香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

再見香港!

 

 

今日は朝9時に起床し、PCR検査を受けに、

 

アドベンティスト病院まで行ってきた。

 

医師の問診を受け、唾液を採取された。

 

結果が出るまで3~4時間かかるというので、

 

一旦家、ではなく、ホテルへ戻った。

 

 




それで、外を見ればとっても良い天気だったので、

 

競馬場へ走り納めに行くことにした。

 

短パン一丁でトラックを走った。焦げた…。

 

そして、そんなことなどしなくてもいいのに、

 

それから芝生の上に寝転がり、日光浴までした。

 

ホテルに戻って鏡を見ると全身真っ黒!

 

「なんでそんな真っ黒になったんや!

 

 せっかく色の白い子に産んだったのに…」

 

という母の声が聞こえてきそうである。

 

 

 

 

病院からPCR検査の結果がメールされてきた。

 

緊張の一瞬。恐る恐る開けてみる。陰性だった。

 

ああ、よかったあ、これで日本へ帰れるうーっ!

 

それから再度病院へ赴き、医師のサインのある

 

陰性証明書をもらってフィニッシュ。

 

三回目のワクチン接種証明書もあるので、

 

これで日本では隔離なしで自由の身になれる。

 

それでも、

 

高齢の母親がいる実家へ直接戻るのは避け、

 

まずは梅田のホテルに三泊することにした。

 

まあ、久しぶりの梅田を満喫したい、というのも、

 

ちょっと(ホントにちょとだけ)あるにはある。

 

(おーいっ、ちゃんと自主隔離せんかい!by兄貴)

 

 

 

 

しかし、ここ数日、全てが順調だった訳ではない。

 

ぎりぎりまで引き取り手のない家具があったり、

 

ここ数日少し疲れが出て熱っぽかったので、

 

PCR検査陽性だったらどうしよう問題があったり、

 

昨日大家さんからもらった敷金返金の

 

小切手の宛名が Hoshitani Shusaku ではなく

 

Shusaku Hoshitani になっていたので、

 

ちゃんと小切手が落ちるかヒヤヒヤ問題があった。

 

 

どうしよう、や、ヒヤヒヤを何とかしよう、ではなく

 

どうしよう、や、ヒヤヒヤのまま完璧にケリがつき

 

それで赦され、跡形もなく消えていっている。

 

自分にとって都合の良い展開の時だけ大丈夫

 

ではなく、何があっても大丈夫、なのである。

 

わたしなど無く、じかに、見えているもの、

 

聞こえているものの在りようそのものしかない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、帰る帰る詐欺だと言われて数年、

 

ようやく29年間に及ぶ香港生活が幕を閉じる。

 

苦しかった事、悲しかった事、嬉しかった事、

 

本当にいろいろなことがあったが、

 

今この瞬間は、全てが赦され、

 

感謝と幸せに満たされている。

 

 

また、兄貴はやっと僕を日本へ戻すことができ、

 

ひと安心のようである。

 

正直、まだまだ名残惜しいところもあるが、

 

ひとつの時代をきちんと終わらせないと、

 

新たな次へ進めないことも分かっている。

 

 

最後に、

 

さよなら僕の香港!

 

ありがとう僕の香港!

 

 

終わりの三日

👆 怪しい香港の不動産会社社長M氏は、

  ワクチンを一度も打っていないので

  (DNAが組み替えられるのを恐れている)

  飲食店に入れず、道しか歩けないため、

  仕方なくホテルで家飲みする(笑)

 

 

日本のゴールデンウィークに当たる3日~5日は

 

全てを終わらせてゆく怒涛の3日間であった。

 

次々に家具や電化製品が引き取られてゆき、

 

(香港は狭いので向こうから取りに来てくれる)

 

夜は夜で、友人たちとの最後の会食が続き、

 

その合間を縫って、足の裏の角質取りに行ったり

 

コン親方のマッサージと垢すりを受けに行ったり、

 

トレーナーと筋トレをしたり、散髪に行ったりした。

 

コン親方は、今回が最後だということで、

 

時間を延長して念入りにマッサージをしてくれ、

 

トレーナーも、日本でも正しいトレができるよう、

 

筋トレのやり方総ざらえをしてくれた。

 

特に、香港の怪しい不動産屋社長M氏は、

 

家具や電気製品の処分を手伝ってくれたり、

 

ガスや電気のキャンセル手続きを請け負ってくれ

 

本当に本当に感謝である。

 

 

👆 日本へ持ってゆく引っ越し荷物はこれだけ

 

 

そして、5月5日の朝、ヤマト運輸の人が来て、

 

最後の荷物の運び出しをした。

 

この日は、普通の担当者ではなく、

 

引っ越しセクションのトップであるM女史が、

 

最後だということで、わざわざ来てくださり、

 

一緒に引っ越しに立ち会ってくださった。

 

彼女とは、香港内で引越しする度にお世話になり

 

香港に来た時期も同じで、色々話が合うのだ。

 

今回、僕が会社を辞め、引っ越し代が自腹なこと

 

を知ると、最大限の値引きをしてくださった。

 

👆 大家さんから送られた茶器

  レトロな箱が好き!

 

 

こうして部屋は空っぽとなり僕はホテルへ移った。

 

5日の夜、大家さんと部屋の明け渡しをした。

 

壊れた箇所はないか、水回りに問題はないか、

 

を確認し、最後にデポジットの小切手をもらう。

 

僕は大家さんに、29年間の香港生活の中で、

 

この部屋が一番好きだ、と伝えた。(これは本当)

 

最後に大家さんから、幸運を祈ります、と言って、

 

香港式の茶器をプレゼントされた。

 

 

👆 必死のパッチで腹筋頑張るボク

  容赦なしの鬼トレーナー天田氏
 

 

こうして、全てが最後となる三日間を過ごして、

 

最後なのはなにもこの三日間だけでなく、

 

毎瞬毎瞬が最後だったのだと気づいたのだ。

 

ほぼほぼ今日と同じ日が続く日常生活の中でも、

 

一瞬一瞬が最後であり、変わらないものはない。

 

見えているもの、聞こえているもの、

 

味わっているもの、感じているもの、

 

匂っているもの、といった首から上の活動は、

 

常に変化していて、少しも同じではない。

 

それはどんなに安定した人生を送っていても

 

同じで、留まることなく顕われ、消えてゆく。

 

しかし、こう書くとまた、

 

一瞬一瞬を最後だと思って過ごすんですね、

 

という〝考え〟を実践しようとしてしまうが、

 

そうではなく、実践する誰かなど存在せず、

 

目や耳や鼻や口や皮膚や脳もなくて、

 

ただ、赦され切った瞬間瞬間の表現そのものが

 

首から上で直接展開している。

 

 

👆 家具の引き取りに来たのは

  女性と老人の集団。大丈夫か?

 

 

というわけで、明日は帰国前のPCR検査である。

 

もし陽性だったら即隔離、帰国はオジャンとなる。

 

それでも大丈夫、どんなに考えで注意していても、

 

起こることは起こり、完璧に消えてゆく。

 

こう書くと、委ねるのだ、とか、受け入れるのだ、

 

という〝考え〟で納得しようとしてしまうのだが、

 

何が起こっても、完璧にカタがついていて、

 

赦され切っていて、すでに天国に触れている。

 

 

完璧に解放され、赦されきっている世界は、

 

分かろうとしたり、納得しようとしたり、しなくても、

 

すでにここに在り、慈愛と平安に満ちている。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こんなそんなで、怒涛の毎日のため、

 

インスタライブができずじまいでした。

 

スンマセン!

 

 

最後の香港

 

 

今日は朝から忙しかった。

 

先ず、PCのディスプレイの引き渡しのため、

 

朝10時にコーズウェイベイの地下鉄入口まで

 

27インチのディスプレイを手で持ち運んで行った。

 

買い手は日本人男性で7500円で購入頂いた。

 

それからチムサーチュイのジムで自主トレをし、

 

続いて、トレーナーとみっちり一時間筋トレをした。

 

今回はお尻と背中を重点的に鍛えた。

 

その後帰宅し、明日の洗濯機引き取りのために

 

洗濯機の排水プラグの取り外しをする。

 

そうこうしているうちに、

 

友人がやってきてプリンターを引き取ってゆき、

 

また、電子ポットを1500円で買って頂いた、

 

日本人男性とタイムズスクエアで待ち合わせ、

 

電子ポットを手に待ち合わせ場所へ赴く。

 

香港在住30年になる貿易会社経営の60歳、

 

と聞いて、それらしき人を探すが見当たらず、

 

声を掛けられたのは、髪を背中まで伸ばした、

 

山奥で自給自足生活してます系、の人だった。

 

深夜11時のタイムズスクエアのベンチに座り、

 

イケイケだったころの香港について語り合った。

 

 

前にも書いたのだが、僕はずっと管理一筋で、

 

お客やクライアントというものに接したことがなく、

 

サービスを提供してお金を頂いた経験がない。

 

しかし今回、

 

自分が大切にしていたものを売ることで、

 

様々な人と出会い対価を得るという経験を通して

 

なんかこういうのっていいなあ、と思った。

 

どんなサービスを提供するかはまだ未定だが、

 

小説にせよ、スピリチュアルなことにせよ、

 

また、その他のサービス的なものにせよ、今後は、

 

人との交流を主流にした何かをしたいな、と思う。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、

 

今日の夜、インスタライブをします。

 

正確には5月4日(水)になったばかりの深夜です。

 

フォロワーの方は後でアーカイブを見れるので、

 

リアル視聴しなくても全然大丈夫です。

 

ただし、アカウントは鍵アカになっているので、

 

フォローしてくださっている方しか視聴できません。

 

当日は:

 

  • 〝自分〟てどこにいるのか
  •  自分なんてないことを証明する
  • 〝起きていることしかない〟について
  •  赦され切っている事実について
  •  探求せずとも、今すぐに解放される

 

といった事について話したいと思っています。

 

文章では5%くらいしか伝えられないので、

 

香港にいるうちにライブをしておこうと思いました。

 

ただ、引っ越し作業で疲れていると、

 

しない可能性も〝大いに〟あります。