香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

アートとしての苦しみ

f:id:shusaku1:20211004005147j:plain

 

 

長期休暇に入る部下との引継ぎが続いている。

 

引継ぎをして分かったのが、

 

本当に彼女の仕事は多岐にわたっており、

 

長年多くの仕事を抱えて頑張ってきたのだな、

 

という事実だった。

 

19歳でこの会社に入り、勤続23年になる彼女は

 

4年前に新システムが導入されるまでは、

 

手入力で財務諸表を作成していたため、

 

毎日夜11時まで残業する日々を送ってきた。

 

もともと内向的な性格だったこともあり、

 

これまで転職もせず、独身のままここまで来た。

 

香港では転職しない人は、

 

キャリアアップできるだけの能力がない、

 

とみなされるため、給料も上がらないのだ。

 

僕も、実際引き継ぎをするまでは、

 

愚痴の多い人だなあ、位にしか思ってなかった。

 

しかしいま、命にかかわる病気になり、

 

来週手術を終えた後も、抗がん剤治療や、

 

電気療法などを続けねばならないというのに、

 

きちんと引き継ぎをする彼女の様子から、

 

ここが私居場所だ、という覚悟が窺え、

 

心から僕は、彼女に敬服の念を抱いた。

 

(彼女の病気は僕と総経理以外知らない)

 

 

僕は基本,残業をしないのだが、

 

この緊急事態に、そうも言ってはおられず、

 

今週は連日8時過ぎまでの残業が続いている。

 

 

夜のオフィスで、いろいろ個人的な話をしながら、

 

二人きりで引継ぎを行なう。

 

彼女は70代の父母との3人暮らしで、

 

今回の手術代とその後の治療費を含めると、

 

総額の医療費はなんと600万円に上るという。

 

香港には政府による健康保険制度がなく、

 

自身で保険に入らねばならないのだが、

 

彼女は医療保険に加入していなかった。

 

結局、兄弟や親戚に借金をしたり、

 

クレジットカードのリボ払いで乗り切るらしい。

 

 

こんな状況で、僕は会社を辞められるのか。

 

「無責任すぎる、何を考えているんだ」

 

と、非難されることを恐れている自分がいる。

 

しかし、ずるずる何カ月もここに留まりたくない。

 

ふと、バシャールが言う、乗り換え不能になる、

 

とはこういうことなのか、と思ったりもする。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

この瞬間に顕われる神に抵抗せず、

 

このままの流れをただ認め、許容する。

 

 

しかし、最後に決断して行動するのは自分だ、

 

ということは忘れずにいる。

 

 

決めたこの道まっしぐら

f:id:shusaku1:20211006003118j:plain

f:id:shusaku1:20211006003559j:plain

👆 前のソファには〝彼〟(兄貴)が…

 

 

今日は午後から半日の休暇を取り、

 

歯の治療をして貰いにセントラルまで行ってきた。

 

常に痛いわけではないのだが、時々左の奥歯が

 

何にもしていないのにズッキーンと痛くなるのだ。

 

歯科医は毎度おなじみのリリー先生である。

 

もう25年、リリー先生に歯を診てもらっているが

 

主治医のホー医師同様、リリー先生も高齢なため

 

いつまで現役で診ていただけるか分からない。

 

また、僕もいつまで香港にいるか分からない。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003456j:plain

 

 

歯の治療を終え、セントラルの街を散策する。

 

この日は雲一つない爽やかな秋晴れで、

 

風には秋の気配が感じられた。

 

香港のウォール街、と呼ばれるセントラル地区は

 

金融の中心街でもあり、スーツ姿の人が目立つ。

 

そして、みんなどこかせわしげだ。

 

しかし、優しい陽射しの中、

 

僕の心は穏やかな平安と至福感に満ちていた。

 

これまでは、慌ただしい仕事や生活の中で、

 

ほんのわずかな時間、ご褒美のように、

 

豊かな時間を過ごすのが常だったが、

 

100%24時間、本当(背後)の自分で在りたい、

 

これ以上、

 

居たくない場所で、やりたくないことをしながら

 

人生の大半を費やしたくない、と単純に思った。

 

それを自分に許す時が今来ている、と思えば、

 

すっごくワクワクした気持ちになった。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003126j:plain



 

前回行った、セントラルマーケットを覗いてみた。

 

館内には平日のゆったりした時間が流れていた。

 

白ワインを注文し、ソファー席でアニータ三昧。

 

(今朝なぜかアニータの本を鞄に入れたくなった)

 

 

今に開いて抵抗せずそのままの流れを許容する

 

という言葉を見た瞬間すっごく心が拡大した。

 

自分の中に〝愛と大好き〟の想いが満ちてくる。

 

 

本当は、長期療養する部下の引継ぎで、

 

それどころではないはずなのに、

 

今この瞬間にただ開いて存在していると、

 

今見えている世界以外が消滅してしまう。

 

今後は、

 

この穏やかな優しい世界で生きてゆくのだと、

 

僕は力強く け・つ・だ・ん した。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

抵抗した状態で赦せるはずなどなかったのだ。

 

自分の内面が愛で癒され始めた今、

 

ようやく世界を赦す準備が整った。

 

ワインを飲み終え、帰宅の途についた。

 

世界が優しく穏やかに感じられる。

 

神の気配が、そこここに見えていた。

離婚の世界

f:id:shusaku1:20211004005119j:plain

 

 

僕の香港人の友人(50代/男性/結婚20年)が

 

今、奥さんから離婚を突きつけられ悩んでいる。

 

子供はなく、彼も離婚には同意しているのだが、

 

家を売った取り分など、財産分与で奥さんが、

 

かなり強気に出ているらしい。

 

この友人、自分さえ我慢すれば、という性格で、

 

自己主張というものが全くできないタイプ。

 

それで、

 

ほとんど無一文で放り出されそうな感じなのだ。

 

まあ、夫婦の問題なのでとやかくは言えないが、

 

友人を見ていて思うのは、

 

ケンカをするくらいなら、攻撃された方がマシ、

 

と言いながらも、心中穏やかではない点だ。

 

力強い覚悟からではなく、恐怖や面倒くささから、

 

自分さえ我慢すれば、と思っているので、

 

どうしても、心に怒りが蓄積されて行ってしまう。

 

腹にうんこを溜め込んで出さないでいるので、

 

常に〝心の便秘〟状態になっている。

 

かれこれ50数年ウンコしてません、みたいな…。

 

それで友人に訊いてみたら、やはり便秘がひどく

 

便秘が続くと頭痛までしてくる、というのだ。(爆)

 

男が便秘なんて、ほんと、ウケるわ。

 

 

f:id:shusaku1:20211004005130j:plain

 

 

何を言いたかったのかというと、

 

いつも人の要求を受け入れ、我慢している人は、

 

来世の相手を攻撃している、ということである。

 

 

もうここからは、

 

マユツバなトンデモ話として聞いてほしいのだが

 

〝彼〟によれば、今世で一番憎んでいる者に、

 

来世の自分は生まれ変わるのだという。

 

それで行けば、この友人の奥さんは、

 

今世で最も憎んでいる相手、つまり、

 

相手の要求を全て受け入れ、我慢する旦那

 

として生まれ変わることになる。

 

 

しかし、ここで今世の友人が、

 

自分はこうしたいんだ、財産はこう分けたい、

 

と毅然たる態度でイーブンで終わらせられたなら

 

来世の彼の奥さんは、きちんとイーブンで

 

終わらせられる友人を生きることができる。

 

つまり、誰かから憎まれる状況が発生した時、

 

今世の自分がどう行動するかで、

 

相手の来世のパターンが決まるというのだ。

 

逆に、奥さんの側から見れば、

 

来世にやることになる自分が、

 

憎い相手(今の旦那)の振りをして、

 

今の自分に逢いに来ている、とも言える。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

だから、自分が今世で最も憎んでいる相手を、

 

完全に赦せたなら、

 

憎む人がいなくなる=来世にやる役が無くなる

 

となって、父が待つ天国へ帰還することになる。

 

これが赦しの〝実践的〟カリキュラムである。

 

 

それでいくと、

 

目の前の嫌な相手は次にやる自分であり、

 

今の自分は、前世の自分が最も憎んだ誰か、

 

ということになる。

 

であれば、結局、赦すのは全て自分だ。

 

 

便秘のひどいそこのあなた、

 

ガマンしないでドバーっ、と行きましょう。(笑)