香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

なにも見てない


毎日残暑が続く香港だが、少しずつ秋の気配が漂ってきた。

それでも、チリリーン、と部屋が冷えていないと気が済まない僕は、

オフィスで冷房+扇風機を使用している。

が、その扇風機が今日壊れてしまった。

いつもはふぁちゃんに頼んで買ってきてもらうのだが、

清算業務で忙しそうにしていたので、近くの百貨商店まで自分で買いに行った。

買ってきた扇風機をふぁちゃんに見せ、138元(約2000円)だったと告げると、

なんでそんな高いのを買って来たんだ、だまされている、と叱られてしまった。ぐすん…。


昨夜は久々に大陸で一泊した。

ホテルにチェックインをして、部屋でしばらくくつろいでいると、

なぜか肩がすっごく重くなってきて、パンパンに張ってきた。

霊感など全くない僕だが、この部屋、何かいるのか、と思わず周囲を見渡してしまう。

まあいいや。父の愛以外は真実ではないし…。自分ではなにもしない…。

なあんて言ったって、肩が痛いのは治らない。兄貴に修正してもらうのを待つより、

ここはてっとり早くマッサージで気持ち良くなることにしよう。

ということで、輪タクを捉まえ、按摩学校が経営している〝中式按摩処〟へ行く。

いつもの女性マッサージ師が出払っているということで待っていると、

柔道してるみたいな、すっごいマッチョな男性マッサージ師がやってきた。

力が強いのはちょっとなあ、と引きながらも、お任せ状態でマッサージ台に上る。

按摩が始まった。

えっ、なに、これ? すごい。気持ちいい。

全然力なんて入ってないのに、指先でツボをぐりぐり押されただけで、

ああああ、と波動のようなものが浸透してくる。

なんや、この人! 北斗の拳みたいや!人間低周波マッサージ!

それから、ああああ、わわわわ、な2時間を過ごした。

なんだか、細胞の一つ一つに何かを注入されて行っている感じ。

終わった時には、肩の痛さも全くなくなっていた。さすが、中国4千年の歴史。


それから、香港に戻り、プライベートでも仲よくしている会計事務所の担当の方が、

今回香港を離れ、オーストラリアへ移住するというので、一緒に夕食を食べた。

今回は灣仔にあるイタメシ屋に行った。

話が進む中で「もう最後なので言いますけど…」と前置きをして聞かされたのが、

彼の上司で、その会計事務所の取締役でもある日本人女性から、

僕はずっと嫌われていた、という話だった。

理由を聞けば、僕がこの会計事務所に初めて監査依頼をすることになり、

その女性上司の方が挨拶に来られた際、なんでか知らないが、

大阪のボケとツッコミの話になり、そこから関西のノリで、幼稚園の時に習った、

お遊戯の踊りを僕が踊ったことが原因だという。


〝大阪には、うーまいもんが、いっぱいあるんやで。

 たこやき、いかやき、もんじゃやきー、なんでやねん!〟


という、大阪では有名な、あれだ。

その時は大爆笑で終わったのだが、あとで「なに、あの変な人は…。」となったらしい。

それで、あーんな変な人に女性担当はつかせられない、ということで、

いまの彼が担当になったということだった。どおりで、セミナーに行っても

挨拶してもらえない、と思ってたら、それが原因だったのか。


その話を聞いて、もう僕は大爆笑!

人は自分が見たいものしか見ないのだなあ、としみじみ熟思させられた一件だった。


ある人が行なう、ある言動を見た瞬間、

人はなぜ自動的に、ある一定の反応をしてしまうのか。

そして、どうしてそれを、自分の考えだ、と思ってしまうのか。

問題はここに潜んでいる。


仕組まれた0と1の設定どおりの反応。

全部、でっち上げだ。


完全なるひとつから離れてしまったのだから、

これからは自力でなんとかやっていかねば、という恐怖からくる防御。


離れてなんかいなかった、と、ただただ、赦す。