香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

迷い道くねくね

f:id:shusaku1:20200312191350j:plain

 

今日は、在留届を出しに日本国総領事館へ行ってきた。

 

というのも、昨日領事館から電話があり、先日送付した、

 

天皇誕生日祝賀会への招待状が返送されてきたため、

 

その理由を知りたい、ということだった。

 

 

実は、去年引っ越しをして、

 

そのまま住所変更手続きを失念していました、

 

と伝えたところ、新型肺炎の影響もあり、

 

在留邦人の居場所を把握しておく必要があるので、

 

すぐに変更手続きをしにきてください、と言われた。

 

それで、今日、わざわざ総領事館まで出向いたのに、

 

結局、パスポートを忘れて領事館に入れなかった。

 

チャンチャン!以上!

 

というわけで、日本国民として、

 

自分って日本に護られてるわあ、と感じた一日であった。

 

f:id:shusaku1:20200312191441j:plain

 

閑話休題。

 

父が待つ天国へ永遠に帰還する旅は、

 

ひとりひとり微妙に違う、という話である。

 

 

奇跡講座には、様々な〝流派〟(笑)があるようだが、

 

実際、人それぞれ設定されているスペックが違うので、

 

Aさんがワプニック氏で全てが分かったからと言って、

 

ワプニック氏が唯一の正しい道かというとそうではない。

 

Bさんはにはゲイリーが合っているのかもしれないし、

 

Cさんは自分に訊くことで理解が起こったりする。

 

また、様々な教師から、

 

自分が納得する部分だけをチョイスし、自分の中で、

 

自分なりに消化してゆく人もいる。(👈 ボク)

 

大切なのは、どの教師が絶対的に正しいか、ではなく、

 

どれが自分のスペックに合っているか、なのだと思う。

 

そして、合っているかどうかを判断する基準は、

 

その教師の言っていることに心地よさが感じられるか、

 

愛と平安が感じられるかどうか、だと思う。

 

f:id:shusaku1:20200313190930j:plain

 

血液型で例を挙げるのもナンなのだが、

 

例えば、独創性が売りであるAB型の兄弟が、

 

ワプニック氏のやり方で、学校でお勉強をするように、

 

きちきちに理論を学んでも苦しいだけだし、

 

また、心の中に深いトラウマを持つ兄弟が、

 

デイヴィッドのコミュニティで、自分の内面をさらけ出せ、

 

と言われても、恐怖以外の何者でもないだろう。

 

 

まあ、これは、奇跡講座に限ったことではなく、

 

職場、パートナーシップ、友人関係、などにも言える。

 

要するに、自分に合った場所と雰囲気というものがあり、

 

またそれが、自分にとって100%だったからと言って、

 

他の人がやっていることは違う、という考えになるのは、

 

ちょっと乱暴すぎると思うのだ。

 

 👇 懐かしのアーカイブ。こんな時代もありました 👇

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕の場合、

 

今はもう、内なる神の実存だけになってしまったので、

 

誰かから何かを学ぶということは無くなってしまったが、

 

元来、器用にそつなく何でもこなせる性格だったので、

 

以前は、

 

デイヴィッド、ワプニック、ゲイリー、エッグタルト、など、

 

節操なく、どの教師からも、同時並行的に学んでいた。

 

なぜなら、

 

100%間違っている教師は一人もいないし、

 

また、100%正しい教師もいないと思うからだ。

 

なので、

 

「この教師が言っていることはいいなと思ったけど、

 

 あの部分にはちょっと違和感があるな」と、

 

各教師の中の、自分が真理だと思える部分を受けいれ、

 

自分なりに消化し、実践していった。

 

結果、最終的には、神だけやん、となった。

 

要は、このやり方が〝僕には〟合っていたのだ。

 

 

何を選ぼうと、最後はやっぱり、神だけやん(GOD IS)

 

となるので、それなら、自分にとって心地よいやり方で

 

学んでいくのが一番ではないか、と僕は感じている。

 

 

なぜなら、みんな最後には、どんなマスターも、

 

どんなコミュニティーも、どんなスピメソッドも、

 

必要なくなるのだから…。

 

 

 

バシバシバッシング

f:id:shusaku1:20200310083720j:plain

 

毎月出張しているフィリピン工場が、新型肺炎の影響で、

 

今日から4月13日まで操業を停止することになった。

 

フィリピン政府が、マニラ周辺のみだった都市封鎖を、

 

ルソン島全体に広げたための措置で、

 

従業員は全員、今日から自宅待機となり、しかも、

 

その間の給料は出ず、無給休暇になるのだという。

 

事務職の給料が3万円くらいなので、生活は大変そうだ。

 

香港支社の売り上げも今月辺りから減少すると見られ、

 

これから経済にも影響してくるのかな、と思ったりする。

 

 

それで、

 

仕事に余裕があるこの時期に有給を消化しておこうと、

 

今週金曜日本の祝日に合わせて休暇を取ることにした。

 

休校、自宅待機、移動自粛、イベント中止、など、

 

今回のウイルス騒動は、外向きだった意識を内側へ向け

 

自分の心としっかり向き合う良い機会なのかもしれない。

 

f:id:shusaku1:20200310182306j:plain


 

話は変わって、

 

神への否定を否定する、とコースでは言われるが、

 

神を肯定できるようになる前に、自己の否定を否定する、

 

つまり、自己を肯定できるようになることが先決だ、

 

と思い始めた今日この頃である。

 

 

「自分なんかどうせ…。」「なんでいつも、自分だけが。」

 

「他の人に比べて自分は。」「人にどう思われるだろう。」

 

「相手に合わせてしまう自分が嫌い。」「人が怖い。」

 

 

自分を否定することは、自己の中にある聖なる部分、

 

つまり、神(霊)を否定してしているのと同じなので、

 

そういう意味で〝私なんか〟という意識は、

 

神に対して、ものすごく傲慢な姿勢である、と言える。

 

f:id:shusaku1:20200308155611j:plain

 

日本には、

 

自己を卑下して他者を立てる、という謙遜の文化がある。

 

褒められれば 「私なんか、まだまだです。」と言い、

 

昔の親は自分の息子を〝愚息が〟と紹介したりする。

 

これは、相手の自尊心を傷つけないように、という、

 

心遣いから来ている行為でもあるが、学校や家庭で、

 

この謙遜の文化を散々叩き込まれて育った僕達は、

 

無意識のうちに、人より自分を下に置いて考えてしまう

 

習慣を身につけてしまった。

 

 

なので、コースを学習する上で、

 

自分責め傾向の強い日本人は、何はさておき、

 

自己肯定感を高めることが必要である、と思うのだ。

 

自分を責めながら神へ戻ろう(赦そう)とするのは、

 

神を責めながら神を求めているのと同じで、徒労だ。

 

 

もし、頭の中で自分を批判する声が聞こえたら即座に、

 

「それはウソだ!」「だからどうした?」「自分は霊だ!」

 

と、先ずは、自己へのバッシングを遮断してやる。

 

最初は意味もなく、機械的にやっていてもかまわない。

 

続けるうち、心の軸が〝いま〟へと戻ってくる。

 

それから徐々に、私(神)なんかだめだ、という抵抗を、

 

いま、ここに在る神の想いの流れへと委ねてゆく。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕も、自分に対するバッシングを意識的に止めてから、

 

世界が本当に優しくなり、神を受け入れ易くなった。

 

 

友人と食事に行って、それぞれ違うメニューを頼み、

 

「これあげるから、それ一切れちょうだい」或いは

 

「私、これ食べられないからもらって。」と言われて、

 

内心イヤなのに断れない、といった些細なものも含め、

 

〝和を保つ〟という名目のもとに行なってきた、

 

微妙な自分責めの数々をしっかり見て、

 

それをちゃんと否定してやることで、心を癒してゆく。

 

 

ここは、自分が作って見ている夢の世界なので、

 

(神が作った世界ではないので)、

 

それをやめることを選べるのも自分だけなのである。

 

 

わたしはまだまだ

f:id:shusaku1:20200311195410j:plain

 

最近ふと思ったのが、ひょっとして僕たちは、

 

赦しの実践、というツールを使って、無意識のうちに、

 

天国への帰還をわざと遅らせているのではないかと…。

 

 

〝まだまだ、自分には赦すべき幻想がたくさんある〟

 

〝まだまだ、こんな自分が神になど至れるわけがない〟

 

〝まだまだ、自分には時間が必要だ〟

 

〝まだまだ、自分は罪悪感を信じている〟

 

そう思うことで、

 

〝ああ、よかった!まだ帰らなくていい。〟

 

と、安心していられるからだ。

 

 

今すぐ、父が待つ故郷へ永遠に帰還できる、となったら、

 

〝いやいや、ちょっと待って、今はまだ…〟となるのに、

 

それが10年後だったら〝ああ、それなら安心〟となる。

 

天国へ帰還するために赦しを実践しているのに、

 

今、ここに天国がありますよ、さあ、帰りましょう、

 

と言われると、私なんかまだまだ、となってしまうのだ。

 

要するに、いま、ではなく、神に対する心の準備が整い、

 

〝はい、今ならいいですよ〟と自分が合図を送った時に、

 

帰りたい、と思っている。(笑)

 

 

この〝私なんてまだまだ〟意識が根底にあると、

 

どんなに赦しの実践をしても夢からの脱出は不可能だ。

 

なぜなら、どこまでやっても、まだまだ、だから…。

 

帰還を遅らせる為に赦しをしているなんて、そんなの、

 

悲劇を通り越して、喜劇だようー。

 

 

そこで、

 

神を体験するということが決定的に重要になってくる。

 

神を体験する、といっても、そんな大げさなことではなく、

 

神の不変で優しい愛の想いが、

 

今見えているものの中に、今聞こえているものの裏に、

 

絶えず流れていることを、じっと〝観る〟だけである。

 

それはもう、すでにここに在り、そして、これしかない。

 

f:id:shusaku1:20200311192015j:plain

 

ほら、お父さんがずっと離れず、ガン見してるじゃん!

 

それに何より、見えている人、モノ、全てが愛じゃん!

 

聞こえてくる喧騒や物音、全てが神の歌じゃん!

 

もう帰ってるじゃん、故郷に…。

 

なのに、僕たちは、自分の眼前1センチのところで、

 

食い気味にのぞき込んでくる神を見ようとせず、

 

本来ない罪悪感ばかりにフォーカスし、

 

赦そう、赦そう、と、日夜奮闘してはいないか?

 

 

僕は決して、赦しなど必要ないと言っているのではなく、

 

神を体験し、全部神だった、自分も神と同じだった、

 

ここが天国だった、と、気づくために赦しはあり、

 

そうなっている状態こそが、真に赦している状態だ、

 

と思うのだ。

 

それに、自分がどこにいるかに気づいた兄弟は、

 

夢の中であろうと、何であろうと、否が応でも、

 

豊かにならざるを得ない。すでに神を知った神の子が、

 

家賃が払えない夢を見ているなんて、あり得ない。

 

 

なのに、この世界で豊かになることを望んでいる自分は、

 

まだ自我の世界を放棄できていない、と思ったりする。

 

放棄すべきなのは、その思考であって、豊かさではない。

 

放棄すべきなのは、勘違いの方であって、神ではない。

 

👇 聖霊の訂正を受け容れるとは、

  いま、この瞬間に在る神に抵抗しない、

  ということだった、と、今なら解かる

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

幸せな夢は、

 

赦し終えたあとの〝いつか〟に訪れる訳ではない。

 

幸せな夢は、今、もうここに在り、そして、ずっと在る。

 

 

だから、

 

いま、ここに在る父を避ける為に赦しをするのではなく、

 

いま、ここに在る父を受け入れるために赦すのだ。