香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

偽りの日々

昼休み、久々にキックボックスのクラスに参加した。

1時間のクラスだが、着替えやシャワーの都合で、

25分くらいしか参加できなかったが、

パンチやキックやアッパーカット、回し蹴りなど、

普段使わない筋肉をフルに使い、楽しかった。

多分、明日の朝は、

筋肉痛で大変なことになっていると思う。

昼の遅い時間、保険会社を訪ねるため、

九龍からフェリーで香港島へ渡る。

一人潮風に吹かれていると、平安が込み上げてくる。

平安を感じたと同時に、そうはさせまいと、全力で、

仕事上の人間関係、友人のこと、小説のこと、

さまざまな思考が自動的に湧き上がってくる。


じっと見とめる。


もういいよ。こんなの要らない。

これは自分ではない。だから、自分に罪はない。

すべて放出し、設定を兄貴にささげ、削除してもらう。


保険会社での打ち合わせが済み、家路を急いでいると、

ケータイが鳴った。本社の管理部長からだった。

一度引き継ぎ書を持って佛山の工場へ行き、

関係者へ引き継ぎをしてほしいという内容だった。

聞けば、品管部長から、ちゃんと引き継ぎをしていない、

とクレームが来ているという。

「ちゃんとやらないと、嫌われたら面倒ですよ。」

みたいなことを言われた。


「幻想ですよ。それに赦すだけですから。」

と答えている自分。


そうは言っても、人からそんな風に思われているのか、

と気になりだす。

しかし、もう昔のようにストーリーにはまり込み、

そこから別の物語を紡ぎだすようなことはしない。

こんな嘘っぱち、もうほんとうに、要らない。


明け渡し、赦す。


最近、父の国、父の愛以外、望まなくなっている。


昨日、半分ネタで家賃のことを書いたが、

それも、どうでもいいことだ。


そして、ここはもう自分がいる場所ではない

とも思い始めている。

〝偽りの日々〟はもうやめる。

やっと100%決心がつきかけている。