香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

わたしはなにもしてません


本来なら今日はコースの読書会の日なのだが、

今日は冬至なので本日の読書会はお休みになりました、

と主催者からメッセージが来た。ちょっとホッとする。

夜10時まで勉強会はつらいなあ、と内心思っていた。


香港人はなぜか冬至の日をとても重要視する。

会社も午後4時くらいには終わり、夜は家族全員で

夕食を共にするのが習わしとなっている。


今日は、0と1の設定で割り振られている役割を

ただ、淡々とこなした。

昼からは、保険会社の人と銀行の人が

続けて年末の挨拶に来られ、

コーヒーを飲みながらいろいろと話す。


海外傷害保険の更新について。

佛山工場のオールリスク保険の見積もりについて。

6か月の為替予約にするとレートがどれだけよくなるか。

外債口座開設の手順について…などなど。


設定の役は一応演じつつ、微妙に出てくるものを兄貴に渡す。

これは全部嘘だ→何も起こってない→

故に何の罪もない→わたしは神の子です

しばらく静寂。やがてエックハルトの〝チィ〜ン!〟


最近は兄貴の反応が本当に速くなった。

仕事中、ずっと兄貴、兄貴、と

こんなことばっかりやっているので、

起こっていることがどうであれ、

渡すと状況が急変し、最後には平穏が訪れる。

それを何度か連続で経験するうち、

兄貴の存在が確信へと変わってゆく。


赦しが進むと、会う人がみんな〝愛〟に見え、

「ありがとうーっ!」と感涙する人がいるが、

僕の場合は、反対に目の前の人が、

HMDの仮想空間を漂う、ただの動くバーチャルキャラ

のように見えてしまう。


ただ、実相の世界の方が

圧倒的にリアルになってきているので、

仮想空間が意味を失くしたからと言って

虚無に陥ることはない。

むしろ、仮想空間の中に自分が存在していないことに

悦びを感じる。


こんな感じで銀行の人と対峙しながら、

目を閉じていると、光の海が瞼の裏に拡がり、

相手の体が光っているのが見えた。

これが見えたのは、アンフィニの時以来、久しぶりだ。


銀行の人が帰った後、本社人事部長から電話があった。

あのX-DAYの日に設備移管を担当した

日本人駐在員のC氏を12月一杯で解雇するので、

必要な手続きをしてくださいという依頼だった。

彼は〝大いなる赦しの日〟に向けて結成された

〝チーム匠〟の一員だった。(※7月30日の記事参照)


この報を聞いても、なんの赦しも起きなかった。

解雇理由も、聞くのを忘れるほどだった。

ただ、設定が流れていくだけ。

多分、この設定はX-DAYの〝大いなる赦しの日〟で

削除されたのだな、と直感する。

もう、本当に世界を信じなくなっている。

ちょっとヤバい、と思う。


帰りの電車の中、昨日のブログで熱く語った

〝隠れた赦し〟について、自分を赦した。

そんなことをやっている人など存在しないし、

故に、そんなことをやっていても、なんの罪もない。

愛でしか兄弟を見たくありません、と兄貴に渡す。

しばし沈黙。

そして、エックハルトの〝ちぃーん!〟。

終わった!