香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ニセモノの平安

今日、昼過ぎに起きてみると、大量の不在着信が…。

ふぁちゃん2件、本社人事部2件、

フィリピン財務のモナちゃんから3件だ。

何かあったのか。いきなり胸がバクバクする。

そうだ。今日から香港以外は出勤だった。


パソコンを立ち上げながら、

モナちゃんやふぁちゃんに電話を掛ける。

WEBバンキングでの振込承認の催促だった。

特にモナは今日の2時までにTAXの支払いを

終えなければヤバいのだという。

時計を見れば、1時52分。マジやばいっ!

急いで銀行のウェブサイトで承認作業を行なうが、

ちょちょまってしまい、手順を忘れる。

結局2時を過ぎてしまい、モナがあちこち電話し、

再度手続きをし直して、何とか支払いをクリアできた。


佛山のふぁちゃんの方は、支払い承認をしようとすると、

何度やっても中国銀行のパスワードでエラーが出る。

ひょっとしてパスワードを変えた?

いや、記憶にない。

何度か試しているうちに、ロックされてしまった。

このロックは明日にならないと解除されないと言う。

給料の振込なので、10日までに完了しないとまずい。

明日の朝、もう一度試してみて、もしダメなら

銀行に問い合わせることにし、

ふぁちゃんとの電話を切った。


この一連のやり取りの間、

ずっとエゴの世界に入り込みっぱなし状態だった。


このびゅんびゅんする気持ち悪さを赦す前に

一度ちゃんと感じて、観察してみることにした。


あると思い込んでいる罪悪感が追いかけてくる。


この連休が平安で幸せだったのは、

世間のみんなも連休で休んでいたからだ。

もし、自分が自由業で、または失業者で、

みんなが働いている時に、一人家でお籠りしてたら?


ニセの平安を兄貴に明け渡す。

今回は大放出ではなく丁寧にやる。

赦すのはちょちょまってドキドキした自分ではなく、

その基盤になっている、分離から来る罪悪感だ。


分離なんてしてない→世界なんてない→故に罪はない

→兄貴、この間違った設定を全て削除してください

→神しかない→明け渡し→沈黙


午後、チンチン電車でそごうまで買い物に出る途中、

ずっとこの赦しをやっていた。


兄貴への明け渡しを終え、

初夏の風を感じながら路面電車に揺られていると、

幸せな感情が込み上げてきた。

まだいろいろ出てくるけど、明け渡せているかな、

という考えは一切無視する。関わらない。


このイースターの休暇でまた玉ねぎの薄皮が向けた。

最近、長い休暇が節目になっているような気がする。

イエス様、やっぱり復活しといてくれてありがとう。