香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ほぼほぼフリーエネルギー

フィリピンにいる。

本当に来たくなかった。

そんな思いで、今朝、空港まできたとき、

一通のメールを受け取った。

このブログの読者の方からで、その中に、

「苦しみも、罪悪感も、ただ湧き出てくるもので、

 明け渡すのはそこじゃない…。」

という一文があり、それを見てががーっ、ときた。


明け渡すのは湧いてくるびゅんびゅんでもなければ、

0と1の設定の周波数でもない。

真にまるごと兄貴に渡すのは、

それを感じている幻想としての自分のほう…。

もっと突きつめれば、個人としての自分ではなく、

工場や、工場の椅子や、フィリピンの空気、

波動も含めた、全体で表現している方の全てだ。


飛行機の中では、

ハートを取り込もうとする幻想の自分を退かせ、

ただ、兄貴に道を譲り続けた。

もう、一者まるごと丸投げ状態。

言い換えれば、在りもしない世界を丸投げ!


これまでなんどもこの境地は味わってきたのに、

知らぬ間にずれていた。

聖霊兄貴がよこしたメールだったのかな。

ありがとうございました。

工場に着くと、

以前、このブログでも紹介した、スピ系技術部長が、

「ほぼほぼフリーエネルギー装置ができました。」

と、小さな箱のような装置を持ってやってきた。

スイッチを入れ、モーターが回り出した。

一応電池に接続しているのだが、

電池の電力を95%フリーで回しているのだという。

どうやって作ったのかと訊けば、

宇宙人のチャネリング情報などを伝えておられる、

僕でも知ってる有名なブログに出ていた

フリーエネルギー装置についての記事を読み、

興味を持った彼が、直接本人に問い合わせをして、

思考錯誤しながら作ってみたらしい。

自分で作ってみよう、と考えるあたりが理系だね。

すごい!えらい!敬服!

まあ、こんな感じで一日目は終了。

でも、もう、仕事中も赦ししかしてないよ。

赦しとかしなければ、多分闘ったり護ったりしながら、

もっと平坦で穏やかに過ごしていたんだろうな。


明日は、昼から恐怖の発表ミーティングがある。

でも、すべての中で起きていることだけが起きていて、

僕はその世界をまるごと取り消し依頼するだけなのだ。