香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

春眠


↑むくげチンキ。中国系百貨店で150円で購入。

げげっ!水虫になった。

水虫になるのは人生で三度目くらい。

しかし、自分には大きな味方〝むくげチンキ〟があるのだ。

これはジョーダンにある中国系百貨店『裕華百貨』で売られていて、

2〜3回塗ればどんな水虫でもだいたい治る。

まさに恐るべし薬で、怪しいと言えば非常に怪しいのだが、

常用するわけではなし、と重宝させてもらっている。


早速、前回買った分の残りがあるはずだと、クスリの引き出しを開けてみるが、

あちゃぁ…、先週すべてのクスリを処分したばかりだった。

仕方がないので、百貨店まで買いに行く。

眉毛を太くするクスリ、胸が大きくなるクリーム、ムカデから造った咳止め薬、など、

日本だと大問題になりそうな怪しいクスリが所狭しと並んでいる。

結局、このむくげチンキを今日の午後と夜、2回塗っただけで、

僕の水虫はほとんど治ってしまった。


↑このパッケージ、こわすぎ。これ飲まないと咳が止まらないのなら、咳したままでいいよ〜ぉ。

↑このおもちゃのアコーディオンも『裕華百貨』で購入したもの。

夕方近くから、原稿の遂行をはじめる。

が、すぐに眠くなり、我慢できずにベッドで眠ってしまう。

最近やたら眠い。そして、よく夢を見る。

今日も夢だとわかっている夢を見て、ちょっと暴れた。

春眠暁を覚えず、とはこのことか。

ジンジャー・タウンも書かなければ。

夏至の日に出版社の担当へ送るのを目標にしているのだが、

このままではやばいかも。

でもまあいいや。

これも完璧なシナリオの一部なのだろう。


今日は特になんの赦しをすることもなく1日が過ぎた。

穏やかな土曜日。

ソファで〝父の肌触り〟を感じていると『天城越え』が来た。(※4月30日の記事を参照)

今日はひとりなので思う存分マインドを開放する。

ハートの愛がドゥワーと流れ込んでくる。

ああ、もうだめ…。書いているだけで、

『天城越え』のサビの部分を唄う石川さゆりの顔になる。

フィニッシュ。合掌!