香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ピンクの誘惑


↑最初は向こうを向いて掃除していた兄ちゃん。

↑と、急にこちらへ落ち葉を掃きながら突進してきた。それも地面のみを見ながら。

今日は日帰り弾丸広州出張だった。

直通列車で片道2時間の旅。車内では小説を書いたりして、充実した時間を過ごした。


訪問先のオフィスがある駅で地下鉄を降り、地上に上がったら、なぜかいきなり、

街路をぼうきで掃除していたお兄ちゃんが、いきなり踵を返し、すごい勢いで僕の方へ

落ち葉を掃きながら近づいてきた。ひえええー、とあわてて逃げる。


そう言えば、今日一日を通して、なんか変だった。

街ゆく人々、喫茶店で周囲に座っているお客さん、列車の待合室で、

一緒に列車を待っている人たちなど、多くの人たちが、僕の方をじっと凝視してくるのだ。

すれ違いざま、じいーと注視しながら通り過ぎられたり、そうかと思えば、

地下鉄で向かいに座った男性が、乗っている間中、僕の顔を本当にじいーっと

びっくりしたような眼差しで見つめてきたりする。

以前からもよくこんなことがあったので慣れてはいるが、正直ちょっと気持ち悪い。

こうなる真相を知っている人がいれば教えてください。



今日の訪問先は大手人材会社のインテリジェンスさん。

最近、テンプスタッフと合併し、華南地区では一大人材会社となった。

佛山の工場に入社していただく経理事務員さんの面接に来たのだ。


二名面接した。候補者の方は共に20代の女性で、性格、仕事経験、能力ともに問題はない。

そのうちの一人は、うちの工場から5分の場所に住んでいて、

旦那も近くの日系企業に勤めているのだという。

ただ、この女性、白い薄地のブラウスを着ていたのだが、下着のブラジャーが、

はっきりと透けて見えているのだ。

それも、ショッキングピンクのフリルフリフリのやつで、

本人は全然気にしていない様子なのだが、僕は面接の間中、ずっと目のやり場に困っていた。

中国ってこれが普通なのだろうか。

家も近いし、できれば彼女を採用したいのだが、毎日こんなスケスケで来られてもなあ、

とちょっと引いてしまう自分もいる。


一切の意味付けをしない。エゴの設定を見ているだけ。彼女は無だ。

ああ、でもでも。でもでも…。

あにきーっ! 次はこれかい。

よくまあ、これだけいろいろと出してこれるもんやな。

ほんま、感心するわ。


↑広州っていつも霞んでる。

担当していただいている人材会社の日本人スタッフの方と、

面接後しばし雑談をする。

背の高い矢口真理といった感じの方で、

いつもどんぴしゃの人材を紹介していただいて、本当に助かっている。

いろいろ話していると、中国も労働ビザの取得が厳しくなっているとのこと。

60歳以上の外国人にはもうビザが下りないらしい。

話をしながらも、エゴに設定された物語を赦し、今日のお仕事終了となった。


明後日から大阪の実家へ里帰りだ。

実家にはインターネットもないし、ケータイも香港のケータイしかないので、

ラインとかもできない。もちろんブログの更新もできない。

でもこれって、小説の創作にはもってこいの環境なのだ。

よっしゃ。ここで一気にてっぺん取りにいくでー!(まだやるんかい!←兄貴)