香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

春一番!

今日は、家の窓を修理しに来ると言うので、

昼から半日有給休暇を取った。

2月の月次の締め切りが10日(明日)なので、

今日の午前中、ケリーやふぁちゃんに、

やいのやいの、と催促する。

しかし、本人たちはいたってマイペース。

「締め切りが10日ということは明日中ですよね。

今日の午後にメールで送っておきますから、

明日チェックしても間に合いますよ。どうせ香港にいるんだし…。」

まあ、そりゃそうだ。はははっ…。


日本では花粉症の季節らしいが、香港にはない。

兄弟てっちゃんは、僕が日本へ帰国した数日後くらいから

症状が出はじめ、いまがピークらしい。

それで、彼からは、

「花粉症を明け渡し、大放電しながら

赦しのレッスンにするのだ。」というメールが来た。

は、は、はっくしょ〜ん!

それと、いま、〝星谷文庫〟創設をめざして始動をはじめた。

会社登記や商標登録も視野に入れている。

WEB管理やプロモーションは兄弟てっちゃんが、

引き受けてくれることになった。

編集者や出版社にとらわれずに書ける場所で、

その読者のためだけに書くピンポイントの作品、

または限りなく詩に近い短編、

などを発表できたらいいな、と考えている。 


今年は、故郷へ帰還するための明け渡しと同時に、

思考からではなく、

兄貴と一緒に、楽しいと思う方向に、

どんどん動いて行こうと思っている。

ただし、これが幻想だと言うことを

完全に自覚したうえで…。