香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ああ、あほらし!

今日は一日香港のオフィスで仕事だった。

昼休みには近くのジムへ行き、久々に筋トレをした。

もう2週間近くトレーニングをしていなかったので、ほんの少しの時間だったが、

筋肉を動かせて気持ちよかった。


午前中はずっと本社とスカイプ会議だった。

上海の会社も、仏山の会社も、まだ設立が終わっておらず、深圳の工場も清算中だ。

ということは、いま、商品を生産したり、部材を発注する会社が中国にはないということだ。

しかし、得意先からの注文に対応するため、部材を発注し、設備を輸入せねばならない。

そのため、会議ではああしたらどうか、こうしたらどうか、と議論が飛び交う。

誰かが意見を言うと、別の誰かが「じゃあ、こういう問題がある時はどうするんだ。」

という打ち消しが入り、なかなか収拾がつかない。

そうこうしているうちに、別の輸入代行専門の貿易会社を使う案が出され、

じゃあ、それで行こうということになった。

だが、次にその業務を誰がやるかでまた揉めはじめた。


途中から僕は、人ってこんなにゲームにのめりこめるのか、と感心しはじめていた。

わざと問題を作っておいて、その問題を解決しようと格闘する。

そして、解決したらまた新たな、ちょっと頑張ればできそうな次の難問を作り出しては、

時に大声を出し、自己を誇示しながら、すったもんだやりはじめる。


あほらし。


僕はと言えば、何も言わないわけにはいかないので、ずっと兄貴にお任せしながら、

その時々で思いついた受け応えをする。

それでも、途中、ちょこちょことみんなのゲームに飲み込まれそうになり、

実際飲み込まれてしまったりして、相手に対し、語気の荒い言い方をしたりした。


その瞬間、居眠りからはっと我に返る要領で、兄貴を取り戻す。


「語学堪能な君が、どこかよい輸入代行業者を探してくれないか。」と言われた時には

「僕はやりません。無理です。」ときっぱり断った。

自分でも不思議なのだが、自分に責任を押し付けられた怒りや、

みんなからどう思われるか、という恐怖はなかった。

この〝『半沢直樹』安全ソフトバージョン〟の設定ゲームに参加拒否を宣言する。


はっきり〝ノー!〟と言うのも、幻想を赦し、終わらせることになるのだと

このとき、気づいた。