香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

冬ごもり

f:id:shusaku1:20210110001012j:plain

 

 

今日の香港は本当に寒かった。

 

昨夜は7℃まで気温が下がり、昼間でも、

 

11℃くらいまでしか気温が上がらなかった。

 

香港では暖房をつける習慣がないため、

 

ある意味、日本の冬より寒いと思う。

 

 

なので今日は家で〝冬眠〟をした。

 

食事も、昼はハンバーガーの出前を取り、

 

夜は、冷凍餃子とたまご焼きで済ませた。

 

 

奇跡講座を読み、アニーターの本を読み、

 

それから少し瞑想をしてから、小説を書いた。

 

スマホやテレビやネットはいじらなかった。

 

この文章もWORDで書いていて、

 

アップする時にだけ、ネットを立ち上げる。

 

悩まされていた皮膚も劇的に改善された。

 

 

f:id:shusaku1:20201226223406j:plain

 

 

暖かい静かな部屋で、特に何を考えるでもなく、

 

ぼーっ、と、自己の内面に入り込んで過ごした。

 

今、この瞬間、背後(内側)に在る神を味わう。

 

自分の本質が愛そのもので在ることを感じる。

 

昔の自分は、

 

本当は神であり愛である自己の本質の感覚を、

 

欠乏感から来る不安や恐怖として感じていた。

 

内側の欠乏感が追い付いてこないように、

 

静寂を避け、ひとりになることから逃げ、

 

出張で飛び回り、成果を出そうと頑張り、

 

自分よりも他者を愛そうとしては傷ついていた。

 

 

しかし、一昨年から続く、

 

香港での民主化デモやコロナ禍などで、

 

外部の活動が極端に制限される中、

 

内なる欠乏感を行動で補うことができなくなった。

 

そこで、もともと過激でスワット体質だった僕は、

 

今、この瞬間に在る神への抵抗を止め、

 

ガンガン自分の内側へ向かっていった。

 

結果、国慶節の〝飛び降り衝動〟をピークに、

 

ころっと、不安感が愛へと反転してしまった。

 

自分は一部であり、全体であった、

 

自分の本質は神と同じで、愛そのものだった。

 

無限の全体(実相世界)はもうここにあった、

 

ということが、形而上学的な思考的なものではく、

 

リアルな体験として起こった。

 

 

また、自分は無条件で、世界から赦され、

 

神から愛されている存在であり、

 

自分は無限の可能性であることも体感した。

 

 

👇 スワット隊長バリバリだった頃 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

個の僕としてはもう、

 

外側で達成したい何か、や、こうなりたい自分、

 

というようなものは無いが、今後もし、

 

この肉体を使って何かをやるとすれば、それは、

 

この無限の可能性から出たものになるはずだ。

 

 

とまあ、このように感傷に耽けりつつ過ごす、

 

寒い香港の夜である。

 

 

どうすれば論

f:id:shusaku1:20201220031644j:plain

 

 

去年の年末、皮膚が乾燥して痒くてたまらず、

 

医者に行った話を書いたが、

 

あれから一週間が経ったにもかかわらず、

 

処方された薬を塗っても一向によくならない。

 

シャワーの時に下腹を見れば、

 

皮膚表面に亀裂が入り、シワシワになっている。

 

そして、痒さも全然おさまらない。

 

 

はっ、と不安になった瞬間、ふっ、と、

 

原因を知って安心したい想いが湧き出してきた。

 

 

使っているボディソープーが悪いのでは?

 

静電気が発生する服を着ているから?

 

この家の床のタイルは湿気を吸収しやすく、

 

それで部屋が乾燥しすぎているのかも…?

 

そもそも、貰った薬が合っていないのでないか、

 

といった常識的なものから、

 

風の時代に入って急激な意識のシフトが起き、

 

DNAが波動の上昇についてゆけず、

 

肉体がオーバーヒートを起こしている、といった、

 

謎なトンデモネタまで、ジガ男由来の〝ふっ〟が、

 

もうわんさか出てくる。

 

 

そして、そんな想いと呼応するように、

 

自然成分だけを使った石鹸に変えるべきか、

 

加湿器を買った方がいいのか、

 

綿100%の服を探しにいかねば、

 

別の医師に診てもらった方がいいのかも、

 

といった〝どうすれば〟が出てきた。

 

 

神から離れている、と思った。

 

と同時に、

 

自分の神聖さを痛めつけているようにも感じた。

 

 

そもそも、どうして自動的に、

 

皮膚が乾燥して痒いことはよくないことで、

 

すぐに直さねばならないと思っているのだろう。

 

ひょっとすると、皮膚を乾燥させることで、

 

内臓のどこかを癒しているのかもしれないし、

 

毒素を浄化させているのかもしれない。

 

〝本当はどうか〟なんて誰にもわからない。

 

 

f:id:shusaku1:20210104231827j:plain

 

 

自分の本質は無限の全体(神)であり、

 

全てに赦され、愛そのものの存在であるので、

 

たとえ肉体がどんな状態であっても完璧である。

 

だったら、このままですでに癒されているはずだ。

 

 

そして、病気が治ったり、健康であることが、

 

赦されている証しではない、と気づいた。

 

 

皮膚が乾燥してひび割れたようになっていても、

 

痒くてお腹を掻きまくっていても、やっぱり僕は、

 

神の中で、神の愛に満たされている。

 

 

そして、神聖な自分を痛めつけてやろうと、

 

全力で襲いかかってくる否定的な想いに気づき、

 

もう、自分は絶対に神を責めないと決めた瞬間、

 

乾燥した皮膚や痒さが、

 

とても愛おしいものの〝顕われ〟に思えてきて、

 

ありのままを全て受け入れる、と決心した。

 

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

全ての患部に優しく薬を塗る。

 

これまでは、恐怖から薬を塗っていたが、

 

いまは、愛で〝敬う〟ように薬を塗っている。

 

 

それから急激な睡魔に襲われ、少し眠った。

 

目覚めてみると、あれ? 痒くない。

 

見れば、乾燥した皮膚がツヤっぽくなってる。

 

ああ、もう治るんだな、とわかった。

 

 

ただ、一つだけ、注意点があるとすれば、

 

「こういうふうにすれば病気は治るのね」

 

みたいな〝どうすれば論〟を述べたいのではなく

 

そもそも自分の本質は、無限の愛であり、

 

いつもそうだったことを知っている、

 

そして、

 

神を感じている、味わっていることが、

 

何よりも重要であることを言いたかった。

 

 

身体は自分の気づきに反応する。

 

このことを学んだ、とても貴重な一日であった。

 

 

☟ 更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp

歓天喜地

f:id:shusaku1:20201229230629j:plain

 

コロナ禍の影響で、

 

生活の速度が緩やかになっているからか、

 

今、この瞬間に顕われてくるものを、

 

よく見つめ、よく感じ、よく噛み締めながら、

 

慈しんで過ごすようになってきている。

 

 

例えば、

 

以前はテレビやスマホを見ながら、

 

さささ、と終わらせていた昼食や夕食も、

 

食べている間だけは電子機器類を全てオフにし、

 

食べ物をゆっくり味わうようにして食べている。

 

すると、とんかつの味、カレーの味、餃子の味、

 

など、それぞれの全く異なるその味わいの奥に、

 

ひとつの共通した同じ〝味わい〟が

 

流れていることに気づく。

 

それは、ケーキであろうが、漬物であろうが、

 

全く変わらない、幸せな愛の感覚だ。

 

 

また、マッサージを受ける時、

 

僕はマッサージ師とは一切会話をせず、

 

身体に感じる気持ちよさだけに集中する。

 

押しては返す指圧の振動の奥から、

 

〝愛してる〟というエクスタシーが湧いてくる。

 

 

最近では、同僚や、店員さんや、道行く人々、

 

果ては、自動車、ビル、映画、歌、洋服、など、

 

あらゆる人やモノや事がらの中に、

 

同じ〝法悦感〟を感じるようになった。

 

f:id:shusaku1:20201229230222j:plain

 

そうやって、

 

おいしい、とか、気持ちいい、とか、大好きーっ、

 

としか表現のしようがない〝神の意志〟を、

 

独りでじっくり感じ尽くしているうち、

 

ああ、この神の感覚は自分の内側で起きている、

 

すなわち、世界の中に神が在るのではなく、

 

自分の内側にすでに〝神〟はあったんだ、

 

という理解が起こった。

 

一なる神の思いを通して世界を見るから、

 

何を見ても、何を食べても、何をやっても、

 

神という一つの感じ方しかできなかったのだ。

 

f:id:shusaku1:20201220031515j:plain


 

スマホを閉じ、お喋りをやめ、ひとりに留まって、

 

おいしさを感じている、気持ちよさを感じている、

 

愛情を感じている、安らぎを感じている

 

という感覚の裏に流れている、同じひとつの、

 

なんだかすっごくいい感じ、にアクセスする。

 

それが、自分は神と同じ愛そのものだった、

 

と気づいていることになる。

 

 

また逆に、怒りを感じている、不安を感じている、

 

というネガティブと言われている感覚でさえ、

 

逃げずにようくようく感じてゆけば、その奥に、

 

〝神のオーガズム〟が潜んでいたことが分る。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そういう意味で、

 

今回のコロナ禍は僕を根底から変えてしまった。

 

以前のように、

 

出張出張で、あちこち飛び回っていたら、この、

 

〝神の歓びの想念〟に気付けなかっただろう。

 

なぜなら、

 

この微妙で繊細な〝神の感じ〟に気づくには

 

ひとり静かにしていることが必須条件だからだ。