香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

一日単位ってどうかと思う


↑ありんこからは僕がどう見えているのだろう。

今日の香港の気温は23度。

もの哀しい秋の気配が漂い始めた。

でも、オフィスは、相変わらず、死ぬほど寒い。

ガンガンクーラーつけてる。

ケリーなんかジャージを着て、クーラーつけてる。


香港のひとたちは、

室内を常に冷たい空気で流動させていないと、

病原菌が繁殖し、病気になると思っていて、

気温8度の冬日でも窓を開け、暖房を使用せずに、

部屋の中でダウンジャケットを着て過ごす。

結果、風邪を引き、病欠続出となる。


あっ、はいはい、兄貴。

世界があると思っていた勘違いの考えを手放しますぅっ!

罪は嘘っぱちだった、と見て兄貴に委ねますぅっ!


昨日はいろいろなエゴの投影が出てきてちとキツかったが、

逃げずに捉え、ずっと聖霊兄貴に丸投げしていた。

寝ているときも、聖霊兄貴いいぃぃーっ!

と、寝言で唸っていたような気がする。


わかっている。

スパイラルの、ある段階に差し掛かるときは、

いつもきつい。何もなくてもきつい。

そして、昇華し終えると楽になって、

幸せなハートの振動とものすごい光に満たされる。

分離はなく、世界もなく、赦すべきものもない、

という領域に出る。

これの繰り返し。

そうやって、少しずつ正気を取り戻してゆくのだ。


ノンデュアリティのように、

それはただの表現でしかないんです、

と、かっこよくやっていければいいのだが、

つまるところ、僕はやっぱり、

〝ひいいー、ぎええー、ういいいーっ、あびぶ…。〟

と、映し出される強烈な〝消え行く姿〟を手放し、

ただ起こっていることが起こっているのだと、

地獄経由で終えていく設定なのかも…。

(兄貴!ここは〝かも…〟で止めておいてくれ!)(笑)

まあいいや。

地獄に付き合ってくれる兄弟もたくさんいることだし。

乙女ののりちゃんとか。兄弟てっちゃんとか…。(爆)


でも、まあ、本当は、

これが父が待つ故郷へ帰還する、

一番確実で、もっとも最短な方法だと、

知っててやっている。

(半ばスワット兄貴の導きでもあるのだが…)


でも、頼れる兄貴がいてくれて本当によかった。

兄貴がいなかったら、どうしていいかわからなかったよ。

兄貴がいるから、安全に正気を取り戻してゆけるのだ。


昨日のブログでは、

赦した後はその波動に関わらない、

と力説していたが、

このトレーニングが効いたのか、

今日は、自分と、その関わる相手自体が無で、

一者がすべてをやっている、という感覚になっている。


やはり、これも完璧な兄貴が敷いた軌道だったのだろう。

でも、一日単位で見え方が変わる、

って、どうなのだろう。


兄貴!

ちょっとはこっちの身にもなってくれ!