香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

マルっとお見通し!

土曜日はいつものように朝6時にジムへ行ってから、近くのパシフィックコーヒーへ。

エスプレッソを飲みながら、しばらくぼーっとしていた。

スマホもせず、本も読まず、音楽も聞かず、ただただそこにいて、

〝世界はない〟をかみしめていた。


最近、兄貴自動操縦モードに切り替え、自分で操縦しなくなってからというもの、

日常が不思議とうまい具合に整えられてゆくのを感じている。

マネージャー兄貴が仕事しやすいように、自分は極力出しゃばらないようにしている。


たとえば、スケジュールなんかもあまり自分の都合で走らず、

相手にお任せで行くようにしていると、

最終的にはすごくしっくりした日程に収まっていたりする。

ちなみに、来週のスケジュールはざっとこんな感じだった。


月曜:終日大陸の工場で業務

火曜:午前、銀行の工場査察→午後香港へ移動し、加工貿易投資の人と打ち合わせ

→その後、直接フェリーで珠海へ移動

水曜:珠海で市政府の対外貿易局の人と現場視察→終了後、車で江門市へ移動

木曜:江門市の市政府役人と現場視察→車とフェリーで香港へ移動


ところが、勝手に水曜日の珠海視察を金曜日に変えられていた。

一瞬文句を言おうとしたが、よく見ると、水曜日が1日空くことによって、

珠海に一泊する必要もなくなり、無理な移動もせずに済むことになった。


以前ブログにも書いたが、神戸リトリも、6月末前後のスケジュールを

弁護士によって押さえられていたのが、急に弁護士も東京に来ることになり、

結果、会社のお金で日本へ行けることになった。

ホテルや飛行機も、自分であれこれ策を練るより、ぼーっと兄貴に任せていた方が、

その時にもっとも適した環境が提供されるような気がする。

ほんま兄貴、ごっつぁんです!


以前だったら「兄貴なんかに任せてられないっ。自分でワクワクに動くのだ!」

とやっていたのが、完全〝世界はない〟と兄貴に丸投げできるようになってからは、

自分でせかせかしなくなった。


兄貴に任せた結果、とんでもない羽目に陥っても別にかまわない。

〝やっぱり、自分でやっといた方がよかった〟なんてことも思わない。

〝やはりあそこでひどい目にあっていたから、いまこうなっているのだ〟

と、後で振り返って、納得できる瞬間が訪れるのを知っているから…。

そういう点では、兄貴ってマジで完璧だ。


あれこれ自分で策を講じるのって、

結局「損をしたくない!」という無意識の欠乏感から来ているのだと思う。

そこへエゴが付け込み、恐怖を増幅させてゆくのだろう。


どうせ世界はないのだし。

ない世界に体を脱ぐまでは留まらねばならないのだったら、

楽しみながら実践していこうっと。