香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自己肯定感とコース

👆 名古屋でとんテキ

 

 

前回からの続きで、自己肯定感の話である。

 

昔、どんな手を使ってでも自分責めをやめろ、と、

 

散々このブログでも書いてきたが、その理由は、

 

自分責めをしていると、自己肯定感が損なわれ、

 

結果、神に開くことができなくなるからだ。

 

例えば、パワハラクソ野郎上司が会社にいたとして、

 

相手は、はやく俺と真っ向勝負して決着をつけろよ、と

 

名演技で、嫌な役を熱演しながら、

 

愛を放ってくれているのに、

 

自己肯定感が低いと、自分のほうが悪いんだ、とか、

 

怖くて何も言えない、とか、これがコース兄弟になると

 

ただ聖霊に委ねるだけだ、という〝方便〟を使って、

 

自分が信じて見ている映像から逃げてしまう。

 

自分が信じて造っているのに…、である。

 

要するに、自己肯定感が低いと、

 

赦しの実践が全くできず、神にたどりつけないのだ。

 

 



 

また、自己肯定感が低いまま、コミュニティに参加して

 

コースの赦しにどっぷり入っていってしまうと、

 

罪悪感や無価値感、自己嫌悪といった〝闇〟が、

 

どわーっと噴出してきてしまって、不安や恐怖で、

 

心身ともに傷つき、へとへとになってしまったりする。

 

なぜなら、普段から自分バシバシバッシングな人が、

 

自己の中の罪悪感を直視してしまうと、

 

それを赦せない自分を余計に責めてしまうからだ。

 

 

なので

 

〝信じない、同意しない、採用しない〟

 

〝離れてない。起こってない。だから罪はない〟

 

〝自分はいない。他者もいない。だから世界はない〟

 

を、本当の意味で実践できるようになるのは、

 

ある程度、自己が癒された後の話だと思うのだ。

 

 

👆 栄町の〝ザ・女子大〟

 

なので、先ずは、小さなことから自分を癒してゆく。

 

仕事帰りに好きなカフェでまったりお茶してみたり、

 

部屋に花を飾ってみたり、マッサージへ行ってみたり、

 

逆に、思い切り「大嫌いっ!」と叫んでみたり、

 

後は、今日も会社へ行けた、髪の調子がいい、

 

究極は、ちゃんと歯を磨けた、というようなことまで、

 

時間をかけて、

 

自分を〝ほめて〟(認めて)やることから始めてみる。

 

いや、それでも不安感や恐怖が出てくるんです、

 

というかもしれないが、ずっとではないはずだ。

 

今この瞬間の映像に集中してみれば、

 

ただ机があり、椅子があり、何も起こっていない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

いや、でも自分は直接〝神〟へ向かいたい、

 

自分を肯定するなんて、引き寄せレベルの話で、

 

これはコースではない、

 

これでは、個の自分を実在だと認めることになる、

 

と言う兄弟もいると思うが、急がば回れ、である。

 

ていうか、まだそこまで至っていない。

 

ちょっと考えればわかると思うのだが、

 

自分を否定しながら、神を肯定するなんて無理だし、

 

屁理屈を言っている時点で個の自分を認めている。

 

 

というわけで、また眠くなってきたので、

 

続きは明日…。

 

 

闇出し

 

 

コース兄弟が、デイヴィッドのコミュニティーや、

 

ワプニックの勉強会に参加してコースを学び始めると、

 

まず最初に直面するのが〝闇出し〟の脅威である。

 

自分が密かに信じてきた罪悪感や、無価値感などが、

 

赦しの実践を通じて表面に浮上してきてしまい、

 

それが、ビッグバンを起こして分離した瞬間の、

 

ものすごい恐怖、不安感、絶望感を思い出させ、

 

果ては、肉体的症状となって顕れてきたりする。

 

それで、コースをやめてしまう人も多い。

 

 

僕の場合、学び始めて間もなく、ハートが開いて、

 

先に神のエクスタシーを智ってしまったことで、

 

罪なんて本当に無かった、という真理が入ったお蔭で

 

総体的には安定して進んできた感がある。

 

なので、出てきた罪悪感をひとつひとつ直視しながら、

 

七転八倒の想いで聖霊に捧げている兄弟たちを見て

 

本当は自分にも何か深い闇がかくされているのに、

 

隠蔽して見ない振りをしているだけなのではないかと、

 

必死で自分の中の闇を探そうとしていた時期もあった。

 

でも今は、そうではない、とはっきり断言できる。

 

要は、自己肯定感の問題だった、とわかったのだ。

 

 

 

 

いま、アタッチメントスタイルという考え方が、

 

Tik Tok を中心に世界で話題になっている。

 

これは、

 

人間関係においてどのように安心感を得ているか、

 

を見る尺度で、回避型、不安型、安定型、に分かれる。

 

回避型は自分のことを隠して相手と距離を置こうとし、

 

不安型は、人間関係にとても敏感で、

 

相手にどう思われるかが常に気になっている。

 

そして安定型は、人と関わることが比較的容易で、

 

結びつきを心地よく感じる傾向があるという。

 

例えば、パートナーが暗い顔をしていたら、

 

回避型の人は、関わらないようにしようと考え、

 

不安型の人は自分のせいで暗い顔をしていると考える。

 

見えている映像はひとつなのに、

 

それぞれの考え方のクセによって、

 

安心したり、不安になったりしてしまう。

 

なので、それは思い込みだ、と理解することで、

 

自己肯定感を高めていこうというのが、

 

アタッチメントスタイルの狙いなのだという。

 

 

👇 あまり深く考えず、全体的に見てこっちかなあ、

   と直感的にやっていくとかなり正確に出てくる

attachmentstyletest.web.fc2.com

 

 

 

診断テストがあったのでやってみたら、

 

僕はもう、ダントツの〝安定型〟だった。

 

要するに、自己肯定感が非常に高かったのだ。

 

もちろん僕も、

 

人から嫌われたり、罵られたりしたことはあるが、

 

それでも底辺には〝自分は好かれている〟という

 

根拠のない想いが流れており、さほど気にならないし

 

人から否定されても、自分はダメだ、とも思わない。

 

 

そしてこれは、神を肯定しやすい性格、だともいえる。

 

自己を肯定できるからこそ、神も肯定できるのだ。

 

だから何はともあれ、

 

自己肯定感を高めることは大切だ。

 

というわけで、今日は眠くなってきたので、

 

明日へつづく…。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

何から何まで間違っていた

👆 専門学校の生徒たち

   今学期は男子生徒が多い

 

 

みなさん、このGWはどのように過ごされただろうか。

 

僕はもう、家でずっと〝お籠り〟を決め込んでいた。

 

今年のGWは天気も良かったせいか、街の至る所が、

 

人、人、人、であふれかえっているようだったので、

 

行きたい所は平日に行けばいいか、ということで、

 

ここぞとばかり、買い物以外、どこへも出かけず、

 

まったりと、おうち時間を楽しむことにしたのだ。

 

とはいっても、べつに家で何をするわけでもなく、

 

ネットで昔の映画やドラマを見たり、小説を書いたり、

 

後は、ワインを飲みながら、食ちゃ寝、食ちゃ寝、で、

 

うだうだうだうだ、ぼーっと天井を見つめて過ごした。

 

 

家でじっとしていると、内的な動きが激しくなるようで、

 

脈絡のない記憶が次々と浮かんできては、

 

それに伴い、様々な感情が湧き上がってきた。

 

小さい頃に親から言われたひと言に、ムッカーときたり、

 

もう二度と会えない人のことを思って悲しくなったり、

 

来週の授業のことを考えてイライラしたり、

 

お金のこととか色々考えて不安感に襲われたり、と、

 

記憶と結びついた感情が次々と現れては消えてゆく。

 

 

〝信じない、同意しない、採用しない〟

 

この考え方、感じ方、全部ウソで、全部間違っている。

 

 

〝離れてない。起こってない。だから罪はない〟

 

自分は天国から離れておらず、罪など犯せていない。

 

 

〝自分はいない。他者もいない。だから世界はない〟

 

世界は妄映で、自分も他者もただのVRキャラだ。

 

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こうやって、ただ出てくる思いを見送っていると、

 

本当に自分は正気ではないことが曝かれてゆく。

 

今はお昼の2時です、私は日本人で男です、

 

明日、電気代の支払いをしようと思っています、

 

といった、そんな常識レベルのことからして、

 

100%、完璧に、すべてが間違っている。

 

自分が思っていること、やっていること、

 

信じていることが全部間違っていた、と完全に認め、

 

抵抗せずに兄貴に開いて全てを放出していると、

 

やがて、世界が消え、他者が消え、自分が消える。

 

そのとき、本当に何も起こってなかったんだ、

 

という安堵の想いと共に、故郷へ戻ってゆくのだ。

 

 

存在するように見えているこの世界では、

 

これからも、あたかも本当のように、

 

様々な妄映を僕たちに見せてくるだろう。

 

でももう、完全に信じない。

 

その時々のそのままを受け入れ、

 

ウソで、間違っていて、デタラメな

 

思い込みのひとつひとつを、兄貴に返してゆく。