香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

田中さん


↑気合十分のてっちゃん。東京人オーラがまぶしい。

われらがヒーロー、兄弟てっちゃんが、

長年のパートナーであるさおちゃんと、めでたく電撃入籍―ッ!! 

イエーイ! キャーッ! ぱちぱちぱちぱち〜!

本当におめでとうございます。

写真は今回 「さおりさんを一生幸せにします。」

と九州男児のお義父さんに宣言するべく、

てっちゃんがさおちゃんの実家を訪ねた時に撮ったものだ。

ブログにアップしていい?って訊いたらOKが出た。ひゃっほーい!

初対面のご両親に挨拶に行くんだから、ちゃんとスーツを着ていくべし、

と僕がアドバイスをしたら、到着した空港で着替えたんだって。

なかなか決まってるじゃん。かっこいいよ!


きっと、これからは二人とも、今まで以上に学びを深めて、

一緒に父が待つ故郷へ戻っていくんだろうなあ。

まさに出会うべくして出会ったって感じだね。

これから兄弟てっちゃんは、僕らにさおちゃんのことを話すとき、

なんて呼ぶのだろう。

うちのやつ、おくさん、よめさん、かみさん…。

やっぱ、さおりっぺが一番しっくりくる。

僕が東京へ行ったときに、いっぱいお祝いするからね。


↑ ああ、でもやっぱり緊張するよーッ!

というわけで、今日は佛山工場。

今朝、電車と船と車を乗り継ぎ、半日かけて移動したのだが、

その間、ずっと乙女ののりちゃんの講義を聞いて過ごした。

中国の海域に入り、YOUTUBEが受信できなくなると、

奇跡講座を読んで過ごした。

乙女ののりちゃんの講義は、日常生活を使って説明しているので、

すごく理解しやすい。ボードもきちっとまとめられていてシンプルだ。

ああ、この状態はこの部分のここから来ているのか、とすぐわかる。

受講者の皆さんの受け答えや質問もすごく深くて、

ひとり、異国の船の中で映像を見ている身としては、とても心強い。

ありがとうございます!


そして、映像の中で深く入ったのが〝肉体を見ない〟、ということだった。

肉体を見ない、ということは、肉体としての他者に差を見ないということだ。

もう誰をも神の子としてしか見たくありません、と兄貴に宣言して、

いい感じに進んできてはいたが、

今日の午後、工場で仕事をしている最中に、

なんか、そういうのとは違う感覚に陥ってしまった。


他者の肉体が、なにか得体のしれない、奇妙な生き物のように見えたのだ。

以前、ゲイリーの講演会で会った女性(Rさんだったと思う)が、

自分の肉体を見て、気持ち悪い感覚を持ったと言われていたが、

僕の場合は、他者に対して、彼女と同じ違和感を覚えたのだ。

なんていうか、ゾンビっぽい薄気味の悪さを感じたのだ。

生きていないのに動いている、みたいな。

〝彼をずっと田中さんだと思っていたが、何なんだ。この変な生き物は!〟

〝これをナイフで切り裂いても、田中さんはどこにもいない。〟

〝本当の田中さんは、これじゃない。〟

言葉ではうまく表現できないのだが、一言で言って、不気味なのだ。


もし、まだ僕が〝肉体なんてない。神の子しかいない。〟

ということを理解していない頃だったら、きっとそのまま虚無の世界に陥り、

恐怖と気持ち悪さで、寝込んでいただろう。

しかし、少しづつでも赦しを実践してきたからか、

そっちのほうへは行かずに済んだ。

〝こんなのを田中さんだと思っていたなんて。バカみたい。〟

〝この肉体が何をしようと、本物じゃないんだから関わる必要はないのだ。〟

〝見えている肉体は田中さんなんかじゃない。〟

〝この肉体も、あの肉体も、みんなうそっぱち。結局、神の子しかいないんだ。〟

となっていった。


この感覚は、夕方にはだんだんおさまってきたのだが、

ちょっと、真剣に講義の映像を見すぎたからか、

はたまた、わざと兄貴が見せたのか、

どちらにせよ、架空の世界をフワフワ歩いているような、変な一日だった。


最後に 「田中部長。お疲れさまでした!」