香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

春のこもれび

今日は大陸の工場へ出張です。

今日も5時半に起きて、バスと電車を乗り継ぎ、ロンガンまで通う。


10時から部長会議が始まり、いつものメンバーでまた、

ああでもないこうでもないとはじまった。

先週のISO事件のあと、品管の部長が今度は自分の部屋を作りたいと、

8万ドルの内装計画をぶちまけた。もちろん総経理は即刻バイバイ哀愁デイト。


肉体が何か言っても信じなくなっている。

「よっしゃ。赦すでーっ!」と思う僕の意気込みとは裏腹に、すでにみんなが光の兄弟に見え、

会議はそのまま何事もなくお開きになってしまった。

目の前の肉体が何か言っていても全然本当に思えない体験。


お昼休みには近くの床屋へ髪を切りに行った。

夏なので思い切り刈り上げてもらう。

座ったまま髪を洗ってもらい、ひげも剃ってもらった。

春の日差しが店の中にまで入ってきて、

シャボンとオールドスパイスの懐かしい香りとともに

ゆったりとした昼休みを過ごした。15元(200円)でした。


昼からはみんなの給料のチェックをした。

今の総経理になってからだいぶ残業は減ったが、

幾人かがまだ月2万円ほどの残業をしている。

その人たちの上司を呼び、今後は国家労働法基準に従い、

36時間以上の残業には残業代が付かない趣旨を告げる。

そうは言っても残業代を稼がなければ、やっていけないのも事実だろう。

事務員さんの給料は一か月手取りで4万円程度なのに、物価はどんどん上昇している。

かといって昼間だらだらして、閑散期で仕事もないのに残業をさせるわけにはいかない。

こういう時、どう赦しを実践するか、と一年前はよく悩んだ。

聖霊兄貴に委ねようと何しようと、管理者として一つの指示を出さねばならないからだ。

それも短時間のうちに…。


自分の前で何やかやしている肉体を見て、それを信じる必要はない。

父とともにある。ハートの光だけを選択する。

しばらく待っていると、相手を自分と同じハートで見れるような瞬間が来る。

そうなってから、その時々で言いたいことを言う。

ダメだしすることもあれば、言い合いをすることもある。

ただ守っているのは、

ゆだねて、ハートに「はいった」という時が来るまでは絶対に動かない。

静かに何もしないで待つようにしている。

結果が「あちゃあー」でも構わない。ただそれをないものとして赦す。


夜、近くの店でウイグル麺の食事をとり、おなかいっぱいでホテルに帰った。

今夜は静かに創作をして過ごそう。

とおもったら、寝てしまった。

↑ 深圳市内で発見した光の回廊。色のついたガラスを斜めに嵌めて、
  きれいな模様を地面に作り出している。