香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

風水と赦し


↑真鍮の鶏を窓の外に向かって置く。


7年ほど前から、ずっと同じ風水師の先生に、

家の風水を観てもらっている。

林先生という、台湾に住んでいる、

よれよれのシャツを着た、

70歳くらいの小柄なおじいさん。

すごく当たる、と評判の先生で、

香港にもたくさんのクライアントがいる。

決して高額の料金を要求せず、

金持ちからの依頼は受けない、

という、ちょっと変わった先生でもある。


僕も2008年のリーマンショックのころ、

前職を辞めたはいいが、次の職が全く決まらず、

にっちもさっちもいかなくなっていた頃、

友人の紹介でこの先生に出会った。


当時、林先生を駅まで迎えに行き、

そのころ住んでいたアパートへ来てもらった。

家の配管の位置を調べ、僕の生年月日と出生時間

それから風水盤で方角を確認してから、

さまざまなアドバイスをもらった。

玄関に黄色いマットを敷いたり、

緑の玉石を火の気のある場所に置いたり、

ヒョウタンをベッドに吊るしたり、

いろいろと指示が出た。

それから、時間を見計らって、

五寸釘を家の、とある場所に打ちつけた。

また、絶対に行ってはいけない方角も指示された。

その後、藁をもつかむ思いだった僕は、

早速指示通り、指定の風水屋さんでグッズを買い、

言われたとおりのことを実行した。

それからほどなく、今の会社に就職が決まった。


↑昔の小銭を窓に5個置く

そして、今のアパートに引っ越した際にも、

林先生に観てもらった。

このときは、引っ越す前に来てもらい、

家具の位置まで事細かに指導してもらった。

僕は海よりも山からの気をもらうタイプらしく、

裏に山があるのはとてもいいと言われた。

そして、リビングに一か所だけ〝財位〟

と言われる場所があり、そこにソファを置き、

日常はそこで食事をしたりするよう指示された。

そうすると、お金に困らないということだった。


↑水を使う洗濯機の前にガスコンロはだめらしい。
 なので、緑の玉石で結界を張る

林先生に見てもらってからしばらくして、

僕はアンフィニに出会い、コースに出会い、

風水のことなど、全く忘れてしまっていたのだが、

先日、湯沸かし器の修理の際に鶏の置物を見つけ、

風水は3年単位で変化するため、

そろそろ林先生に来てもらわねば、と思った。


でも、もう林先生には電話をしないと思う。

まあ、そりゃそうだ。

地球なんて無い、と言っている人間に、

そもそも風水など必要あるのか、という話だ。


風水って、

結局は努力や苦労の代替品なんだと思う。

これだけの苦労をしたのだから、

ちょっとくらい、いい思いしたって、

バチは当たらないはず。

これだけ努力したから、金持ちになっても許される。

ここまで頑張ったんだもん、

休んだって何も言われないだろう。

そんな、分離から来る罪悪感を

隠ぺいするために課していた努力や苦労を、

水晶や金魚鉢に肩代わりしてもらおう、という

なんとも、都合のよいツールなのだ。


しかし、隠ぺいする罪悪感がないと分かった今、

もう、このツールを使い続ける理由がない。


ただ、何もしなくても痩せる風水、

とかだったらやるかも…。