香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

雨の月曜日


昨夜、香港でも春一番が吹いた。

雹が降る嵐の夜だった。


今日は一日香港でお仕事。

香港人の女の子二人、日本人の総経理と中国人の営業のおじさんと財務人事の僕。

パーテーションでひとつひとつのデスクが区切られたオフィスは静かだ。

今日はずっと篠突く雨で、午後になって少し晴れ間が出た。


さまざまなメールやチャットが入る。

依頼、質問、愚痴、責任の所在。

さまざまなメールを書く。

指示、訂正、日程の調整、攻撃への返事。

まず赦し、兄貴に渡してから一つ一つのメールや文書を処理する。


総経理がある人がちゃんと動いてくれないと愚痴っている。

僕も同じように話に乗る。

相手を訂正する必要はない。

自分の罪悪感を夢の中に投影してみている。


話を聞きながら、ちょっと喜んでいる自分がいる。

すべてはハートが変形して感じているのだとわかる。

すべては自分のハートの愛がびゅんびゅん感じているだけなのだ。

ハートの愛を感じながら仕事をこなす。

兄貴に明け渡しながら普通にしている。


昼から会計事務所へ行く。

チムサーチュイからフェリーで海を渡ってワンチャイまで行く。

すべての景色を赦して、兄貴と一つになる。


〝愛の夢〟

という言葉をふと思い出す。

われらが浅田真央ちゃんがこの曲に合わせて演技していた。

愛のトリプルアクセル。