香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

なんだ、もうここにいるんじゃん!



今日は定時で退勤し、ジムへ直行した。

なぜだか無性に体を動かしたくなったのだ。

これも、近頃はめっきり出張も少なくなって、

一日中デスクに腰掛けているせいかな?


様々な部位の筋肉に心地よい程度の負荷をかけ、

1時間ほどトレーニングをした。

そして、最後はいつもの瞑想で締める。

ああ、気持ちよかった。


あっ、そうそう。

今日の昼休み、不思議な体験をした。

皆さんはガヤトリ・マントラ(?)ってご存じだろうか。

僕はインドとか、マントラとかには全く興味がなく、

昼休みに五井先生の映像をYOUTUBEで見てたら、

横の関連映像のところにサイババの写真があり、

何気なくクリックしてみると、

なんだかお経のようなものを延々繰り返している。

その音声がなんだか耳に心地よく、

ちょうど昼寝をしようと思っていたところだったので、

並べた椅子に足を伸ばし、ブランケットを被って、

子守唄代わりにこの音声を聞きながら、

仰向けになって昼寝をはじめた。

しばらくして、ほとんど熟睡しかけたころ、

いきなり、誰かに太腿を、パンパンパン、

とはたかれて目を醒ました。

ハッ、となって辺りを見渡すが誰もいない。


ええーっ? 確かにさっき、誰かに平手で叩かれた。

叩かれた際の感覚も皮膚に残っている。


まあいっか、と思いながら再度聞き続けていたら、

ウトウトしかけた頃になって今度は、

右の二の腕を、パンパンパン、と叩かれた。


その後、すぐにネットが接続不能になり、

音声を聞けなくなってしまった。


うわっ。なに?これ…。気持ち悪っ!

昼休みはオフィスの電気を落としている。

暗がりの中、すごく怖くなった僕は、

即刻昼寝を中断し、

ケリーのデスク近くでコーヒーを飲んでいた。、


そして、訳が分からないまま、

とりあえず兄貴にお任せ、で終了。

神との分離って本当に起こっていなくて、

自分はいま、ここにいるこの瞬間にも、

完璧な存在で天国にいるのだ、と、最近ようやく、

知識ではなく、智識としての自覚を持ち始めてきた。

もちろん、おぼろげ、ではあるけれど…。

眼前に映し出されている映像と、

その裏側から照射されるハートの世界が、

反転を起こしつつあるのだな、と直感する。


分離は一度も起こっていない。

だから、自分は今でも神の国で安らいでいる。

今までは、その安らいでいる神の子の自分が、

どこか、こことは違う別の場所にいて、

そこへ自分は帰ってゆく、というイメージだったが、

ここへきて、その実相の世界は、

自分が今いる世界と重複してあり、

変える必要もなければ、戻る必要もない。

すでにここにあり、ここにいる。

〝受け入れる〟だけだということがわかり、

とても安心した僕なのであった。