香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夏ひらくアラ還

 

 

 

ようやく、すったもんだしていた学校の授業が終了し、

 

今は水曜午後の2時間だけ、経理の専門学校で、

 

留学生たちに、日本語文法を教えている。

 

例えば 「~について」と「~に関して」の違いを、

 

生徒に説明して、練習させ、使い方を定着させる。

 

僕達日本人が普段何気なく使っている日本語にも、

 

こんなに微妙な違いがあったことを、

 

日本語教師になって初めて知った。

 

そういう意味で、日本語を教えることは、僕にとって、

 

小説を書く上での、よい学びの場になっている。

 

 

 

 

 

というわけで、家の雑事も5月中に全て終わったし、

 

僕の中ではもう夏休みが始まっている感じだ。

 

昨日も書いたが、今年の夏は、どこへも行かず、

 

のんびり、ゆったり、瞬間瞬間に感謝しながら、

 

今に委ねきって、フツーに過ごすつもりである。

 

 

 

 

そんな折、筋トレを終えてジムから外へ出てみると、

 

茶屋町エリア一帯がキャンドルで覆いつくされていた。

 

店の看板の明かりも消され、神秘的で、すごくきれい。

 

これは〝茶屋町スロウデイ・キャンドルナイト〟

 

というイベントで、キャンドルの灯を眺めながら、

 

ゆっくりスローな時間を楽しむのがコンセプトだ。

 

まるで今の僕のために用意された催しではないか、

 

と思い、じっくり時間をかけて辺りを散策してみた。

 

 

 

 

各スポットのキャンドルアートが素晴らしかった。

 

この日は金曜日で、

 

一週間を戦い抜いて一息ついた会社員の人たちが、

 

キャンドルの灯に癒されていた。

 

そんな空間に身を置くうち、僕の中で、

 

あらゆるものに対する深い感謝の念が湧いてきた。

 

このイベントを企画した人達、キャンドルを作った人達

 

キャンドルの原料を作った人達、デザイナーの人達、

 

全ての人達に対して、有難いなあ、嬉しいなあ、

 

大好きっ、という気持ちが波及してゆく。

 

そして、次の瞬間、そこには、誰もいなかった。

 

感謝をするべき誰かもなく、

 

何かを見て、聞いて、感じている個の自分も無い。

 

有難いなあ、嬉しいなあ、大好きーっ、しかない。

 

その感覚はほんの少しの間だったけれど、

 

僕にはとても解放された瞬間だった。

 

 



 

というわけで、僕の夏が始まった。

 

授業の準備や前期試験の問題作りは今週中に終え、

 

来週からは、のんびり、ゆったり、まったり、だらーん、

 

といった、ゆるゆる夏休み生活に入る。

 

その中で、静かにありがとうを噛みしめながら、

 

ていねいに暑い暑い夏を過ごしてゆきたいな、

 

と思っている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

 

 

甘ったれ人生

👆 家の近くのスタバで書きものをするのが日課

 

 

僕のようなアラ還ともなると、これまで歩んできた

 

人生のパターン、のようなものが見えてきたりする。

 

僕の人生は、ずっと人に助けられてばかりだった。

 

別の言い方をすれば、人に甘えながらここまできた。

 

会社員時代は、海外統括部長という肩書きだったが、

 

仕事が営業ではなく財務や企画管理だったこともあり

 

部下達に世話をされながら威張っていた。(笑)(恥)

 

 

かつて僕がパワハラをしていた藤井君と笠原君、

 

部下のケリー、ふぁーちゃん、エドワード、

 

お手伝いのチョイ姐、ヴィンセントに今の教え子たち、

 

その他、数えきれない兄弟たちの世話になりながら、

 

誰の役に立つこともなく、僕はアラ還まできたのだ。

 

振り返ってみると、独身で子供もいない僕は、

 

常に、誰かに助けてもらってばかりで、

 

誰かの世話をしたり、助けたりした経験がない。

 

また、スピリチュアルの方面では、

 

ある日突然、リビングに姿を現した兄貴に、

 

ピンチを助けてもらったり、導いてもらったりしたが、

 

誰かのピンチを助けたり、導いたりする事はなかった。

 

 

👆 創作中の小説も佳境に入りつつある

 

 

だから、今の僕にできるのは何か、と言えば、

 

これまで僕の人生に関わってくれたすべての兄弟達に

 

心からのありがとうを送ることだけだ。

 

僕を助けてくれた人、僕を傷つけた人、

 

僕を幸せな気分にしてくれた人、僕を苦しませた人、

 

逆に、僕が傷つけた人、僕が苦しませた人、など、

 

与えられるばかりで、与えることをしてこなかった僕が

 

まず、しなければならないのは感謝だ、と思った。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

なので、今年の夏は、ちょこまか動き回らず、

 

まだ来ぬ将来の事を、あれこれ考えるのも止め、

 

この瞬間瞬間に顕れてくる全てに感謝でいよう。

 

なぜなら、今この瞬間に顕れ来る兄弟や物事は、

 

僕の過去や未来を代表して顕われていると思うから。

 

 

引き寄せチックな日常

👆 毎日最低3回は3桁以上のぞろ目に出会う

 

 

よく、聖霊のガイダンスに従う、とか、聖霊に訊く、

 

と言ったりするが、別に声や言葉が聞こえてきて、

 

具体的にこうしなさい、と言われるわけでもないのに、

 

一体どうやって、従ったり、訊いたり、できるのか、

 

疑問に思うコース兄弟も多いのではないか。

 

 

僕の場合、

 

兄貴の導きに従う、とか、兄貴に訊く、というより、

 

兄貴に一致して行動する、という感覚の方が強い。

 

それは、

 

今この瞬間に強烈に開いているのと同じ感覚である。

 

ちょっと引き寄せチックに言うと、

 

縦の時間軸にすべての意識を収斂させ、

 

今この瞬間だけに一瞬、強烈にフォーカスしていると、

 

あらゆるパラレルの過去や未来へ通じる回路が開き、

 

そこから瞬時に次元が変わってゆく感じ…。

 

 

 

👆 特に2のぞろ目と4のぞろ目が多い

 

 

先日、叔母の家の不用品を処分しに行った際、

 

母と妹と三人、近くの和食屋で昼食を食べたあと、

 

急に、祖父の遺髪を見に行こう、ということになり、

 

そこからタクシーでお寺へ向かおうとしたのだが、

 

タクシーがなかなか捕まらなかった。

 

無線を使っても、アプリを使ってもダメで、

 

流しのタクシーを拾おうとしても、一台も通らない。

 

「この道はタクシーが滅多に通らへん道やねん」

 

「先月タクシー会社が倒産して台数が減ってんねん」

 

「この時間はタクシー捕まえるのムリや。バスで行こ」

 

母と妹はすでに諦めモードだ。

 

このとき、母や妹が主張する〝無理だ〟の数々は、

 

「奇跡なんて信じない、全てを自分の力でやりたい!」

 

という、兄貴に対する抵抗のような気がして、

 

全神経を〝今この瞬間のここ〟に一致させ、

 

縦の時間軸に強烈に開いて(兄貴に開いて)、

 

今この瞬間を見送っていた。

 

見えているものがゾワゾワと粒子のように泡立つ。

 

すると、前方から一台のタクシーがやってきて、

 

手を挙げると、僕たちの前ですーっと停まった。

 

 

その他にも、昼時のお寿司屋さんで並んでいたとき、

 

同じように、お昼時だから無理だ、という抵抗をやめ、

 

今に強烈に開いてただ在ると、

 

前に並んでいた人が次々にいなくなり、

 

すぐに順番が回ってきたり、

 

渋滞している高速を車で走っていても、

 

突然、前の車がいなくなり、スイスイ走れたりする。

 

まるで、素粒子がわっと集まって、

 

今この瞬間に現実が作られたみたいに…。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

ただ、誤解を避けるために言うならば、

 

こうやればうまくいく、という事を言いたいのではない。

 

今この瞬間に強烈に一致させているその一瞬は、

 

完全に兄貴に委ねていて、自己が消滅している。

 

タクシーが来てほしい、というような思考も一切ない。

 

なぜなら、

 

タクシーが来ることがいいことかどうか、なんて、

 

個の自分にはわからないし、もしバスに乗っていたら、

 

思いもよらない人に出会っていたかもしれない。

 

そういうことは、兄貴以外、絶対にわからないからだ。

 

だから、兄貴に一致させたら、よくてもわるくても、

 

どうなろうとその結果に従う。

 

それが僕の場合の〝兄貴のガイダンスに従う〟

 

になっている。