香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕の魔法使い

f:id:shusaku1:20200619171850j:plain

 

今日、社内専用ウェブサイトの告知欄に、

 

「本年も6月30日に夏季ボーナスを支給します」

 

という社長の訓示が出ていた。

 

支給率も去年並みとある。

 

 

キャーッ、社長―っ、ステキーッ!

 

 

今年は新型コロナの影響で大幅に業績が減少したため

 

ボーナスなんて絶対に出ないだろうと諦めていたら、

 

前半の業績が好調だったので、ボーナスを支給しても、

 

なんとかギリギリ黒字決算となる見通しが立ったそうだ。

 

 

人に使われ、自由のない会社勤めなんてまっぴらだ、

 

という人も少なくないが、いまは働き方が大きく変わり、

 

会社勤めの方が、フリーでやるより自由な時間が多く、

 

生活の心配をせずに自分のやりたいことに専念できる、

 

と、若い人たちの見方が変わってきているそうだ。

 

 

僕が新入社員だった頃は、週休二日になったばかりで

 

残業も多く、親の葬式くらいしか休暇を取れなかった。

 

それに、上司のパワハラなんて日常茶飯事だったし…。

 

だから、自分がやりたいことに専念しようと思ったら、

 

会社を辞めるしかなかった。

 

それが、いまは、定時で帰るのは当たり前となり、

 

有休も強制的に消化させられ、上司は部下に対して

 

バカッ、と言っただけで訴えられる時代となった。

 

世の中進歩してるんだな、と新たな感慨を覚えた。

 

f:id:shusaku1:20200619171930j:plain

 

あっ、それから、政府支給のコロナ手当て、

 

1万香港ドル(約14万円)の申請が始まった。

 

二十歳以上の全ての香港居民に支給されるもので、

 

役所ではなく、自分の口座がある銀行へ申請する。

 

登録は簡単で、ネットでオンラインバンキングへ入ると、

 

そこに、自分のID番号と電話番号を入力し、

 

振込先口座番号を指定するだけである。

 

なるほど、振込先の銀行に申請する方式を取れば、

 

初めから口座情報も、個人情報も登録済なわけで、

 

余計な確認作業や、事務処理の手間が省け、

 

スピーディーに支給を行なうことができる。

 

香港政府って、やっぱりこういうところがスマートだ。

 

振り込みは7月8日以降、順次行われるという。

 

 

そして、

 

僕個人的にも、先日、株を売ろうと銀行へ行った際、

 

半ば強制的にオンライン口座を設定させられたのが、

 

今思えば大正解だった。

 

あの時は、銀行のお姉さんから色々訊かれ

 

面倒くさいなあ、腹減ったぁ、と思いながらやっていたが

 

今は、株の売買や送金もネットででき、大助かりである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

多分、聖霊の導きも、こういうことなのだ、と思う。

 

なんでこれが導きなんだよ、と憎々しく思うようなことが、

 

後から、ああ、助けられてたんだあ、と解かったりする。

 

 

結局、何が最善で、何がダメなのか、なんて、

 

個の自分になど、分かりっこないのだ。

 

 

だから、何が起こったとしても、焦らず迷わず、

 

ただ、ここで歓んでいるしかない。

 

 

愛の反映

f:id:shusaku1:20200619171902j:plain

 

いま住んでいるアパートの部屋が大好きである。

 

27年の香港生活の中で一番好きかもしれない。

 

部屋の内装や周囲の環境も気に入っている要因だが、

 

何より大家さん夫妻が、優しく穏やかで素敵なのだ。

 

香港では、投資のために家を買う人がほとんどで、

 

修理や契約も業者に任せっきりなのが普通なのに、

 

この40台後半くらいの二人は、

 

部屋の明け渡し前日に自分たちで掃除されていたし、

 

エアコンの取り換え工事も丁寧に対応して下さった。

 

お金と教養を持ち合わせた人特有の、

 

落ち着きと優しさがあり、

 

その〝優しい感じ〟が部屋に反映されているのだ。

 

f:id:shusaku1:20200619171822j:plain

 

僕はすでに香港で10回以上引っ越しをしているが、

 

家主の意識が部屋に反映されると確信している。

 

なので、部屋を借りる際は、内装のきれいさよりも、

 

大家さんの人柄を重視してきた。

 

また逆に、その時の自分の意識が〝すさんで〟いると、

 

好い大家さんや好い物件には巡り合えなかったりする。

 

 

というのも、

 

僕がまだ香港に来たばかりの頃に部屋探しをした時、

 

新内装で家具も電化製品も新品、大家さんの感じもいい

 

という物件があり、不動産屋さんもお薦めだったが、

 

階数が13階、という部分にこだわってしまった僕は、

 

もう一つの、まあまあそれなりのフラットを契約した。

 

 

ところが、それがとんでもない部屋で、

 

寝ていると金縛りに遭うわ、

 

布団の上へ誰かが乗っかってくるわ、

 

別の部屋で誰かがどたどたと走り回る音が聞こえるわ、

 

その上、いつも誰かがおぶさっているように背中が重く、

 

なぜか足が無くなる恐怖に怯え出し、

 

それからは刃物が怖くて怖くて仕方がなくなった。

 

結局、転職を機に、一年でその部屋を出た。

 

 

多分、香港に来たばかりの当時の自分は、

 

常にテンパっていて、何をするにも余裕がなく、

 

自分が不当な扱いを受けないかと警戒ばかりしていて、

 

いま、ここに在る平安を味わうことができていなかった。

 

いつも不安でイライラしていて、

 

当時優しくしてくれる人達に感謝する余裕すらなかった。

 

だから、この部屋に入居したから、

 

物事がうまくいかなくなったのではなく、

 

その時の僕のすさんだ意識状態が、

 

こういう物件を選ばせたのだ、と今ならわかる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

部屋は自分の心の状態を映し出す、と言われるが、

 

そういう意味で、今、サイコーに大好きーっ、

 

と思えるような場所に住めているのはきっと、

 

ちゃんと自分の中にある神を肯定できており、

 

きちんと心が癒されていっている証拠なのだな、

 

と思うのだ。

 

 

 

あなたは、

 

自分がいま住んでいる場所が好きですか?

 

 

 

 

ガンガンやる

f:id:shusaku1:20200622014910j:plain

 

今日は夏至の日、でもって部分日食の日、でもって新月

 

おまけに日曜日で父の日ときた。

 

今日はトレーナーと筋トレの日だったので外へ出たら、

 

多くの人たちが日食を見ようと空を仰いでいた。

 

それに、父の日だからか、子連れのお父さんも目立つ。

 

今日の香港の気温は34℃、猛暑だ。

 

次回、香港で日食が見れるのは50年後なんだって。

 

その頃の香港はどうなっているのだろう。

 

まあ、多分僕はこの世にはいないと思われ…。

 

(父が待つ故郷へ永遠に帰還済希望!)

 

 

それにしても、夏至、日食、新月ってすごすぎる。

 

なんか、新たなるはじまりっていう感じで、

 

占星術的にはきっと何かあるんだろうな。

 

f:id:shusaku1:20200622015400j:plain


 

話は変わり、自分にとって恐怖を感じさせる人、

 

憎しみを抱かせる人、嫌いという程ではないが、

 

何かと面倒な人、などに相(あい)対したとき、

 

本当は、自分が彼らをそのように見なして断罪していた

 

ことに気づいて以降、僕の人間関係は大きく変わった。

 

 

気づいて、先ず、何をしたかと言うと、

 

彼らがすでに癒されている存在だとして彼らと接する、

 

彼らが初めから愛の存在だったと解かって会話をする。

 

目の前の相手がどんな表現をしてこようと関係ない。

 

見えている兄弟が何を言ってきたって構わない。

 

断固として、絶対に、どんなことがあっても、

 

凛とした強さを以って、彼らは完璧に癒されており、

 

完全な愛だと認めて相(あい)対してゆく。

 

もちろん最初は、無理やりそう思い込むだけでいい。

 

コツは、心の中だけでそのように思うのではなく、

 

実際にそのように相手と話し、行動するのだ。

 

何よりもまず、自分が変わろうとする意志を優先させ、

 

相手がどうであろうと、とにかく根性でガンガン行く。

 

意識に教え込むには、忍耐と根性が必要なのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そうこうしているうち、

 

「あれ、なんか最近、あの人、優しくなったみたい」

 

「えっ、あの人が自分を助けてくれた?気持ちわるっ!」

 

「うわっ、みんな愛で輝いているように見える!」

 

というふうに周囲が変わり始めるか、本人がいなくなる。

 

 

外の世界は、自分の心の中を映し出しているので、

 

なにはともあれ、

 

自分の見ている世界が優しくなることが先決だ。

 

それは、自分が自分の心を責めなくなった証拠であり

 

そこに神が在ることに気づく第一歩となる。