない。

 

また、永遠を求めるとは、神に気づくことであり、

 

神に気づくとは、普段、当り前に見えているもの、

 

聞こえているもの、感じているものが、実は神であった、

 

と認識することである。

 

f:id:shusaku1:20191101011016j:plain

 

僕達は普段の生活の中で、

 

私のスマホ、去年買い変えたパナソニックのテレビ、

 

隣に住んでる田中さん一家、コンビニのシュークリーム、

 

と、あらゆるものを認識しながら暮らしている。

 

「ああ、これがわたしの、ス・マ・ホ、なんだぁーっ!」と

 

いちいち感動の叫びを上げつつ生きている訳ではない。

 

そして、神も、そこにスマホがあると気づいているのと

 

同じレベルで、ここに在る。

 

別の言い方をすれば、スマホがあると気づくと同時に、

 

神にも気づいている。

 

 

それはまた、〝わたし〟についても同じことが言える。。

 

年を取るにつれ、見かけや内面がどんなに変化しようと、

 

自分という人生をずっと見てきた不変の何かに気づくこと

 

それが、神に気づく、ということである。

 

 

よく考えてみると、生まれてから今日までに経験した、

 

様々な〝私〟の物語も、ひとたび認知症にでもなれば、

 

すべて無と化すような、実体のないものであり、

 

湧いては消えてゆく雨雲のようなものである。

 

 

なので、物語の中を生きている自分ではなく、

 

物語に気づいている不変で永遠の自分に目を向ける。

 

それが神を観る、聖霊を観る、ということとなる。

 

 

 

湧いては消える私の人生

f:id:shusaku1:20191017220707j:plain

 

ようやく、家にいてもエアコンが必要なくなり、

 

ここへ来て、香港は秋本番を迎えている。

 

そして、僕の神へと向かう旅も佳境を迎え、

 

ますます、世界が〝薄く〟なって行っている。

 

 

こうして、裁きを取り下げる、を実践して以降、

 

またJに話しかけるようになった。

 

話しかけると言っても、これはどうしたらいいですか、

 

みたいな〝おしゃべり〟ではない。

 

 

例えば、

 

ワイドショーで神戸教師いじめ事件を視ていて、

 

加害教師が何で給料貰って謹慎なんだ、と批判するうち

 

そう言えば自分の中学校にもこんな女教師がいたな、と

 

その女教師の事を思い出しながら、心の中で、

 

様々な妄想復讐劇を展開し始めようとしたその瞬間、

 

あ、やってる、と気づいたら、

 

即座に沈黙し、取り下げ、最後は神と入れ替える。

 

この〝入れ替える〟際に、最近気に入っているのが、

 

「あなたは、神の愛に値する、

 

 無罪で不変の、聖なる神の子です。」

 

と、相手に向かって、心の中で力強く宣言することだ。

 

そうすることで、相手を神の存在に入れ替える。

 

 

そして、最後は、

 

こんな感じなんですけど…と、Jに問いかけてみる。

 

すると、Jから、ありがとう、という感謝の想いが、

 

じわっ、と伝わってきて、暖かい気持ちに包まれるのだ。

 

 

まあ、裁いている事柄を赦したからと言って、

 

特に現実が変わった、と実感するわけではないが、

 

多分、J兄貴は、僕の全ての前世、今世、未来世、

 

そして、ありとあらゆるパラレル次元にこの赦しを運び、

 

時空を取り消してくれているのだろう。

 

そう思えば、どんなに小さな心の中の裁きも、

 

捉えて入れ替えよう、という意欲が湧いてくる。

 

f:id:shusaku1:20191029221247j:plain

 

また、こうやって、

 

心の中の活動が、日常の大部分を占めるようになると、

 

見えている映像や、出来事や、思考までもが、

 

何ていうか、まるで台風の雨雲レーダーのように、

 

淡々と湧き出しては消え、消えては湧き出しを

 

繰り返しているだけのように見えてくる。

 

それは、まさに消えてゆく姿そのもので、

 

それ以上でも、それ以下でもない。

 

 

湧き出てきたものを、そのまま去るに任せる。

 

それが、今の僕の、

 

外で起きる夢の出来事に対する見方となっている。

 

 blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com