香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄貴の作業



てっちゃんち最終日も朝4時まで語り合ってしまった。

この5日間で飲んだワインは、

のりちゃんちで飲んだ分も含めれば、なんと9本!

でも、時間が深すぎて楽しすぎて、全く酔わなかった。


吉祥寺で兄弟てっちゃん夫妻と別れ、東京駅へ…。

てっちゃんはそのまま職場へと向かった。


そして、夕方5時過ぎに大阪の実家に戻った。

父は僕を見るなり、男前やなあ、ええ男になったなあ、

と、何度も何度も同じことを言う。

「今日は咲ちゃん(孫のこと)にも道ばたで会えたし、

 息子も帰ってきたし、ほんまに幸せな一日やなあ。」

とニコニコしながら繰り返す父。

僕も、うんうん、となんども頷き返す。


父、もうすぐ79歳になる。

少し〝ボケ〟が入ってきている。耳も遠い。

でも、いつもニコニコしている。

こんなおじいちゃんなら、なってもいいかな、と思う。


↑ビューマネントのシラー。この渋みがたまらない。

実家の自分の部屋でひとり、書き物をする。

夜中の1時、雨が降っている。

心は静かだ。なんの赦しも上がってこない。

静かに目を閉じ、静寂でいる。

自己の内側に輝く光を、ただ感じ続ける。

自分は完全で、無辜で、すでに安らいでいる。

ここにしかいなかったし、自分は〝それ〟そのものだ。

すでにそこに在る自分でいる。


そして、聖霊の声に耳を傾ける。

その声にしか耳を傾けないし、その声しか聴かない、

と深く宣言する。


東京では、兄弟たちとさまざまな共振があったが、

大阪では、静かに聖霊の声と向き合おうと思っている。

日付は変わって金曜日、おみえパパのところで、

カラーリングとカットをしてもらった。

今回は前回よりももっと明るい色に仕上げてもらった。

なかなかハーフっぽい感じになり、大満足!

おみえパパが、しきりに、

担当してくれた女性スタッフと僕を、

〝くっつけよう〟としてくるので笑っちゃった。

「彼女も独身!歳のバランスもええ感じやで。」

関西を感じることができてうれしかった。ありがとう!


その日の深夜、

なんだか、自分のことも、聖霊のことも、なにも考えず、

ただ実家の畳の上で、座布団を枕に、

ひとりぼけっとしていると、

背中からぞわぞわと渦が起こり、

身体(?)がキュルキュルと上昇してゆく感覚に陥った。

怖い、と一瞬思ったが、止めたくなかったので、

そのまま踏ん張った。

そして身体(意識?)はどこまでも上昇してゆき、

ぐわんぐわんと何かが自分の中で回転しているような、

何かが書き換えられてゆくような、

奇妙な感覚に支配された後、元に戻った。


こういう聖霊の作業は、

赦しのことも、聖霊のことも、

日常のことも、自分のことも、

なんにも考えずただ〝それ〟でいる時に起きるのだな、

と思った。

そしてただ〝それ〟でいるときというのは、

一瞬でも心が安らいでいる時、全てを忘れている時、

無我の境地で何かに熱中しているとき、つまり、

ハートだけにいるときなのだと…。