香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

何もない休日

↑しおちゃんとようこ堂と岡山のけんちゃんちで。これがたった一年前の事だなんて。


今日は一日家でコーヒーを飲みながらまったり過ごしている。

昨日久々に筋トレをしたので、胸筋が腫れて痛い。

ベランダに出てみれば、雨に濡れた木々が青いにおいを放っていてすがすがしい。


夢を見た。

女性ヒーラーから癒しを受ける夢。

すごくリアルだった。なんだか懐かしくせつない。

きっと自分がこの夢を終える瞬間、こういう感覚になるのだろう。


夏至の日までに完成させると決心している『ジンジャー・タウン』。

でも創作時間は一日15分なり。

てっちゃんから受けたアドバイスをもとに書いている。


一人書斎にいる。雨の音。

空間に光がよぎる。粒子が舞う。

なんだか幸せ。

父から離れた、という根本の思い違いが修正されつつある。

恋愛も、スポーツも、料理も、仕事も、ケータイ電話も、ゲームも、

全部お父さんの代替だったとわかる。


自分はいつでも父に愛されている。それも半端ない愛だ。

一人たたずみ、この感じをかみしめている。