香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

なにもしない

引き出しを整理していたら『生命の書』なる分厚い封筒が出てきた。

すっかり忘れていたのだが、10年くらい前、マカオ在住の、すごい霊力のある、

江原啓之さんのような大師に書いてもらったのものだった。

当時は、次の仕事がなかなか決まらず、面接にも落ち、くよくよ悩んでいた時期で、

友人に相談すると、マカオにものすごくよく当たる大師がいるから見てもらえ、といわれ、

藁をもすがる思いで電話をしたのだった。

電話で生年月日と名前を告げると、3週間ほどしてから電話がかかってきて、

生命の書ができたから取りに来いと言われた。

指定された日時に香港のアパートへ行ってみると、髪を七三分けにした、小柄な、

役場のおじさんのような男性が出迎えてくれた。

弟子の人か何かだと思っていたら、えっ、この人が大師?

彼は30枚くらいの便せんにぎっしりと書かれた僕の運命を、穏やかな笑みを浮かべながら、

ひとつひとつ丁寧に解説してくれた。


過去の運命を見てびっくらこいた。

僕のおばあさんが亡くなった年と月、バイクで事故を起こした年と月、

海外へ始めて行った年と月に場所まで書いてあり、すべてあたっている。

あいまいな表現は一切ない。

当たってるかと聞かれ、うなづくと「じゃあ、未来も多分当たってるよ。」と言われた。

未来10年間の予想は詳しく書かれ、それ以降の運命については、

大きな出来事だけが、10年単位で大まかに書かれたあった。

それによると、何年何月に大きな部屋に引っ越しするとか、

何年何月に東京の会社に入るとか、ベトナムに行って仕事をするとか、挙句の果てには、

書籍を出版するとまで書いてある。

当時、職が決まらず、ピーピー言っていた自分には信じられないことばかりだ。

だが、今、振り返ってみると、すべてあたっていた。


「人はね。すでに起きてしまった出来事をなぞっているだけなんですよ。

まあ、それを言っちゃあおしまいだから、言わないことにはなっているけれど。」

と大師は言っていた。

しかし、そんなことを言われても当時の僕には理解などできるわけがない。


いまは、もうこれから未来に何が起こるかは、あまり重要ではなくなってきている。

未来を変えるのではなく、消去してゆくのだ。

一つ一つの出来事を〝ない〟と認めて終わらせてゆくだけだ。

もう、本当に何もしない、ということを真に理解し始めている。

和歌山のリトリの時、本当に何もしなくていい、というハレ師匠に

「そんなこと言っても、今も現にここで何かしているじゃないですか。」

と食ってかかっていたっけ。でも今はわかる。

もう本当に何もしなくてもいい。空間を流すだけ。それが赦しだと。


さっき、神戸リトリでの音声を聞いていたのだが、

「本当に何もする必要はない。もう、やめる。それだけでいい。」と力説するハレ師匠に

「じゃあ、椅子に座って微動だにせず虚空を見つめているのですか」

と質問する僕に向かって

「そうですね。それでもいいです。」ときっぱり答えるハレ師匠の言葉の意味を、

この〝生命の書〟のおかげで、真に感じることができた。

兄貴、やるなあ。


あっ、もうひとつびっくらこいたことが。

昨日、びゅんびゅんしながら赦した、あの〝上から新入り営業マン〟だが、

今日電話で話したら、全く別人のような優しい穏やかな人になっていた。どういうこと?