香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦しっぱなし

乾物屋さんで金柑の塩漬けが売られていたので、いくつか買って帰った。

普通はスプーンで潰し、スプライトに入れて飲む。

スプライトの甘味と塩漬けにされた金柑の塩気、炭酸の弾ける感じが

舌の上で絶妙に溶け合い、最高にうまい。

だが、家に戻り、スプライトがないことに気づいた時にはあとの祭りだった。

香港へ来られた際はどこかの食堂でお試しあれ!〝咸檸七〟と紙に書いて見せればOK。


今日は夕方5時頃に香港へ戻ってきた。

ひとり、香港の事務所で仕事をしていると、社長室からメールが入った。

見れば、このブログにも何度か登場したことのある、問題の品管部長が、

フィリピンへ異動になるという内容だった。(※5月22日の記事参照)

スキューバダイビングが大好きな彼は、かねてからフィリピン異動を切望していた。

フィリピンに飛ばされたいがために、現地の部下にわざと暴言を吐いたりして、

〝わたしは中国人とはやっていけません〟アピールを繰り返していた。


この報を聞いたとき、まず怒りが込み上げてきた。

中国人の部下たちに辛い思いを強いながら、自分だけウハウハで去ってゆく彼に対して

憤懣やるかたない思いに襲われたのだ。

だがすぐに、彼はかつての自分であり、自分が押し付けた罪悪感を肩代わりしてくれている

存在であることを思い出した。自覚はないが、彼は自分が捨てたもう一人の自分なのだ。


ばっ、と赦す。


赦した瞬間、さっきまでの怒りが〝くるっ〟と愛の方へと反転した。

彼のことがとても愛おしい存在に思えてくる。

続いて、すべては幻想で、世界はないのだということを思い出す。

あとは兄貴に渡して、彼に押し付けていた罪悪感を削除してもらう。


最近、これらのプロセスに要する時間がずっと短縮されてきていて、

上記に書いたような事柄なら、だいたい10秒くらいで完結できるようになった。

赦しと明け渡しがオープンになっていて、赦しっぱなし状態という感じか。


↑引き出しにたまっていた様々な国の小銭。なんか香港みたい。

今日、戻りの電車の中で、いつものように植物人間状態の僕に語りかけてくれている

父の声を聞いていると、突然、ある感慨に見舞われた。それは、

〝誰より何より、父ほど自分を愛してくれている存在は絶対にいない〟

という100%の確信だった。


今までの人生で、誰かを真に愛した時の絶頂的感覚。

その感じは、父が自分に向けてくれている愛と同じものだった。

好きな人から、無条件に愛されたときの、あの天にも昇るような境地。

それは父が自分に対して感じている愛と全く同じものだった。


電車に揺られている最中の出来事で、直撃された感じだった。

こういうことは、ハレ師匠や乙女ののりちゃんが常々ブログなどで書いているので、

読んでもいるし、知ってもいるのだが、今日は〝ストンッ〟と強烈な納得感を伴って落ちた。


この世の、愛と、優しさと、エクスタシーを全部集結させたような存在から、

永遠に愛され続けているという感覚。失うこともなければ、欠けることもない。

うまく言えない。言語で表現するのはここが限界だろう。


明日は日本。夜は兄弟てっちゃんと飲むのだ。雹(ひょう)降らないかな?