香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

閉店ガラガラ家じまい

 

 

先日、叔母が老人ホームに入った記事を書いたが、

 

その叔母が住んでいた市営住宅の家を引き払うため

 

先週、母と妹で、荷物の片づけに行ってきた。

 

片づけると言っても、何かをするわけでもなく、

 

叔母の家に残っているものをまるごと全部、

 

不用品回収業者に持って行ってもらうだけだった。

 

 

👆 これだけ回収してもらって3万4千円

 

叔母がホームに入る時にだいぶ捨てたにも関わらず

 

電化製品や家具をはじめ、お琴、三味線、紙類など、

 

アッという間に、2トントラックがいっぱいになった。

 

回収業者は、

 

格安便利屋サイト〝くらしのマーケット〟で選んだ。

 

このサイトは、格安引っ越し、エアコン清掃、

 

害虫駆除、庭木の剪定、ゴミ屋敷清掃、着付け、など

 

ありとあらゆるサービスを格安で提供していて、

 

登録業者さんはみな、ひとり親方、個人事業主だ。

 

今回は、5つ星評価の業者さんにお願いし、

 

エアコンの取り外しと回収後の清掃も含め、

 

料金は3万4千円だった。

 

あまりに安いので、なんだか気の毒になり、

 

お昼代として、別に5千円包んで渡した。

 

 

👆 この部屋の家賃はなんと8200円!

    しかも、駅まで徒歩7分

 

 

業者の人曰く、ゴミ屋敷の回収が最近増えていて、

 

依頼主の7割が看護師か、ホステスの女性だという。

 

朝にゴミを捨てることができず、放置するうちに、

 

精神を病み、やがて部屋のゴミが限界にきて、

 

引っ越しを余儀なくされ、

 

回収を依頼してくるケースが多いらしい。

 

 

 

 

片づけていた時、押し入れから段ボールが出てきた。

 

中には、古いアルバムが20冊くらい詰まっていた。

 

叔母の若い頃の写真で、戦前の写真もある。

 

全てのアルバムを残すことは不可能なので、

 

外の公園で母と二人、中を見ながら仕分けをした。

 

少々気は引けたが、叔母の中学の卒業アルバムと、

 

戦前に撮ったアルバムのみを残して、処分をした。

 

(処分に当たり、一応叔母の許可はもらった)

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そのとき、おじいちゃんの写真が出てきた。

 

なかなかのイケメンである。

 

おじいちゃんは腕のいいかつら職人だったらしく、

 

当時〝はげかくし〟と呼ばれたウィッグのほか、

 

時代劇に使われるかつらを作っていて、

 

その関係で、映画にも出ていたのだという。

 

そんな話をしていたとき、先日おじいちゃんの遺髪が、

 

お墓から出てきたことを思い出し、片づけ終了後、

 

その遺髪を確認しに、みんなで納骨堂へ向かった。

 

 

おじいちゃんの遺髪は、寺で保管されていた。

 

髪の毛の束が丸まってごっそり残っていた。

 

それを布にくるんで、納骨堂へ納め、そのあと、

 

お坊さんがお経をあげて供養してくださった。

 

 

これでようやく、家の始末も終わり、

 

静かに〝何もしない夏休み〟が迎えられそうである。

 

 

時短でいこう!

👆 冷凍庫で冷やしたラムをロックで飲むのが好き

 

 

〝天国へ帰るためにあなたは何もする必要がない〟

 

という言葉を、コース兄弟なら、

 

一度や二度は聞いたことがあるだろう。

 

しかし、何もする必要がないのであれば、

 

デイビッドのエクスプレスセッションも、

 

ワプニックの勉強会も、ワークブックの実践も、

 

奇跡講座のテキストすら必要ないはずである。

 

何もせず、聖霊の導きにただ従う、と言ったって、

 

導きに従う、という行為を〝やって〟いる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そのままで何もする必要なんてない。

 

真実だ。

 

そうなのだ、奇跡講座がなくても夢は終わるのだ。

 

なのに、どうして奇跡講座を学びながら、

 

赦しだあ、今この瞬間だあ、献身だあ(笑)、

 

と、なんじゃかんじゃやっているのかと言うと、

 

そこには〝時間の短縮〟があるからだ。

 

職場のオフィスの隣のデスクに座っている人だって、

 

何もしなくてもいつかは故郷へ帰還する。

 

ただその〝いつか〟は永遠に近い時間を意味する。

 

そして、それらの時間を短縮するための手段として、

 

〝赦し〟がある。

 

なのでもし、時間の短縮の認識なしに、

 

夢の現実に起こってくる様々な問題に対して、

 

「わたしはすでに神から愛されているので大丈夫」

 

「何が起こっても、私は何もする必要はありません」

 

とやっているのなら、それは言い聞かせでしかない。

 

そして、もし、時間の短縮を真に望むのであれば、

 

そこのところの〝すりかえ〟をしていないかを、

 

ようく見ていく必要があると思うのだ。

 

 

まあ確かに、世界は夢で、私は何もする必要がない、

 

という言葉を聴けば、すっごく救われた気分になり、

 

意識が広がってゆくような、安心した気持ちになる。

 

しかし、それは〝体験〟ではない。

 

何て言えばいいか、体験からくる何もしない、は、

 

毎日、なんやかんや、いろんなことをしていながら、

 

それを〝やっている〟と智覚されていない、というか、

 

怒っていても、笑っていても、やはり何もしていない。

 

 

いい例が思い浮かばなくて、ごめんちゃい、なのだが、

 

トイレへ行くのとか、歯を磨いたりするのとか、

 

何の知覚もなしにやっていると思うのだ。

 

「私は今から、おしっこを、するの、だあぁーっ!」

 

と毎回決意を新たに、トイレへ行っていない筈である。

 

何もする必要がない、とはそういう感じなのだ。

 

 

というわけで、

 

なんだか、訳が分からなくなってきた。

 

おやすみなさい…。

 

 

完璧に憎まれる

👆 この日かなり混んでいた

  「なんや、このオッサン!」のままでOK

 

 

 

前回の記事からの続きで、どんな感情が出て来ても、

 

そのまま、何も変えることなく愛だ、というのは、

 

どういうことなのか。

 

例えば、

 

会社員時代、最大の赦しの相手だったコンババ部長も

 

「コンババ部長ムカつくぅー、頼むから死んでくれ!」

 

と、僕なんかは毎日思っていたわけなのだが、

 

よく考えてみると、全ての人から100%完璧に

 

憎まれている人なんて、そうそういないわけで、

 

コンババ部長も、部下の僕からは毛嫌いされているが

 

彼の趣味である登山サークルの仲間からは、

 

すっごく好かれていて、愛される存在だったりする。

 

人はその場所、場所、によって人格も変わるので、

 

その瞬間のその人を見て好きとか苦手とか言っても、

 

あんまり意味がないように思えるのだ。

 

別の言い方をすれば、会社にいるその人、

 

登山サークルにいるその人、家にいるその人、

 

どれも違う人で、またどれも本当のその人ではない。

 

要するに、目の前のその人は幻想でありウソなのだ。

 

だから、相手が殺人者であろうと、聖人であろうと、

 

同じように〝大好き〟なのではなくて(👈ここ重要!)

 

殺人者でも、聖人でもないが故に〝大好き〟であり、

 

同じなのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

また、それと同様のことが自分にも言える。

 

会社にいる時の自分と、家族といる時の自分、

 

言葉遣い、表情、態度、服装、何もかもが違っている。

 

もはや別人であるにもかかわらず、

 

それを同じ一つの自分だと思い込んでおり、

 

問題はそこにある。

 

ある場所のある人の前では、とても好かれているが、

 

別の場所の別の人の前では、嫌われていても、

 

それで大丈夫であり、そこに罪を感じなくていい。

 

なぜなら、どちらも自分ではないからだ。

 

それが分かれば、

 

分ではない自分を責めても仕方がない、となり、

 

自然と、何もしなくなる、というか、何もできなくなる。

 

もっと言えば、本当の自分などというものも無い。

 

強いて言えば、

 

今この瞬間に在るそのもの(実相?神?)でしかない。