香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ちょっとけだるい月曜の午後

今日は香港事務所でお仕事。

僕が香港にいるうちに現金のストックチェックをすると言って、

ケリーが金庫を持ってきた。

が、僕が数えると何回やっても金額が合わない。

人民元と香港ドルが机の上でぐちゃぐちゃになり、何が何だかわからなくなるのだ。

最後はケリーに仕分けしてもらって、何とか終了。

金勘定もできないなんて。とほほ…情けない。


必死でお金を数えていると、乙女ののりちゃんから神戸リトリのご案内がきた。

今回は舞子ビラだという。海で遊べるかも。うれしいなあ。


ふと思いついて、赦しをサポートするワークをやってもらえませんか、とお願いしてみる。

兄貴に聞いてみます、という返事が返ってきた。

彼女のことだから、ちゃんと兄貴に導かれて、

きっとすばらしい時間を差し出してくれるだろう。 

本当に楽しみだあー。

いつもわがままごめんね。のりちゃん。


というのも、いろいろあって、

周囲が何かと慌ただしさを増し始めたのだ。

6月の決算が済むまで、新たに人を雇うこと、新たに物品を購入すること、

が本社により禁止された。


「人が辞めたのに何で補充したらいけないんだ!」

「このソフトウェアは業務上絶対必要なのに、なんで購入許可が下りないんだ。」

これに対し、

「今売上が減少していて、6月の決算が済むまで経費は使えません。」

この一点張りで乗り切る。



ただ、出てくる罪悪感は即座に赦す(何も起こっていないことを確認する)

「どうにかしようと、あくせくしない。」

と心の中で一言つぶやいてからその時に思いついたことを言う。

相手や物事の背後に、兄貴のイエーィッ!が見える。


そんな赦しの一瞬一瞬を丁寧に過ごしていると、

バキンと今に焦点が合いすぎて、風景がスローモーションに見える瞬間がある。

結局、どうやって業務を遂行するかではなく、

その都度その都度で、どれだけ赦しが達成され、時間が短縮されるかが、

僕がいま遂行すべき真のプロジェクトなのだと分かる。

そういう意味で、職場での毎日は、

兄貴が仕掛ける、大量時間削除の一大プロジェクト期間となるのだ。


とかなんとか言っても、あんましテンション上がらんわあ。

兄貴はかなり張り切っておられるようだが、僕はと言えばなんか、

低血圧の人の朝みたい。(なったことないけど…。)


「はいはい。やりますよ。赦せばいいんでしょ。」

と、二十万円の設備がほしいと、手足をバタバタさせながらだだをこねる部長を前に、

一人ため息をつく僕であった。