香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

光の時間

今日もお休み。

2週間ぶりにジムで筋トレをしようとしたが、まったくやる気が出ず、

フリーウェイトエリアで1キロの小さなダンベルを振り振りやってたら、

「おまえ、女子かよ。」というような冷たい視線が…。

結局、ちょっと走ってからストレッチエリアでストレッチと瞑想をする。


香港では太ることはご法度だ。

職にありつけないどころか、友達もできない。

太っていることが原因でいじめに会っても、

自分の体をちゃんと管理できないお前が悪いと、逆に非難される。

だから、男も女も、みんな体を鍛える。

肉体にその人の意識状態が顕われている、という考えだ。


瞑想しながら思う。

肉体が自分のものでないようだ。

肉体という機械を操縦しているような不思議な体感。

これからはもう、車をメンテナンスする要領で体を扱えばよい、と直感する。

ジムの帰りに近くのパシフィックコーヒーでエスプレッソを飲みながら、

奇跡講座とエデンの神々を読む。飽きたらゲイリーの講演会のボイスメモを聞く。

誰とも話さない、ってなんて心地いいのだろう。

ひとりって最高!一生家から出ない生活ができたらどんなにいいだろう。

エゴに向かって宣言する。

「私は神の子であり、光の子である。無礼者は去れ!」と。


↑10年前にデザイナーの人に家具をコーディネートしてもらった。
 コンセプトは〝古き良き香港〟。

夕方、家に戻っておったまげた。

部屋がきれいになってる。床も家具もピカピカ。

ゴミも洗濯物も全部片付いている。

ええーっ、なんで?いったい何があった?

スーツやワイシャツもちゃんとプレスされているではないか。

アセンションでもしたのか。

そうなのだ。チョイ姐が戻ってきたのだ。

ああ、よかった〜。


夜、ワイドショーの〝ミヤネ屋〟を見る。

フッくんとつちやかおりのダブル不倫会見。

「フッくんも男として、これはかなり辛いよなあ!」なんて独り言をつぶやきながら、

APITAの〝お刺身フェア〟で買ってきた、はまちの刺身に舌鼓を打つ。

ああ、しあわせ。