香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

バシャールを語り合える同僚発見!


↑いつも泊まるホテル。半分ラブホ?

連休明けで、いきなりフィリピンに来ているのだ。

いつも利用する格安航空のセブパシが運休しているので、

今回は高級ドラゴン航空できた。

CAのお姉さんきれい。タイトな赤い制服も萌えーっ!

ということで、

機内ではゲイリーの本を読みながら優雅に過ごした。

明日は午前11時のフライトなので、

8時半にホテルを出発すれば間にあう。

朝3時半起床の弾丸セブパシとは大違いである。

ああ、しあわせ!


今日はずっとフィリピン工場のオフィスで、

ルーチンの業務をこなしたあと、

工場長と来期の損益シミュレーションをした。

今期組んだ予算があまりよくないので、

2期連続赤字はなんとしても避けたいと、

心配になった工場長がシミュをすると言い出したのだ。


しかし、何度やっても、どこを削っても、

なかなか思うような数字にならない。


〝幻想そのものである自分にできることはない〟

〝この設定を全部捧げますから聖霊兄貴お願いします〟

〝もう僕はなにもしません。なにもやりません〟

〝もうこんなありもしないものを見るのは嫌なのです〟

上がってくるイライラ、ソワソワ、ビクビクを

聖霊に全託し続けながら、言われるままに数字を入れる。


ここをもっとこうしたほうがいいのでは、とか、

そこはこういうふうに変えましょう、なぜなら…、

みたいな、

自分の存在価値を示すための発言はしないことにした。


それからも、できる限り聖霊モードで過ごした。

愛がやってくれば、それを延長し、

攻撃が来れば、ただ赦す。


フィリピンのスタッフの人たちはすっごく礼儀正しい。

何を聞いても必ず最後に「サー!」をつけて答えてくれる。

「イエス、サー!」「ソーリー、サー!」「OK、サー!」

表面上であれ、形式的であれ、そんなのどうでもいい。

こちらも思い切り愛を延長して接する。

途中、100円ショップで買った老眼鏡の縁の部分に

ひびが入り、折れそうになったので、

アロンアルファを借りようと、2階の製造部へ向かった。


そこの生産管理課長(日本人/男/48歳/結婚4回目)が、

机の中をかき回して接着剤を探してくれている間に、

ひょいと彼のパソコンを覗き込むと、

〝ハートの贈り物〟というページが開かれていた。

アセンションや、マシュー君や、宇宙の情報が綴られた、

人気ブログの、あれだ。


聞けば、スピリチュアルに興味があり、

以前からずっと自分や宇宙について、

探求しているのだという。

僕がバシャールの話やコースの話をすると、

大変驚いてて「うわあ、語り合いたいなあ」と言われた。

ちょうど彼がISO監査の真っ最中だったので、

あまり長話はできなかったのだが、

身近に、しかも工場でこういう人に出会えるなんて、

ちょっと意外でもあり、ひゃっほーい、でもあった。


この課長さん、いつも坊主頭で、歯を見せると、

笑っていなくても笑っているように見える。

フィリピンに来て2年半ほどになるのだが、

その前は、すでにクローズされた深圳工場にいた。

当時、僕はずっと香港勤務で管理部門だったので、

工場での内情はあまりよく知らないのだが、

噂によると、彼は入社早々、

大きなプロジェクトを任され、それに問題が出ると、

ものすごく怖い顧問が日本からやってきて、

毎日毎日、大声で彼を罵り、しまいには、

ちょっとしたメールの字の間違いまで指摘して怒り、

とうとう彼はうつ病になって、自殺寸前のところで、

見かねた当時の総経理が、そのキレキレ顧問を追い払い、

彼をフィリピンへ異動させのだという。

それが功を奏したのか、

ここフィリピンで、彼はみんなからも慕われ、

水を得た魚のように生き生きと過ごしている。


今度来たときには、

絶対いろいろと語り合いたいなあ。

でも、自分ではわからないだけで、

こうやっていろいろやっている人っているのかも…。


ようし。

これからはもっと全開でウツボカズラやろうっと。

そうすれば 「あっ、あそこに仲間が!」

と思ってくれるはず。(ホンマかっ!)