香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

殺意と抵抗

f:id:shusaku1:20200724164031j:plain

 

今日も一日、お籠りのうちに過ぎて行った。

 

おまけに明日もお籠り、幸せすぎる!

 

明日はおでん作りに挑戦、と言っても、

 

パックになったやつを温めるだけだけど…。

 

その他にも、ロールキャベツにハンバーグ、と、

 

ネタはたくさんある。全部冷凍食品だけど…。

 

f:id:shusaku1:20200718222633j:plain

 

 

自我って、自分を自分だと思っていることなんだ、

 

という事実を、改めて実感している。

 

自分という確固とした存在がここにいて、

 

その自分が何かを考えていると思っているので、

 

相手も同じように、あそこに存在していて、

 

何かを考えているだろう、というふうに捉えている。

 

そこから分離感を感じて不安になったりしている。

 

 

しかし、本当はただ思いが湧いているだけで、

 

何かを考えている誰かなんて存在しないし、

 

存在しないものが分離することなどあり得ない。

 

この気づきが〝ふっ〟と湧いた瞬間、

 

関係をうまくいかせようとか、人からどう思われるか

 

といった、個人としての抵抗からくる罪悪感が、

 

消滅してゆくのを感じた。

 

 

あいつムカつく、死ねばいいのに、と思うなら、

 

そういう想いが湧いてきただけであり、

 

また、この感情を赦して、兄貴に取り消してもらおう

 

というなら、そういう想いが湧いているだけで、

 

どこまで行っても、とことん湧いているだけである。

 

 

本当は、シュワシュワと神が湧き上がってきている。

 

いま、ここにある神に抵抗しようとするエネルギー、

 

湧き上がるものに罪悪感を感じようとする動きを、

 

そのまま見過してゆけば、自動的に赦しは起こる。

 

 

そうやって、湧き出る思いへの抵抗が無くなり、

 

消えていく姿を消えるままに見過せるようになると、

 

次第に意識が静まり、心が穏やかになる。

 

すると、その向こうに、神の気配が見えてくる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

椅子や田中さんが存在していると思っていたが、

 

それらの奥に、共通の何かが在るような気配…。

 

椅子や田中さんが存在しているように見せている

 

言葉では説明できない〝何か〟の感触…。

 

 

その存在の気配に気づく(観る/智る)ことによって、

 

それが聖霊の気配であり、神が在る気配であり、

 

本当の自分の気配だった、という知覚できる。

 

 

本当の自己は、そこにあったのだ。

 

夏は暑くて楽しい

f:id:shusaku1:20200724163901j:plain

 

 

36.5℃の香港。とにかく、暑い!

 

今日も在宅勤務であったが、

 

チョイ姐が掃除に来るので、昼前に家を出た。

 

毎度おなじみ、家の前のカフェで昼食を取りつつ、

 

パソコンを開き、業務メールをチェックしたり、

 

会計事務所から来た財務諸表を確認しながら、

 

パソコンでできる仕事をこなしてゆく。

 

 

ここ、香港の渋谷と言われるコーズウェイベイは、

 

普段は、平日でも、ものすごい人出なのだが、

 

今日はみんな自宅勤務なのか、

 

スーツを着ている人は皆無で、人影もまばらだ。

 

このカフェでも、半分しか客を入れず、

 

四人で来た客は入店を断わられていた。

 

 

f:id:shusaku1:20200724163834j:plain

👆 タイムズスクエアの前。

  時刻は午後9時半

 

昨夜行きつけのマッサージ店からLINEが来た。

 

常連客だけを相手にこっそり営業しているという。

 

家から徒歩10分なので、即行で行った。(笑)

 

夜10時の街はゴーストタウンのようだった

 

店はシャッターを下ろし、タイムズスクエアには、

 

客待ちタクシーの長い列だけができていた。

 

 

香港は東京23区の2倍くらいしか面積がないので、

 

容易に人の移動をコントロールすることができる。

 

香港市民も、2週間外出を控えれば、感染者が減り

 

再び以前の生活に戻れることを知っているため、

 

政府云々ではなく、自分たちのために規則を守る。

 

f:id:shusaku1:20200724163820j:plain

👆 バーが建ち並ぶ通り(午後9時半撮影)

  ここを真っすぐ行った所が僕の家

 

 

明かりが消された行きつけのマッサージ店は、

 

〝コソコソやってます感〟満載だった。

 

呼び鈴を押せば、扉の隙間から店主が顔を出し、

 

さっ、と僕を店内に招き入れた。

 

店内は暗く、すぐに個室へと通された。

 

同業者にチクられたら一巻の終わりのはずだが、

 

それでも営業を続けねばならない心情も、

 

痛いほど理解できた。

 

 

マッサージが始まった。

 

僕はマッサージを瞑想と捉えていて、

 

身体(宇宙)の隅々を指圧されることによって、

 

細胞の隙間に溜まった〝想いの断片〟を、

 

浮き上がらせ、認識し、昇華させてゆく。

 

多分、ヴィパッサナー瞑想も同じように、

 

肉体の一つ一つの部位に溜まった想いを、

 

ダンマへ明け渡していっているのだろう。

 

f:id:shusaku1:20200724163928j:plain

 

マッサージが好きな人はご存じかと思うが、

 

マッサージが始まってほどなくすると、

 

過去に対する様々な想いが次々に浮かびあがり、

 

今、指圧されている部位の気持ちよさに、

 

ちっとも集中できなくなる。

 

意識が彷徨いだしたことに気づいて、

 

圧されている部位に再び集中しなおし、

 

全力でその指圧の感覚を味わってゆく。

 

そうすることで、

 

今、この瞬間に在ることができ、

 

沈殿物が舞い上がるように、湧き出た想いを、

 

聖霊兄貴が全て引き受けてくれる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

骨の髄まで、とか、細胞に染みついている、

 

とよく言われるが、

 

投影寸前の想いのエネルギーは肉体に溜まる。

 

 

マッサージは90分で6000円くらいだった。

 

それ以外に、

 

マッサージ師にチップを7000円渡した。

 

食料も買い込んだし、土日は1日中家で、

 

テキスト読んだり、映画を観て過ごすつもり。

 

 

愛でいられないなら死んだ方がマシ

f:id:shusaku1:20200723225438j:plain

 

今日も在宅勤務である。

 

AirPodsのイヤホンをワイシャツのポケットに入れ、

 

そのままうっかり洗濯してしまい、使えなくなった。

 

それで、夕方遅く、近くのAPPLEショップまで、

 

散歩がてら、新しいのを買いに行った。

 

新型のAirPods Proは、旧型よりノイズが入らず、

 

曲送りや音量調整もスムーズなんだって。

 

それに電話の時に自分の声も聞こえるので、

 

大声になって周囲のヒンシュクを買うこともない。

 

 

f:id:shusaku1:20200723234219j:plain

 

昨日の記事でも書いた通り、

 

ただ愛だけを放っていよう、

 

愛と慈しみを以って人や物に相(あい)対していこう

 

もう絶対に、愛でしか存在したくない、

 

眼前の兄弟を愛として見れないのだったら、

 

死んだ方がマシだ、くらいの強烈な思いが湧いてきて

 

それで今日も、その想いのまま、通りを歩いていた。

 

 

パン屋に残っているパサパサっぽいロールパン、

 

道端で扇風機を売ってるおじさん、

 

APPLEショップの親切な店員さん、

 

いつロックダウンになってもいいように、

 

スーパーで、

 

信じられない量の食料品を爆買いしている主婦、

 

愛を放つ眼差しを通して見ると、全てが愛おしい。

 

結局、人や物の中に愛を見ているのではなく、

 

おおもとは自分、自分の中に在る不変の愛の想いを

 

兄弟や物に投影して見ているんだ。

 

愛で存在していること、きっと、これが 

 

J兄貴と同じ眼差しを持つ、ということなんだ。

 

 

そして、愛の存在でいるとは、

 

神の気配に気づいている、ということでもある。

 

椅子が存在していることに気づいている、

 

近所の佐藤さんがあそこにいると気づいている、

 

しかし、本当は神の気配に気づいているんだ。

 

常にそこに流れている神の気配によって、

 

椅子や佐藤さんが存在しているように見えている。

 

なので、パソコンは無い、佐藤さんは存在しない、

 

というのではなく、本当は神の気配を、

 

物や人に感じて、その存在を見ていたことに気づく。

  

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

日本でも新型コロナ感染者が増加しているらしい。

 

 

東京都コロナ収束 👉 都職員が百合子を胴上げ

 

👉 そのときのパンチラを文春がスクープ

 

 

と、こんな日がいつか来るのだろうか。

 

おうち大好きな僕としては、

 

家から一歩も出ない日がまだまだ続く、

 

と思っただけでウキウキしてしまうが、

 

明日はチョイ姐が掃除と洗濯に来るので、

 

4時間ほど家を空けなければならない。

 

ロックダウン寸前の香港で、

 

いったいどこへ行けばいいんだ?