香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

気づいているわたし

f:id:shusaku1:20210526170525j:plain

 

 

先週の金曜に、銀行のトークンや会社の印鑑、

 

登記簿などをEMSで日本本社へ送付し、

 

一応この会社での全ての業務を完了した。

 

なので、今週はもう出社する必要はなく、毎日、

 

ジムで自主トレをしたり、マッサージに行ったり、

 

カフェで小説を書いたり、瞑想をしたり、

 

買い物がてら街をぶらぶらして過ごしている。

 

 

今に気づきながら街を歩く。

 

G2000に夏のワイシャツが並んでいる。

 

今のワイシャツはもう2年くらい着ているので、

 

新しい会社には新しいワイシャツで、と、

 

何枚か選んで試着してみた。

 

以前はパンパンではち切れそうだった14インチが

 

今ではぶかぶかとなり、結局13インチを買った。

 

 

f:id:shusaku1:20210526170538j:plain

f:id:shusaku1:20210526170551j:plain


 

自分に気づきながら歩く。

 

家の近くに新しいカフェを見つけてランチをする。

 

こじんまりとしたカフェで、雰囲気も良く、

 

ランチもおいしかった。

 

今の自分に気づきながら神を思い切り味わった。

 

 

今この瞬間、

 

道ですれ違う人の奥に在る神に気づいている。

 

今この瞬間、

 

様々な想いを感じている自分に気づいている。

 

今この瞬間、

 

神が歓んでいる様に気づいている。

 

もうそれだけでOKであり、他には何も必要ない。

 

 

今ではほとんど皆無となってしまったが、

 

たとえ、誰かに攻撃されても、ウザっと思っても、

 

仕事でイライラとテンパっていても、

 

やっぱりそれも神の愛であり、

 

そこには歓びと愛おしさしかないのであった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

お金が欲しいと思うのも、結婚したいと思うのも、

 

事業に成功したいと思うのも、健康でありたいのも

 

また逆に、

 

拗ねたり、無視したり、攻撃したりするのも、

 

全てはこの〝神の歓びの感じ〟が欲しいからだ。

 

 

結局僕たちは、神しか欲しておらず、またそれは、

 

何もしなくても、すでにここに在る。

 

👇 久々に新しました

shusaku1.hatenadiary.jp

 

 

神を望む

f:id:shusaku1:20210523233804j:plain

 

 

昨日は、友人が高級ディナーに招待してくれた。

 

今回の僕の転職を祝って、グランドハイアットの

 

高級イタリア料理店を予約してくれたのだ。

 

ビクトリア湾と九龍半島が一望できるテーブルで

 

白ワインを飲みながらコース料理をいただく。

 

先日、大家さんと沖縄料理店で飲んだ時同様、

 

友人も僕の転職を心から喜んでくれた。

 

 

今、この瞬間に顕れている神に気づきながら、

 

今、この瞬間に顕れている豊かさに許可を出す。

 

 

夕闇に煙る香港のビル群、海を行く帆船、

 

美味しい料理にスマートな給仕、ピアノの生演奏、

 

最高の〝いま〟に感謝をしつつ、神を感じていた。

 

f:id:shusaku1:20210523233821j:plain

 

自分を全肯定できるようになってから、

 

様々な小さな願望が叶い始めた。

 

あと一年ほど香港にいたいなあ、と思えば、

 

ちょうど、自分にピッタリな仕事が見つかり、

 

でも今のアパートに住み続けるには給料が…、

 

と思えば、

 

家賃を払えるだけの給料を貰えるようになったり

 

台湾で小説を出版したいなあ、と思ったら、

 

居酒屋で隣にいた人が出版社の人だった、

 

という感じで、思ったことが次々と、

 

現実のスクリーンへ映し出されるようになった。

 

最近では、たぶん、これ、叶うだろうなあ、という、

 

根拠のない自信のようなものまで出てくる始末だ。

 

 

そうやって、こうなったらいいなあ、と、なんとなく

 

心で受け入れた小さな願望が現実になる、

 

という経験を重ねるにつれ、次第に、

 

願いが叶うコツのようなものがわかってきた。

 

 

僕の場合、給料これくらいほしいなあ、と、

 

なんとなく思いながらぼーっとしていると、突然、

 

みぞおちの辺りにウキっとするような感覚が走り

 

その感覚を感じたら、はい、この願いは完了っ、

 

という感じで納得し、安心してあとは忘れてしまう。

 

僕の場合、願いが叶った時の状況をイメージして、

 

その時の感覚を感じて、みたいなのは一切ない。

 

ただなんとなく、こうだったらいいなあ、と想像して

 

みぞおちがウキっ、となるためだけにやっていて、

 

神の感じを感じることでもう完了している。

 

叶おうが叶うまいが、そんなのどうでもいいのだ。

 

 

これって、オナニーと同じだ、と書いてて思った。

 

色んなことを想像しながらマスタベーションするが

 

それはオーガズムへ至るための行為であり、

 

高みに達したらはい完了、別に、想像したことが

 

現実になりますように、とは思わない。

 

f:id:shusaku1:20210523233836j:plain

 

 

僕の体験から言えるのは、望みを叶えたければ、

 

歌手になってステージに立っている、とか、

 

すごいお金持ちの恋人ゲット、というような、

 

いきなり、ど真ん中の大きな望みではなく、

 

お気に入りの行きつけの店を見つけたいなあ、

 

自分が満足できる髪型にしたいなあ、

 

こんな感じの仕事の助っ人がほしいなあ、

 

といった、小さな望みから始めたほうがいい。

 

そうやって、自分なりの、望みが意識に渡った

 

際に感じる感覚のコツをつかんでゆくのだ。

 

 

というわけで、今日は赦しとは全く関係のない、

 

バリバリ引き寄せ談議であった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

真の教師(2016年アーカイブ)

f:id:shusaku1:20210512175536j:plain

 

過去の下書き大放出第二弾、である。

 

今回は、2016年当時の記事である。

 

もう、誰の事なのかは思い出せないのだが、

 

多分、誰か特定のスピ教師に反感を抱き、

 

こういう記事を書いたように見て取れる。

 

本当に、当時の事を全く覚えていないが、

 

その時代の自分を尊重し、

 

修正なしの原文ママで掲載することにした。

 

 

では、どうぞ!

 

 

f:id:shusaku1:20210512182529j:plain

 

 

 

この世界は、はなから始まってもなく、神だけが実存で、

 

常に神の中で歓んでいるから、と言って、

 

夢の世界の常識を無視してよい、というわけではない。

 

迷惑を顧みず、これは違う、と、突然仕事を辞めたり、

 

これは自我だから、と、社会的責任を果たさなかったり、

 

それは実存しない、という名目のもと、社会を避けたり、

 

といった行為は、逆に世界を実在させていると言える。

 

 

要するに、たとえ、悟ろうが、神の教師であろうが、

 

夢の世界にいる間は普通にしましょう、ということである。

 

人とは普通に会話をし、税金は普通に払い、

 

普通に働いて、稼いだお金で日々生活をする。

 

コースを教えることだけで食べて行きたいのであれば、

 

自分でマネージメントして発信すればいいだけであり、

 

コミュニティを運営したり、信奉者を傍に置く必要はない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

真の教師であれば、

 

導こう、としているその小さな判断に気づき、赦すだろう。

 

導けるのは聖霊だけであって、教師自身ではない。

 

純粋にコースを生きていきたい、という思いから、

 

それは違う、という解釈で兄弟を不安な思いにさせたり、

 

様々な要求をコース兄弟に求めることは自我である。

 

誰かの犠牲や負担の上に実現するコミュニティなど、

 

〝真の〟神の教師には、あり得ないことだ。

 

それでも、誰かの行為に甘え、お世話になったのなら、

 

その人に対して〝普通に〟気遣いをするべきだし、

 

心からの敬意と感謝を行動や言葉で表現すべきである。

 

だって、いくら優れた悟っているマスターだと言ったって、

 

まだ、肉体を持ち、この世間で生活しているのだから…。

 

要するに、普通の人と同じなのだ。

 

 

自我はどこまでも利用する。

 

それがコースであっても、何であっても、だ。