香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

高田馬場で天敵現る

花の都、東京にいます。

いつものように歯の漂白をしてもらった後、

駅前のミスドでさおちゃんを待ちながら書いている。


毎度おなじみ高田馬場での座席争奪戦は、

時間がまだ5時前だったせいか、

百戦錬磨のリーマン軍団もおらず、

楽勝だあー、と思っていたら、

僕の列の前に、女子高生軍団が…。

結果は…。


負けた。

恐るべし、日本の女子高生。

おまえら!もうちょっと老人をいたわれ!

若く見えるけど、中身はもう老人なんや!


まあいい。これから4日間、東京にお世話になるのだ。

ここは相手の顔を立てて、負けておいてやろう。


高田馬場バトルの後で言うのもなんなのだが、

やっぱり、日本の波動は柔らかくて気持ちいい。

空気、水、食べ物、人々の物腰、日本語、

全てが繊細で心地よい。

他の国で感じる、なんていうか、

常に警戒しているような、

主張して勝ち取るような、

びりびりした感じがないのだ。


あっ。さおちゃんきた。よかったあ。でないと、

ここのドーナツを制限なく食べてしまうとこだった。

さあ、今日からたくさん兄弟たちと語り合うぞ!