香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

引き寄せの法則的一日

f:id:shusaku1:20200206003238j:plain

 

今日も自宅でお仕事をした。

 

僕の家には名ばかりの書斎があるのだが、

 

書斎で何かをしたのは、引っ越し以来初めてかも…。

 

普段はソファに足を投げ出して座り、

 

両腿にクッションを乗せ、その上にノートパソコンを置いて

 

なんやかやしている。

 

 

今日、陳弁護士の事務所から電話があり、

 

再度、僕に、旧会社の清算業務を手伝ってほしい、

 

と、打診を受けた。

 

彼(陳弁書士のパートナーの弁護士さん)が言うには、

 

旧会社の佛山工場の清算が終わり、

 

今後は香港法人のクローズに着手するのだが、

 

税務や会計監査など、香港での業務が難航しており、

 

香港での細々とした事務処理を請け負ってほしいという。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

現在所属する新会社の業務に支障が出始めたため、

 

ふぁちゃんを契約解除した去年の夏以降、

 

全ての業務を陳弁護士の事務所へ移管し、

 

僕は旧会社に関するすべての業務から退いていた。

 

しかし、旧会社の三代目慶応出の元お坊ちゃま社長が

 

あまりに何も知らないため、途方に暮れた陳弁護士が、

 

助けてほしいと言ってきたのだ。

 

 

大好きな陳弁護士からの依頼でもあり、

 

香港に関する業務だけなら、と引き受けることにした。

 

f:id:shusaku1:20200118231745j:plain

 

いくらほしいですか、と、

 

僕が受け取る毎月の希望報酬額を聞かれたので、

 

しばし沈黙し、自分の中でしっくりくる金額を探した。

 

15,000香港ドル(約22万円)と答えた。

 

月に数回、香港の会計事務所とやり取りするだけで、

 

この金額は高額だと自分でも思う。

 

案の定、相手は難色を示した。

 

以前の僕は、これくらいなら相手が納得するだろう、と、

 

忖度した金額を言っていたが、今回、結果には期待せず

 

あくまで自分が最も心地よく仕事できる金額を提示した。

 

この金額の小切手を、毎月香港ドルでもらえれば、

 

今後、日本から日本円をハンドキャリーする必要もなく、

 

家賃も会社に払ってもらっているので、贅沢しなければ、

 

男一匹、なんとか香港で暮らして行ける。

 

 

今この瞬間を赦す、を実践していると、罪悪感がなくなり

 

本当はこうしたい、がストレートに出てくる。

 

なぜなら、いくらほしいですか、と言ってくる相手も、

 

自分が自分に言っているように感覚化されてくるので、

 

忖度なく本音でやり取りしていいように思えてくる。

 

 

とまあ、そういう感じで、今日は何の赦しにもならない、

 

〝引き寄せの法則的一日〟であった。(笑笑)

 

 

現実をほったらかしにする

f:id:shusaku1:20200206003218j:plain

👆 後ろ姿に疲れと哀愁が… 👆

 

なんか、最近、外側をほったらかしにしている。

 

外側で何が起きているように見えても、また、

 

動揺や緊張の思考がシュワシュワ湧いてきても、

 

ほったらかして〝いま在る神〟へと入ってゆく。

 

〝そこ〟にさえ戻れれば、何の問題もなく、

 

自分は神と同じものだと分かるので、

 

外側をイジる必要はどこにもなく、

 

勝手になるようになるだろう、という感じだ。

 

 

まあ、ひとそれぞれ神へのアプローチは違うので、

 

決して僕と同じようにしなくてもいいわけなのだが、

 

現時点での僕の場合は、

 

いまこの瞬間に抵抗しないことで神に入ってゆく。

 

そうすると、パラレルワールドとでもいうのだろうか、

 

意識の感覚が〝点〟というか〝縦の時間軸〟になり、

 

いま、ここ、この瞬間の縦軸の中に、過去の全記憶や、

 

未来の可能性が同時に存在しているように見える。

 

これは比喩ではない。本当にそのように見えるのだ。

 

 

なんていうか、言葉では表現しにくいのだが、

 

過去の記憶も、まるでいま起きているように感じられ、

 

未来の妄想も、もうすでに起きているように感じられる。

 

ただ、僕の場合は、そこに神が入っているので、

 

それら自分を動揺させる過去の記憶や未来への妄想も、

 

本当に無かった、と赦して、全自動消去されてゆき、

 

愛を感じさせる記憶や、心地よい未来の空想だけが、

 

神の愛とおなじものとして増幅されてゆく。

 

ずっと神と一つになっている時なんかは、

 

どんなにマイナスな思考が湧いてきたとしても、

 

それでも愛一色のエクスタシーになったりする。

 

そうなると、外なんかに構っていられなくなる。

 

 

ただ、外をほったらかしにしているからと言って、

 

現実を無視して、お花畑状態でいるわけではない。

 

外界がどんな状況かは、普通に理解できているし、

 

それに対してどう対処すべきかも普通に心得ている。

 

f:id:shusaku1:20200206003211j:plain

👆 本来はティッシュが置いてあった棚 👆


 

というわけで、今日は在宅勤務だった。

 

以前は在宅勤務って、自由だし、リラックスできていいな

 

と思っていたが、実際にやってみると全然で、

 

プライベートと仕事の境界が曖昧となり、

 

どちらにも集中できず、結局中途半端になる。

 

 

夕方、気分転換も兼ね、買い出しに出てみた。

 

昨日以上に、生活消耗品の品不足が深刻化していた。

 

特に、お米とティッシュとトイレットペーパーに至っては、

 

もうどこに行っても手に入らない。

 

まあ、差し迫って買わねばならない物もなかったので、

 

そのまま、僕が加入している近所のジムへ行ってみた。

 

香港のジムは、運動靴さえ履いていれば、

 

タオルも、ウェアも、無料で提供してもらえるので、

 

手ぶらで行ってもトレーニングが可能なのだ。

 

f:id:shusaku1:20200206003232j:plain


 ジムでは皆、マスクを着けずにトレーニングをしていた。

 

床や、ストレッチ用のマットや、筋トレ用のベンチには、

 

汗が飛び散り、運動すれば当然息も荒くなる。

 

かといって、マスクを着けて運動するのは不可能なので、

 

新型ウィルスのことは気にせず、自由にしている。

 

 

それから僕は、胸と下半身を集中的に鍛えた。

 

途中、ボディコンバットが始まる、というので参加した。

 

キックやパンチなど、久しぶりに全身を動かした。

 

日常生活では絶対にしない動作をすることで、

 

使っていない筋肉を動かし、身体機能を活性化させる。

 

 

全身の筋肉がプルプルする。何だかすっごく心地がいい。

 

そして、

 

この心地よさこそが、神の想いに気づく起爆剤となる

  

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

香港いろいろ

f:id:shusaku1:20200205024350j:plain

 

前回、銀行が営業を停止した、という記事を書いたが、

 

今朝、通勤途中に会社近くの匯豐銀行を覗いてみると、

 

門の前に並んでいる人がいて、何だかやってるっぽい。

 

訊けば、どうやら、今日は営業をするようだ。

 

日本から持ってきた円を口座に入れられなくて、

 

このままでは10日のクレジットカードの支払い期日に

 

間に合わないと困っていたが、助かった。

 

幸い、カバンには持ってきた日本円が入っている。

 

並んでいると、9時になり、銀行が開いた。

 

カウンターで両替と入金の手続きをする。

 

普通に銀行が開いているのは平和のしるしなんだね。

 

 

銀行を出て、会社へ向かおうと通路を歩いていると、

 

ドラッグストアの前に、

 

マスクを購入する人たちの長い列ができていた。

 

見れば、行列は駅の改札口付近まで続いている。

 

と、店員さんが出てきて人数を数え始めた。そして、

 

「すみません。今日のマスクの販売はこの人までです。

 

    これより後ろの人は買えません!」

 

と叫んだ。

 

それでも、午後になれば入荷するかも、と、

 

だれも列を離れようとしない。

 

昨日、日本の本社からマスクが送られてきたのは、

 

本当に幸いだった、と会社に感謝した。

 

 

オフィスに着いた。

 

明日、明後日は自宅待機(在宅勤務)の予定なので、

 

今日中にオフィスでやるべき仕事を片付けていった。

 

午後からはエドワードも出社してきた。

 

彼は本社から送られてきたマスクの一部を、

 

世話になっている中国の業者に送ろうとしているが、

 

FEDEXやDHLが言うには、輸送路が混乱していて、

 

いつ荷物を届けられるか保証できない上、

 

中身がマスクだと、盗難されるリスクも高いので、

 

やめたほうがいいでえすよ、ということだった。

 

 

帰宅途中、食料を買っておこうと、スーパーに寄った。

 

お米の棚が空になっていた。肉や野菜もほとんどない。

 

ティッシュやトイレットペーパーも売り切れになっている。

 

見ると、一人二袋まで、と張り紙がしてあった。

 

そういえば今日、昼から出勤してきたエドワードが、

 

朝からお米を求めて、スーパーを3軒回ったが、結局、

 

どこも売り切れで、安いタイ米さえ買えなかったという。

 

多くの食材や消耗品を中国からの輸入している香港は、

 

中国の輸送が混乱すれば、生活に大きな影響が出る。

 

僕の場合、

 

まだ家に、男一人食ってゆくくらいの米はあったので、

 

とりあえず、卵とソーセージだけを買って帰った。

 

f:id:shusaku1:20200205024405j:plain

 

今日、一日を振り返って思った。

 

一見、様々なハプニングが起こっているように見えるが、

 

神だけが本当で、真の自己もその中にあり、

 

いまこの瞬間に抵抗せず、ただ神に〝在り〟続けて

 

見過ごしていると、外側に起きていることにが、

 

湧いては消える雲のように実体がないと分かってくる。

 

その証拠に、銀行しかり、マスクしかり、食料しかり、で、

 

今日の僕は、ちゃんとなるようになっていた。

 

 

 

というわけで、明日は自宅待機である。