香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

不滅のセンター

水曜日の 『ミヤネ屋』で〝上半期お騒がせランキング〟が放送されていた。

花の14年組の中でも、特に僕が支持している推しメンたちが、過去のVTR付きで

続々と登場し、もう楽しすぎてぞくぞくした。


まず、僕を〝天城越え〟寸前まで追い込んだ、あのニヤニヤ片山被告が

堂々の6位にランクイン。

地味なキャラだっただけに心配していたが、ちゃんとコアなファンがついていたようだ。

まあ、AKBで言えば 峯岸みなみ といったところか。(※5月29日の記事参照)

お母さん大好きな片山被告。はやく出所して、親孝行してほしい。


次に、ゴースト新垣氏と佐村河内氏が4位に…。

これはちょっと納得できない。もうちょいランクが上でもいいはずだ。

それに、どうしてゴースト新垣氏が佐村河内氏と同じ〝くくり〟にされているのだ?

43歳には絶対に見えないあの老け感。今にも倒れそうだった記者会見。

ひとりで洗濯物のパンツを畳む姿など、

クオリティーは立派にピンで立てるくらい、断然ゴースト新垣氏の方が上の筈だ。

まあ、気の弱さが災いしたというべきか。

そして、1位はと言えば、もうこの人しかいないでしょ!

じゃじゃーん!不滅のセンター、スタップ小保方さま〜。

あの、いま最も旬で、乗りに乗っている野々村議員を抑えて1位に輝くなんて、素敵すぎる!

やっぱり僕の目に狂いはなかった。

聖子ちゃんもびっくりな天性の女子力でほしいものを次々にゲットしていった小保方さま。

がんばってスタップ細胞を証明して、下半期もまた1位を獲得してね。

でも、そんな素晴らしすぎる小保方先輩に比べ、ののちゃんはまだまだ修行が足りない。

泣きを極めるか、多すぎる毛を何とかして1から出直すか、

いっそのこと出家してみてはどうだろう。

それでもこの短期間でASKA被告を抑えて2位に食い込む辺りは、

かなりな実力の持ち主だといえる。

花の14年組はまだまだ終わりそうもない。やはり下半期もワイドショーから目が離せない。