香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

だめよ〜、だめだめ!


↑ 今日の夜は友人とポッカカフェで牛肉丼。

今日は東京三菱UFJ銀行を訪ねた。

調度品が並んだ重厚感あふれる応接室で、ガラス張りの向こうに広がる景色を眺めながら

コーヒーを飲んでいると、担当の人が入ってきた。

いろいろと他愛もないことを話していると、昨日の兄弟てっちゃんとの会話の中で会得した

〝超高速数字分解テレポテーション〟を実感した。


相手と会話しながら、超高速で相手と自分が入れ替わって会話をしている感覚。

テレポテーションって多分、こんな感じで行われるんだろうな、と思いながら、

自分が一度、0と1に分解され、その後、光を通って相手側で再生される感触を味わう。

なんだか、速度が遅くなっていくみたい。画面が微妙にスローモーション化している。


瞬間移動やアセンション(もしあるとするならば)もきっと同じ原理なのだろう。

一旦設定に戻されたのちに、光の中を通り、別の場所で再度構築しなおされる。


目の前にいる、バシッとスーツを着た銀行マンの彼が、どこかこの世には存在しない

ただの映像のように見える。


ああ、また空間に粒子がざざざっと波打ち始めた。

この粒子の一つ一つに0と1の羅列があるのだな、と思う。


そして、羅列があるのだな、と思って見ている自分も作りもので、自分ではないのだ。

もういいや。

この設定を解除して、もともとの世界へ戻ろう、と兄貴に明け渡すと、

なんだかすごくうれしくなってきた。


夏休みが近づき、規律に厳しい寄宿舎生活から解放され、

もうすぐ我が家に戻って自由にできる、とワクワクしている寄宿生のような感じか。


そう言えば、日本はお盆ですねえ。

怖い映画でもやってないかな、とテレビのクラウト録画を見ていると、

日本エレキテル連合のコントがでてきた。

ただ、「だめよ〜、だめだめ!」ってそれしか言わないんだけど、

そう言えば、自分の日常で交わされているやり取りが、

なんかコントのように見えていることに気づいた。

だから、なにを見ても、笑いがこみあげてくるのだ。

ただ、爆笑!