香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

長居は無用!店じまい!

今日も眠った眠った。

日曜の朝方4時ごろ寝て、午後の2時頃起きる。

また3時頃から9時頃まで眠る。

そしていま、もう眠くなっている。


明日から上海出張が入っている。

明日は午前中香港で仕事をして、午後から空港へ移動予定。

今回は一泊できるので、夜はゆっくりできそうだ。

これも以前であれば、どこで何しよう、といろいろ下調べをするのだが、

今回したいと思うのは、ホテルでルームサービスを取ってゆっくり過ごすこと。

第一、外に出たり、人々と交わりたいと思わない。


丸ごとでっち上げの世界と分かっていて、それでもやっていくのって、なんかきつい。

もういいや、と諦めになるのとも違う。

〝どこかで何かが起こる〟ことを期待しなくなると、完全に中立な感覚になり、

〝やってもやらなくてもどっちでもいい、それなら後者で…〟という感じ。


このままではちょっとやばい、と自分でも思う。

この幻想の世界が本当に嘘に見え、別にここに居続けなくてもいいのではないか、

と思い始める自分がいて、はっとなるときがあるのだ。

まあ、いまはそういう時期なのだとは思うけれど…。ちょっと、自分でも引き気味ではある。

いま、ドロレス・キャノン氏の本を読んでいる。

彼女はインディゴ・チルドレン研究の第一人者で、彼女によれば、

いま、地球に生まれたことのないソウルたちが、地球の波動を調整するために

続々と地球にやってきていているらしい。

彼らはカルマを跳ね返す特殊なシールドを持って生まれてきていて、

多くは子供を持たず(子どもがいるとカルマが生じて再びここへ戻ってくることとなる)

さっさとここでの仕事を終えて、おおもとへ戻りたいと思っている。

ほとんどのインディゴの人たちは、地球や地球の人々が好きではなく、

エゴの重い波動に耐えがたい苦痛を感じているのだという。

一瞬、自分もインディゴ・チルドレンなのでは、と思いたくなる。

しかし、これもまた、へんてこなエゴの夢の一部なのだろう。


とはいえ、内容はかなり興味深かった。

数多くの臨床実験から導き出された統計結果を基に語られていて、非常に信憑性が高い。

彼女の本を読んでいると、我々は宇宙という箱庭で観察用に飼育されている

モルモットか何かなのではないか、とさえ思えてくる。


まあ、いずれにせよ、ここから脱出し、我が家へ帰還することは同じなようだ。