香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄貴に訊いたらこうなった

[

午前中中国で仕事をして、午後遅くに香港へ移動した。

いつもは国境まで会社の運転手ライさんに送ってもらうのだが、今日は地下鉄。

そこでなんと、すごいものを見た。

みんな並んで電車を待っているではないか。ええーっ、なんで?

老人を押しのけてでもわれさきに乗り込み、席を取ろうとする中国の人が…。

な、な、並んでるーっ。それもちゃんと降りる人を待っている。そんな馬鹿な…。

じーん。カンドー。ちょっとうれしかった。


国境を抜け、山のほうを見ればそこでもきれいな夕焼け。

いままでこんなきれいな夕日は香港ではあり得ないと思っていた。

街が変わったからか、自分が変わったからか、よくわからないが

とにかく、最近到るところに愛の光を見る。


今日、昨日の〝ISO事件〟を本社へ報告するためリポートを書く。

書いている中でどうしても攻撃したい衝動に駆られる。

兄貴に訊く。この間違った考えを修正してください。

結局、レポートは出さなかった。

出すように言われていたのだが、出す必要はないと兄貴を信頼した。

以前の赦しのように「本社の役員に何を言われるか。その時にどう言い訳するか。」

ということが頭をよぎることはなくなった。

幻想なのだから。夢の相手をリアルにする必要はない。


帰りの電車で稲垣足穂の『一千一秒物語』を読む。僕の大好きな先輩だ。

かの三島由紀夫に「彼の作品は日本文学の最も微妙な花の一つ」

と言わしめた稲垣先輩の作品はやはり〝かわってる〟。

土曜日から香港では清明節の休暇が始まるが、この作品のエッセンスを

かみしめながら『ジンジャータウン』の執筆に専念しよう。