香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

これ、全部ウソなんです!


佛山のフードストリート。中国中の料理がある。

今日はウェブを使っての全社会議の日だった。

僕自身が何かを発表する、ということはないのだが、

各拠点の発表者が答えに詰まって、うう…、

となった際などに、フォローをする役目がある。

こういうのって、一番しんどい。

発表者であれば、自分の番が終われば、

ああ、やれやれ、で解放されるのだが、

僕はずっと話を聞いていなければならない。


今回は宇宙人総経理がやり込められていた。

11月中に終わらせる予定の課題ができておらず、

本社の取締役から喝が入ったのだ。

製造上のことなので、僕にはよく分からない。

得意先には11月中には必ずできます、

と、宇宙人総経理が回答していたのだという。


だが、しばらくすると、

しどろもどろで答えている彼のウェブの音声に

雑音が入り始め(このとき彼は佛山にいた)、

最後はすごく小さな声になって切れてしまった。

繋ぎ直してもダメ、SKYPEに切り替えてもダメで、

結局、うやむやのうちに、他の拠点へと移った。


それにしても、さすが、宇宙人総経理。

身の危険を察知すると、宇宙パワーで雑音を入れ、

最後は回線を切ってしまうなんて…。

それも、わざと切ったんじゃないよ、切れたんだよ、

というような、リアルな雑音まで入れるなんて…。

お、お、恐るべし、宇宙人パワー!


それにしても、こういう会議などに参加していると、

いかに自分が現実の物語の中にどっぷりと浸かり、

無意識に役を演じているかが実感できる。

まるで、みんなでゲームをしているみたい。


この、ストーリーにハマってすったもんだやっている

わたしも、あなたも、存在しない。

ストーリーの中のやり取りと神の子とは

何の関係もない。故に、関わる必要もない。

ただ、幻想のストーリーを見て、

感じ出てくるものを認識し、全体を丸渡しすることで、

その幻想のストーリーの元ネタを消去する。

連日、フランスで起きたテロの報道が続いている。

この幻想の世界には、真の意味としての真実はない。

みな、自分が信じているものが真実となる。

何を信じていいかわからない、なんて思う必要はない。

初めから全部うそなんだから…。


わたしは、悟って、こんなものを見ました、

という人がいるとするならば、

その人は、自分が見たものが真実だと信じている。

なぜなら、この目で見たんだもん。感じたんだもん。

でも、見たと信じている、その自分自体も嘘なんだ。


まあ、そんなことを言ってしまえば、

この文章を書いている僕も嘘なんだけど…。(笑)


ある意味、聖霊さえも、最後には消える。

全ては、幻が立ち上っては消えてゆくだけであり、

その姿を自分のものとせずに見送ることで、

最後はハートだけとなる。


最終地点はあくまで父が待つ故郷だ。