香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ネガティブびゅんびゅん

今日は天気もよく、風もさわやかだったので、アパートに隣接する森林公園で

神戸リトリの時にやったワークの実践音声を聞きながら、赦しを実践した。


というのも、昨日の夜、久々にやっちゃったのだ。(厳密には何もやっちゃってないのだが)


深圳から香港のオフィスに戻り、会社のメールを開くと、

本社のM氏からメールが入っていた。

現在の会社設立の進捗状況についての質問の内容で、

客先へ報告するために必要なのだという。

客先から急かされているようで、少々語気の荒い書き方をしていた。


「表の作り方が分かりづらいので直しておきました。」

「17の項目の意味が分かりません。これでどうやって客に説明するのですか。」

「お客様には迅速さが大切です。」というような内容だったと思う。


いつもは、はいそうですか、くらいなのに、

なぜかこの日の僕は「攻撃された!」と、非常に不愉快になった。


「表は自分が作ったものではないし、あなたの質問には迅速に対応している。」

「CC:がたくさん入っているこのメールに誤解を招くようなことは書かないでほしい。」

みたいな内容の返信を送ってしまった。


すると、すぐさま相手から以下のような返信が来た。

「あなたは私の質問に答えていません。」

「わたしは感情的なやり取りは好みません。」

「CC:にだれが入っていようとわたしの書き方は変わりません。」


M氏は50歳くらい。島根で〝食べられる花〟の製造販売の社長をしていたが、

数ヶ月前に倒産して、以前からの知り合いだった社長を通じて入社してきた人だった。


まあ、昔の自分だったらここから延々とバトルが始まるのだろうが、

今の自分はいくらなんでもそこまでではない。

ここで会話を打ち切り、相手に直接電話をした。

その時は、彼が聞きたい答えだけを知らせて電話を切ったが、

その後、あの強烈なハートのひゅんひゅんならぬ、ハートの〝ネガティブびゅんびゅん〟

が上がってきた。


しかしながら、どうしてこのメールを読んで〝攻撃された〟と思ってしまったのか。

大勢の人がCC:で入っているメールで恥をかかされた、と思ってしまったのか。

相手は少々語気は荒かったものの、ちゃんと敬語で、冷静に質問をしてきていた。

普段、こういうとき、必ず兄貴からの止めが入るのだが、このときはもう、

1秒くらいで、自動反応のように無意識に返信していた。


家に帰っても、なんかみぞおちが〝びゅんびゅん〟(ひゅんひゅんではない)して落ち着かず、

テレビを見ていてもすぐにさっきのメールでのことを考えてしまう。

そんなわけで、今朝ジムへ行った帰りに、アパート下の森林公園でワークを始めたのだ。

さわやかなそよ風、小鳥の鳴き声、木々の葉擦れの音。

これらの音が重なって聞こえるよう、音声を絞ってリトリのワークを聞く。


みぞおちに感じている「M氏(本当は父)を攻撃した(または、された)。」

と思い込んでいる罪悪感によって歪められた〝びゅんびゅん〟を、じっと感じ続ける。

この〝びゅんびゅん〟。本当に馴染みがある。

失恋したとき、失業中だった時、愛犬を亡くしたとき、何かの試験に落ちた時、

誰かとケンカしたとき、いつも僕たちは、たったひとつ、

この〝びゅんびゅん〟だけを使ってきた。

ほかにはない。どんな辛いことがあっても、この一種類の〝ネガティブびゅんびゅん〟のみ。


ああ、純粋なハートの知覚を歪めて、いつもこの感覚だけを使ってきたのだな、と思った。

それからはただ兄貴に渡し続ける。自分ではやらない。丸投げだ。

「この間違ったウソの知覚を、正常なハートの愛の知覚に修正してください。」


しばらくすると、今回のことも導かれていたのだと分かった。誰に?兄貴にだ。

自分の中に温存させている〝父から分離した〟と思い込んでいる罪悪感を、

またひとつ浮き上がらせ、消去させるために、兄貴がやったのだ。


実際、M氏なんて存在してない。見えている映像は全部ウソなのだ。

ウソの映像は赦すしかない。赦して、故郷へ帰るために使うのだ。



最近、すこしお花畑っぽく〝うわずっている〟感があった僕に、兄貴がM氏を使って、

「ほれほれ、久々やろ。設定がどうのこうのって最近うるさいけど、その前にほれ、

ちゃんと赦さんかい。」とやってくれていたのも分かった。


ハートはひとつしかないのに、知らない間に、M氏と自分との間に違いを作り、

分離した意識で彼を見ていたのだ。


僕にそれを気付かせるために、彼は一役買ってくれたのだ。

そう思い至ったとき、とてつもない愛と感謝が込み上げてきて、泣きそうになった。

(はい。正直に言います。ほんとうは泣きましたっ!)


存在していないものに意味をつけるのをやめる。

解釈するのをやめる。

ただ、無い、として兄貴に明け渡すのみだ。

兄貴にとどまる。もうエゴは選ばない。


今回の事で、少しぶれていた軸がパンッと戻った感じがする。