香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

片道切符

今日は中秋節の祝日で会社はお休み。

ジムへ行こうかな、と思ったが、やっぱり眠くなり、1日家でうだうだしてしまった。

この時期、たくさんの業者さんから、会社にたくさんの月餅が送られてくる。

最近では、中国の食品偽装問題もあり、中国製の月餅を買う香港人は少なくなった。

2、3年前からはアロームが、AKB48のこじはるを月餅大使に任命し、

甘くない月餅を売り出したりしていて人気がでている。

なので、今日は外へは出ず、会社からペチって来た月餅を晩御飯にして過ごした。

2個食べたら胸やけがして、気分が悪くなった。うえっ!


先日書いた、会計事務所の担当者とのお別れ食事会以降、また1段階進んだ感じがしていて、

昨日あたりからは、無意識状態で現実を生きている人たちのことを

〝透明人間〟とみなし始めている。

誤解を恐れず言うならば、そういう分離をして過ごしているいる人たちの事など

もうどうでもいい、自分はさっさと先へ進みます、という感覚になりつつあるのだ。


先週、あのフィリピンに異動になったコンババISO部長が出張で来ていたのだが、

もうその人が目の前にいても、ほとんど存在していないように見えているのだ。

嫌いだから無視する、いやなものは避ける、という意味ではない。

無視する、避ける、というのはまだそれらのことを気にしているということだから。


本当にどうでもいい、関わずらうのも必要ない、気にする、ということすら要らない、

という感じで、自分の中ではもうその存在自体が消滅しかけているのだ。

だから、会っても挨拶さえしなかった。


電車の中や、バスの中で、どんな人を見ても、

もういいや、こんなのには関わらない、という確固たる意志みたいなものが生まれ、

自然とその人たちから離れてゆく自分がいる。


文字にすれば本当に語弊があるのだが、これは決して〝フン!どうでもいい〟

という感じのものではない。また、あるがまま、手放す、といった見え方でもない。

もう、この人たちとは違う、別々の道を行くことになった、

という、ふるいにかけられ、分けられてしまった感覚なのだ。


昔、バシャールが、乗り換え不能になる列車の話をしていたが、ちょうどあんな感じだ。

その時は、ワクワクの列車の中は、全員同じワクワクの人たちだけになる、と思っていた。

が、実際には、一緒に存在しながらも、

違う列車に乗っている人たちが見えなくなってゆくのだ。


これが兄貴の導きやハートの光とどうリンクしているのかは分からない。

ただ、誰かから「それはちょっと違いますね。」と言われたとしても、

この自分がいま感じているこの感覚を優先する。

自分が無限であったことを思い出す。