香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

感謝は至るところに…

👆 家から持っていくものはこれだけ

 

 

昨日は、部屋の明け渡しの日(入居日)だった。

 

元レクサスのディーラーだった担当者と一緒に、

 

リノベ後の部屋を改めて内覧する。

 

掃除も終わり、部屋はとても清潔に整えられていた。

 

家具家電付きと言うのは知っていたが、

 

新品の布団や枕も一式揃っていて、

 

ドライヤーや湯沸かしポットまでついていた。

 

聞けば、ここは本当に人気のマンションらしく、

 

セキュリティーや防音もしっかりしているので、

 

空きが出たら三日で借り手がついてしまうのだそう。

 

「この部屋でたくさんいいことがあればいいですね」

 

担当者の温かい言葉に、神の想いが込み上げてきた。

 

 

帰りに梅田LINKS内にあるニトリで、色々買い揃えた。

 

布団類はすでにあるので、シーツや掛け布団カバー、

 

夜、凭れて本を読む用のふわふわ枕を数個買った。

 

あとは、掃除用具やキッチン回りの水切り棚とか、

 

物干竿とかの生活用品をイッキ買いした。

 

全部で2万円行かなかった。やっぱりニトリは安い。

 

それに、一括で配送してくれるので本当に助かる。

 

これを別々の場所で買って持って帰ってたら、

 

すっごい労力を要するところだった。

 

 

ニトリを出て、部屋の合鍵を作ってもらいに行った。

 

すっごく特殊な鍵らしく、げっ、4000円もする。

 

それでもマスターキーだけでは危険なので、

 

仕方なく二本作ってもらった。

 

ニトリでイッキ買いして2万円弱なのに、なんで、

 

合鍵2本で8千円なんだようーっ。きいぃーっ!

 

 

👆 ざるそばを食べていると、スマホが鳴り…。

 

 

そして今日は、

 

台所用品を買いに、母と阪急百貨店へ行ってきた。

 

ホントはニトリで全部揃えるつもりだったのだが、

 

母が買ってくれるというので、甘えることにしたのだ。

 

フライパンや玉子焼き機や食器、洗剤類や調味料、

 

タオルやティッシュやトイレットペーパーなど、

 

細々した生活用品を5万円分くらい買ってもらった。

 

妹曰く、母は僕のことを、大学進学で、ひとり暮らしを

 

することになった息子みたいに思っているらしく、

 

それで、色々と世話を焼きたいらしい。

 

50代の大学生の息子…ちょっとウケる!(笑)

 

 

こうして、母とざるそばを食べているとスマホが鳴り、

 

出てみれば大阪ガスの人からだった。

 

「ガスの開栓に来たのですがお留守のようで…」

 

ヤ、ヤバいっ!

 

今日がガスの開栓の日だったことを忘れていた!

 

あわてて大阪ガスに電話をし、再予約をしようとしたら、

 

次の予約は9月27日になります、と言われた。

 

がーん!一週間以上ガス無しなんて、あり得ない。

 

もう一度、開栓に来てくれた人に電話をし、

 

今から行くので何とかもう一度来てもらえないか、

 

とお願いしたが、予約が一杯で無理だと言われた。

 

次に、不動産屋の担当者の彼に電話をしたが出ない。

 

ああ、万策尽きた、と、兄貴に渡して放心状態で、

 

そばをすすっていたら、大阪ガスから電話が入り、

 

明日一人空きが出たので、朝9時から12時の間に

 

お伺いできますとのこと。 ああ、助かったあー!

 

丁寧に何度もお礼を言って電話を切った。

 

 

👇 帝国ホテルでてっちゃん夫妻と…

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

今回の物件探しの旅では、

 

決めていた物件がドタキャンとなり、落ち込んでいたら

 

すぐに、その物件の隣の部屋に空きが出たり、

 

無職では審査が通らないとなった時も、

 

秘策が出てきて何とか審査を通過することができたり

 

今回のガス事件も、やばっ、というところで救われた。

 

様々な人達の心あるサービスで部屋を借りられたのだ。

 

そう思った瞬間、大きな感謝の気持ちが湧いてきた。

 

 

「いや、これくらいのこと、仕事なのでやってくれて当然」

 

と思う人も中にはいるかもしれない。

 

しかし、ガス会社の人も、電話を切ってハイ終わり、

 

でもよかったはずなのに、手配をしてくれたのだ。

 

そういう意味で、感謝はそこここにあふれてる。

 

タリーズで、店員さんが入れてくれたコーヒーにだって

 

感謝することができる。

 

そうすることで、

 

感謝からお金を払うことができるのだ。

 

 

 

ガン無視スルー

👆 ワインのおつまみは〝割れせん〟

  (ワイングラスも割ってしまった)

 

 

今見ている現実の映像は、過去の想いの結果であり、

 

故に、

 

気に食わない今の映像をどうにかしようとしても、

 

無駄な抵抗に過ぎない、と、以前書いたが、

 

真にその事実が明らかになりつつある。

 

 

未来への不安や、心配や、どうしよう、が出てきても、

 

両手を挙げてガン無視スルー、するしかない。

 

どういうことかと言うと、今自分が見ている映像は、

 

過去に飛ばした想い(フォトン)によって、

 

ごわごわごわっと素粒子が寄り集まって結合し、

 

映像化されたものなので、その映像を見て、

 

また同じ思いのフォトンを飛ばせば

 

再度、同じ映像が再生されるしかない。

 

 

まあ僕の場合、

 

今はあまり葛藤のない生活をしているので、

 

そのまま直にガン無視スルーが可能なわけだが、

 

仕事をしていたり、金銭問題を抱えている兄弟は、

 

ガン無視スルーせよと言われても非常に難しい。

 

仕事上のトラブルは絶対に解決せねばならないし、

 

時間は幻想だと言われても、支払期日はやってくる。

 

どんなにスルーしてもスルーできない現実があるのだ。

 

そう、僕たちは〝ガン無視スルーする〟(見過ごす)

 

という行為さえも〝自分で〟することができないのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

あらゆる抵抗を止め、ただ、じっと背後に開いて、

 

渡し続ける以外に手はない、と悟ること。

 

自分の身体、自分の世界、見えているもの、

 

ここがこうなってほしい、という願望も含め全部、

 

まるごと差し出して、全部処理してもらう。

 

自我から見た結果が最悪であっても、

 

潔く、腹をくくって受け入れる。(本当は最悪ではない)

 

「これをやったらこうなるんですね!

 

 絶対になるんですね!」

 

すらも捧げるのだ。

 

 

奇跡講座では、聖霊(兄貴)という自己の分身を置き、

 

そこへ全てを渡し、捧げる、という手法を取ることで、

 

様々な感情の処理を自分でしなくてよいようにしている。

 

 

現実の行動としては、

 

解決するトラブルがあるのなら、普通に処理をする。

 

相手に文句を言うなら言い、謝るなら謝る。

 

支払いが苦しいのであれば、普通に金の算段をする。

 

頭を下げて借りたり、モノを売ったりして急場をしのぐ。

 

これをスピの何かにあてはめ、相手に感謝、とか、

 

周波数を変えて…、とかやるから苦しくなるのだ。

 

捧げて何もしなければ周波数は自然に変わる。(爆)

 

 

そして、捧げて何もしないことで恐怖や不安を感じる、

 

というプロセスを経ることは、非常に大切である。

 

「流線型の時間なんて存在しないんです。

 

 過去の周波数の結果が今の映像、なんて幻想です」

 

と、スルーできていない自分をないがしろにして、

 

安易に究極の真理を当てはめてもダメである。

 

 

というわけで、おやすみなさい。

 

 

頑張れ!エドワード!

 

 

香港支社時代の同僚であったエドワードが、

 

香港を離れ、台湾へ移住したことをインスタで知った。

 

インスタではずっとやり取りをしていたのだが、

 

生まれ育った土地を離れ、新天地で新たな人生を

 

始めるのは容易なことではないだろう。

 

しかし、民主が消えた香港に居続けることはできない、

 

と、台湾で職を探し、移住する決心をしたのだった。

 

 

👆 コロナ前の最後の忘年会(2019年1月撮影)

 

この閉そく感をどう表現したらよいのか分からない。

 

日本の人にはたぶん理解できないと思う。

 

仕事もあり、モノもあり、日常生活はいつも通りで、

 

買いたいものは買えるし、外国にも自由に行ける。

 

しかし、この何とも言いようのない息苦しさ、

 

微妙に空気読んでる感、上目遣いな感じ、

 

判りやすく言えば、岸田総理が、

 

明日から私の悪口を言ったら逮捕します、と言っても、

 

誰も何も言わない、でも、内心モヤモヤ、みたいな…。

 

 

今回のエドワードの行動を目の当たりにすると、

 

僕も早く台湾で暮らしたい、と、とてもワクワクする。

 

台湾には、55歳以上の日本人に発給される

 

〝シルバービザ〟(じじばばビザ👈きいぃーっ!)

 

という移民用ビザがあり、これを利用しよう(くうーっ!)

 

エドワード、来年は台北で夜通し飲み明かそうぜ!

 

 

👇 懐かしいエドワードとのあれこれ

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、

 

引っ越し先の部屋の引き渡しがとうとう明日となった。

 

引っ越し後は、徹底して内側へ集中して過ごすつもり。

 

小説創作、ジム、台湾語、日本語教師のクラスは、

 

まだお金は払っていないが、多分やると思う。

 

友人から、決まった日に通う場所があったほうが、

 

精神衛生上絶対にいい、とアドバイスされたのだ。

 

 

とまあ、そんなこんなで、引っ越し頑張る!